白色の意味・効果【カラーセラピスト監修記事】

『色は自分の本音を映し出します』

日々様々な色に囲まれて暮らす中で、ある日突然特定の色が気になったことはありませんか?

今回は様々な色の中でも、世界中で神聖な色として扱われている白についてのスピリチュアルな意味や効果的な使い方を解説します。

白が気になる時や、目につくときのスピリチュアルなテーマも説明するので、自分自身と照らし合わせてみてださいね。

執筆者

カラーセラピスト&耳つぼセラピスト。

『個性を活かして自分らしく』をテーマに、個人や企業にセッションや講座を開催しています。個人セッションは200名以上経験。

カラーセラピーの他にもコーチングや数秘鑑定も行っています。

LOTUS COLORをフォローする

白色の意味・効果

白は世界中で光を象徴する色で、明るさの証になり黒と対をなします。色の波長が全て集まると透明な光になり、人間の目には白に見えることから神聖さや神々しさ、純粋、希望や自由、善という意味を持ちます。

白は世界中で神聖な色

人間の力では決めることのできない昼と夜の営み、全てを持つ光の色は神の領域とされ、日本を含む多くの国では白は神の象徴になりました。

日本では神主や巫女の服装は白衣、白袴とされ、神具や神棚も白で統一されています。白は不純さがなく、清廉潔白な理想の色なのです。

キリスト教でも神は光で表され、キリストは「雪ののごとく真っ白な衣」で登場し、白い天使が現れるなど神とつながる色とされています。

白い動物が西洋、東洋共に神聖な神からの使いと考えられたり、インドやエジプトでは司祭者階級や太陽神の服の色であったり、白は世界各地で神聖な色と考えられています。

白色とチャクラ

チャクラとはサンスクリット語で「車輪」という意味で、生命を司るエネルギーセンサーのことを意味します。

人間には基底部から頭頂部まで七つのチャクラがあり、車輪のようにそれぞれのチャクラが上手く回って活性化していると心身ともに健全な状態であると言われます。

反対にチャクラが部分的に活性化していなければ車輪が上手く回らず、不健全な状態になってしまいます。

各チャクラには色がついていて、基底部は赤、下腹部はオレンジ、胃の部分は黄色、胸は緑、喉は青、眉間はロイヤルブルー、頭頂部は紫が当てはまります。

白は第七チャクラよりさらに上の部分に当てはまります。宇宙的な意識やホリスティックな意識を生み出し、宇宙のエネルギーを受け取るチャクラです。

成長、性の成熟に影響を与える松果体を活性化することができます。スピリチュアルな世界と密接に関わるので、霊的能力が強い人ほど活性化されています。

バランスが崩れていると、エネルギーの滞りを起こして頭痛や片頭痛の原因となります。

白色と陰陽五行・風水

陰陽五行とは東洋医学の中心になる3000年前からの中国の考え方です。「宇宙の万物は全て陰と陽の二つのエネルギーで構成されている」という思想で、陰と陽どちらも必要なものと考えられています。

陰の性質はより物質的でゆっくりしていて冷たく、固まるエネルギーがあり、陽の性質はより非物質的で動きがあり、早くて暖かいエネルギーがあります。

この思想は自然の摂理に基づいていて、東洋医学の他にも食事療法、様々な自然療法や代替医療と密接な関りを持ちます。

五行説は「万物は木・火・土・金・水の五つの物質に分けられ、それぞれがお互いに影響しあって宇宙が成り立っている」という考え方です。それぞれの物質には色やテーマがあり、臓器や味にも対応しています。

五行を色に当てはめると、木は青、火は赤、土は黄、金は白、水は黒になります。

白が対応する金には秩序をもたらすという意味があります。純粋なエネルギーを外側から取り込み、体内の汚れたエネルギーを手放します。 個人とまわりとの距離もテーマとなります。金は季節では秋に対応します。

白色と四元素思想

四元素思想は古くからのヨーロッパの考え方で「万物は風・火・水・土の四つの元素から成り立っている」という思想です。

古代ローマやギリシア時代からの思想で、近代医学が発達する前には医学のベースにもなっていました。

今でもアロマセラピーやハーブ、西洋占星術はこの思想の理論に基づいて考えられています。

各四元素には色やテーマがあり、惑星や星座にも対応しています。四元素に対応する色は風は黄、火は赤、水は青、土は緑(茶)になります。

四元素思想では白に対応する元素はありません。

占星術・星座と白色の関係

占星術でも各星座に色が対応しています。

白に対応する星座はかに座で、月が支配星の母性的な星座です。優しい、人を包み込むミルキーホワイトが対応します。

感情豊かで世話好き、家族の絆を大切にします。人当たりが良く常にまわりの人を気遣い、平和主義で争いを好みません。

母性本能が強いので、情が深くまわりの人に慕われますが、心配性であったり気を使いがちになってしまう面もあります。

白色とアロマセラピー

アロマセラピーとカラーセラピーは関りが深く、対応させることができます。色の持つエネルギーに精油が影響されて、色と同じような作用を持つことがあるのです。植物の葉や花、精油自身が色を持っているものもあります。

白が対応する精油にはジュニパーやマートルがあります。

ジュニパーはジンの香りづけにも使われる、古くから魔除けや薬などで使われてきた植物です。浄化作用を持ち、ネガティブな気持ちやわだかまりを洗い流して純粋な気持ちを取り戻させてくれます。また意志を強くし、自信を取り戻させる効果もあります。

マートルは純粋さや初心を取り戻させてくれ、自分を見失っている時にもう一度始めての気持ちを思い出すことができます。心を落ち着かせてくれるので瞑想時にも向いています。

白に対応する精油は古くから使われてきたものが多く、浄化作用や元の自分へ戻してくれる作用があります。自分に自信を持ちたかったり、まっさらな状態の自分に戻りって新しい気持ちになりたい時に使うのがおすすめです。

白色とパワーストーン

自然の産物であるパワーストーンも色と深く関りがあります。

白色のパワーストーンは強い浄化の力を持ちます。嫌なことや辛いことが起こった時に気持ちをリセットし、新しいスタートを切る気持ちになれるでしょう。代表的なものには水晶やムーンストーンなどがあります。

水晶は非常に高い浄化力を持ち、開運効果や他の石と組み合わせることでその石のエネルギーを高めてくれる効果があります。

ムーンストーンは月のような神秘的な輝きを持ち、永遠の若さや永遠の愛を象徴し恋愛のお守りとして使われます。女性的な感受性を高める効果もあります。

特に水晶はどのパワーストーンにも合わせやすく、万能な性質を持つので、いろいろな面で力を与えてくれるでしょう。

白色のスピリチュアル意味・効果

白色が気になる時のスピリチュアル意味・メッセージ

白は純粋無垢の象徴で、浄化や清潔、正義感などの意味があります。

今まで古い自分を白紙に戻して新しいスタートを切りたかったり、自分自身が汚れない存在でいたい時に白が気になります。正義感に溢れている時にも気になることがあります。

白は全ての光の波長を含むので、完璧主義という意味もあります。真面目で努力を惜しまずに、自分の高い理想を追い求めてがんばっている時にも気になります。

マイナスの面では繊細であったり、潔癖であったりするのでまわりに警戒心を持っていたり、緊張感や拒絶感を持っている時にも気になるでしょう。

また何もない虚無感や悲哀も意味するので、悲しい出来事から抜け殻のようになって、虚無感を感じてしまっている時にも気になることがあるかもしれません。

恋愛では女性は恋をすると白を求めることがあります。自分を清楚で気品がある人物に見せたかったり、清潔感があると思われたいと感じています。

白は他の色を引き立てる色なので、男性・女性問わずに相手の良い所を引き立てることも得意です。相手の良い面を引き出して恋愛を発展させていくことができます。

理想が高いので、相手に自分の理想を押し付けないように注意しましょう。完璧を求めるあまり、少ししたことでも相手に幻滅してしまうこともあります。

真面目で才能があるので、仕事では様々な仕事を完璧にこなすことができます。医師や研究者の白衣に見られるように、周りから信頼される仕事も向いています。困難な仕事も努力を惜しまずにやり遂げる強さがあります。

健康にも敏感です。心身ともに健康に気を配った生活を送るでしょう。

白色をよく見かける時のスピリチュアル意味・メッセージ

白のものをよく見かける時は、潜在意識でその色を強く意識している時です。

白の建物や車、洋服などが気になる時は何かを新しく始めたい、やり直したいというメッセージが込められています。仕事を辞めたかったり、古い人間関係を断ち切りクリアにしたい時かもしれません。

または新しい気持ちで、限りない可能性を感じてわくわくしている時にも白は気になります。純真無垢な自分自身でいたい時に白を見かけることになるでしょう。

逆にマイナスの面では完璧主義に陥っている可能性があります。真面目になりすぎて、柔軟な考えができなくなっています。完璧を求めるあまりに疲弊してしまうこともあるので注意しましょう。

汚れたくない気持ちから繊細になっていたり、周りに拒否感を持ってしまっている時にも白をよく見かけます。警戒心や緊張感を和らげるようにしましょう。

白をよく見かける時にはプラス面とマイナス面の両方から自分自身に照らし合わせてみましょう。

白色の深層心理!白色が好きな人の心理

白が好きな人は恋愛や仕事、プライベート全てにおいて完璧で高い理想を描いています。そしてその理想に向かい努力ができる人です。

努力家でまじめなので、優秀な人物としてまわりにも一目置かれるでしょう。しかし自分にも人にも理想を求めるあまり厳しくなってしまい、まわりがついてこないことがあります。

白は元の状態である「素」を表すので、自分を偽らずにありのままでいたい気持ちも強いでしょう。

白は0か100かの極端な色なので、はっきりした決断を好みます。決断も早く、分かりやすい性格です。

白色を身につける効果

色は波長なので、見ているだけでなく身に着けることでもエネルギーを取り入れることができます。

白は浄化や神聖の色です。身を清めたい時や、神聖な気持ちになりたい時に身に着けるとパワーを与えてくれます。心機一転、新しいスタートを切りたい時にもおすすめです。

また白は全ての色のエネルギーを内包しているので、自己治癒力を高めてくれます。風邪をひいたり、免疫力が落ちている時には下着などを白にすると光の波長を取り入れることができ、治癒力を高めることができます。

いろいろな白の意味

白の胡蝶蘭

白の胡蝶蘭には「清純」という意味があり、透き通るような白さが清らかなイメージにつながります。また胡蝶蘭には幸福が飛んでくるという花言葉があるので、結婚式の白無垢とも結びついてお祝い事の贈り物として贈られることが多いです。

花嫁の白無垢

花嫁の白無垢には、嫁ぎ先の色に染まるという純潔さと忠誠を表すとともに、二度と実家には戻らないという強い決意の死を表します。実家を離れてお嫁に行くという強い意志の象徴になります。

白の白粉

古くから東西には肌を白く塗る白粉の歴史があります。フランスではルイ14世は白粉だけではなく、真っ白の鬘まで着用していました。白で塗り固めることで、素の状態からより理想の状態になるという発想が元となってます。

病院、医師や看護師の白

病院の白は清潔感の表れです。医師や看護師の制服が白いのは、清潔感とともに患者さんにプロとしての信頼感を与えるためです。威厳を持つこともできます。しかし白は