オーラが銀色の人の意味・特徴・性格!芸能人・恋愛・適職・仕事・相性・金運など

アクセサリーや硬貨として人気が高いシルバー(銀)は、馴染みのある色でありながらゴールド(金)とはまた違った高貴なイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

銀色のオーラは純真と知性という意味を持ち、静けさを好むカリスマ性の高いオーラカラーだといわれています。

オーラは身体から発している波動のことで実際に目で見えるものではありませんが、オーラが銀色の人は人生経験が豊かで自分をしっかりと持っている人が多く、他のオーラカラーの人とは目のつけどころが違うといわれています。

今回は、年を重ねるごとに深みを増していくというオーラが銀色の人の特徴や性格、恋愛や適職などについてまとめて紹介していきたいと思います。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

オーラが銀色の人の意味・特徴・性格

不思議な存在感がある

オーラが銀色の人は、他のオーラカラーの人たちが持たない特別な雰囲気や自分独自の世界を持ち、物事に対して強いこだわりがあるといわれています。

常識や規則に囚われない自由な発想を持つという特徴がありますが、他の人たちから見るとその自由な発想は受け入れがたいとされています。

自分の意見をしっかりと持っている人が多いですが、他の人たちに自分の意見を押しつけたり他の意見は聞かないということがないため、敵視されることがないという不思議な存在感の持ち主だといわれています。

中立な立場や考え方をする

オーラが銀色の人は、生きてきた環境や時代が違えば考え方も違うのは当たり前だと思っていたり、話し合いの場面でも常に中立の立場にいることを意識しているので、人それぞれの考え方は違うと割り切ることができる性格です。

これはオーラが銀色の人が持つ長所で、他の人たちが気がつかないような部分に気がついたり、新しい方法や解決案などを生み出すことが可能なため、もし何かトラブルが起きた時でも最善策を考え出すことができるといわれています。

本当の自分を見せない

オーラが銀色の人は、自分はこうあるべきという自分に対しての理想が高く、常にキャリアアップするための目標を掲げ努力しているという特徴があります。

ただ、プライドが高く自分の理想や頑張っている姿を周囲にさらけ出すことがないので、その才能やセンスが伝わりにくい傾向にあります。

高い理想を掲げ自分に厳しい性格は、他の人たちに対しても同じように厳しくしてしまい、知らない内に周囲の人たちが離れていってしまったりなど人間関係で苦労することが多いといわれています。

世界を平和で自由にしたいと思っている

オーラが銀色の人は、紛争や制限をなくして世界を平和で自由にしたいという思いを生まれた時から持っています。

今後、経済やエネルギー減の発展に影響があるとすれば、それはオーラが銀色の人達の成果だといわれています。

落ち着いた雰囲気を持つ

オーラが銀色の人は、ファッションやアクセサリーなどシックでシンプルなデザインを好む傾向にあり、上品な雰囲気を放つのが特徴の1つです。

オーラが銀色の人の落ち着いた性格は周囲の人たちに安心感を与えるといわれています。

オーラが銀色の芸能人

オーラが銀色の芸能人・有名人(敬称略)は、橋本夕紀夫(デザイナー)、中島みゆき(シンガーソングライター)、釈由美子(女優・登山家・実業家)、デヴィ夫人(タレント・NPO法人総裁)、オダギリジョー(俳優・映画監督)、佐藤弘道(タレント・体操インストラクター)、哀川翔(タレント・ラリードライバー)、及川光博(シンガーソングライター・俳優)、田原総一朗(ジャーナリスト・評論家・キャスター)、劇団ひとり(お笑い芸人・俳優・映画監督・作家)などです。

オーラが銀色の芸能人・有名人は、自分の信念と主張を曲げない芯の強さを持っているという良い部分がある反面、自分の考えや思いをストレートにいってしまい、周囲の人たちから反感を買うことが多いという面もあります。

また、オーラが銀色の芸能人・有名人は、自分の世界観を貫き通すため変わり者だと思われてしまう傾向にありますが、芸術性に長けていたり、行動力や計画性が他のオーラカラーよりもずば抜けていたり、愛情深いなどプラスの面を沢山持っているのが特徴です。

オーラが銀色の人の恋愛の傾向

理想が高い

オーラが銀色の人は、異性に対しても自分なりの「こうであって欲しい」という理想が高い特徴があるため、自分の理想の人物と比較してしまうことがあります。

また、恋愛の始め方や愛情表現などにも自分なりのこだわりがあるため、分かち合うことのできる人との交流を望む傾向にあります。

オーラが銀色の人は、こだわりや理想が高いので中々理想の相手と出会うことができないといわれていますが、人との縁や相性を直感で見抜くセンスを持つため、共感できる相手を見つけた場合はお互いの良い部分を高め合う関係を築ける傾向にあります。

恋愛に余り興味がない

オーラが銀色の人は、基本的に自分が興味を示したことで充実感を得られれば満足してしまうので、余り恋愛に興味がない傾向にあります。

自分から相手に思いを伝えるということはなく、相手からの押しがないと交際が成り立たないといわれていますので、恋愛のチャンスがあっても逃してしまいがちです。

自ら出会いを求めない

オーラが銀色の人は出会いがない状態であっても、誰かを紹介してもらったり、出会いの場に行ってまで交流を持とうとは思わないため、恋愛から遠ざかっていく傾向があります。

オーラが銀色の人は、発明や思想など他の人が思いつかないような能力を持っていても、良好な人間関係を築き上げることは苦手だといわれています。

器用さがない

オーラが銀色の人は、自分が興味を持ったことに対しては自分の行動や才能に自信を持っていますが、他の分野に興味を示すことがないため世の中を生き抜くための器用さや柔軟さに欠けるといわれています。

オーラが銀色の人は、世渡りや人間関係を築くことにおいて器用ではないので、恋愛でもすれ違いや勘違いによる問題が起こりやすい傾向にあります。

地味で真面目な印象

オーラが銀色の人の落ち着いていて静かな性格は、初対面の人には地味で真面目な印象を与えることが多いため、恋愛面でも異性を惹きつける魅力が少ないといわれています。

そのままの自分を好きになってくれる人であれば問題はありませんが、初対面の人達に好印象を与えるには、服装や髪型などを意識して変えてみても良いかもしれません。

話しかけにくい印象を与えてしまう

オーラが銀色の人は自分の持つ才能を表に出さないため、長い付き合いの人たちからは評価されますが、初対面や付き合いが短い人たちからは何を考えているのか分からない変わった人だという印象や話しかけにくい印象を与える傾向にあります。

また、自分が興味がないことは見向きもしない特徴から、誰とでも会話ができるというわけではないため、恋愛面でも自分から積極的にアプローチはしないといわれています。

自分の性格を受け止められる相手でないとうまくいかない

オーラが銀色の人の興味があることへのこだわりに対する思いは、絶対に譲ることのない意思が存在していて、誰も手がけないような特殊な分野で能力を発揮します。

恋愛相手は、このこだわりのある性格を受け止めて共感してくれる人であればうまく関係を築くことができます。もし、相手も何かに対してこだわりがある場合は、お互いに譲り合うことができないため、ぶつかり合う可能性があります。

恋愛は二の次

オーラが銀色の人は、自分がやりたいことを優先する考え方を持っているので夢中になってしまうと、恋愛は二の次になってしまう傾向にあります。

また、人からの評価を気にしないタイプなので人に対する興味が薄い傾向もあります。

オーラが銀色の人の適職・仕事

オーラが銀色の人は探究心が強くて努力を怠らないという長所があります。

頭の回転が速く誰もが思いつかないようなアイデアを生むオーラが銀色の人は、時代の変化と共に進化していく必要のある分野や新しいことを発見できるような分野が適職だといわれています。

電気工学・コンピューター・航空・船舶関係など新しいエネルギーの開発などの分野では、自分で生み出した力を活かせるといわれ重要な仕事を任されることが多い傾向にあります。

また、完璧主義者で妥協を許さないため政治家の秘書やコンサルタントも向いている職業だといわれています。

オーラが銀色の人の相性

オーラが銀色の人と金色の人の相性

オーラが銀色の人と金色の人は、深層心理の部分で分かり合える良い相性だといわれています。自己主張が得意ではないオーラが銀色の人の性格を良く理解し長所を引き出してくれるのがオーラが金色の人です。
無償の愛や懐の深さを持つオーラが金色の人は、オーラが銀色の人にとって心を許せる親友や結婚相手のような関係に発展します。

オーラが銀色の人と青色の人の相性

オーラが青色の人は冷静に物事を判断する性格ですので、オーラが銀色の人とは共感することも多く落ち着いたコミュニケーションを取れる相手になるといわれています。

オーラが青色の人は、オーラが銀色の人に勇気を与えてくれる存在で相性が良いです。

オーラが銀色の人と紺色の人の相性

オーラが銀色の人と紺色の人は、どちらも自分のこだわりが強すぎて相手に合わせることができないという特徴を持つため、意見がぶつかり合うとどちらも後には引けない性格なので相性が良くないといわれています。

オーラが銀色の人の運気アップ・ストレス解消方法とは?

オーラが銀色の人は、陶芸や手芸、ヨガなど1人で打ち込める趣味に集中すると運気が上昇するといわれています。

自分のオーラと同じ銀色のアクセサリーなどを身に付けたり、インテリアに取り入れると幸運を引き寄せるほか、自分の魅力もアップできる可能性があります。

ただ、錆びやひびが入っている物を身の回りに置くのはやめましょう。

オーラが銀色の人のストレス解消方法は、自分のこだわりを一旦手放して自然に触れることが良いとされています。

温泉に行ったり名産品を体内に取り入れたりして、その土地のエネルギーを受け取るのも1つの方法です。

また、高いところから空を眺めたり、森など自然豊かな場所を散歩をしたりして新鮮な空気を吸うと心の癒しになったり、発想力のアップを助けてくれます。

ただし、体調が悪い時はゆっくり休むことも忘れないようにしましょう。

プロの方に診断しておらうのがおすすめ

今回はオーラが銀色の人の特徴や性格、恋愛の傾向や適職などについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

オーラが銀色の人は、他のオーラカラーの人たちが気づかない物事を発見するなど特別な才能を持っていることが最大の魅力だということが分かりました。

また、オーラが銀色の人は、こだわりが強く変わった性格に見られがちではありますが、逆に憧れを持つ人たちにとっては親しくなれば頼りになる存在となります。

オーラは目に見えないものですので、銀色のオーラについて詳しく知りたいと思われたり、銀色のオーラを持ってみたいと思われた方は、スピリチュアル能力を持つオーラカラー鑑定士や占い師に相談して診断してもらうのがおすすめです。

この記事をきっかけにしてオーラカラーについて興味を持っていただけたり、皆様の幸せのお手伝いができれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました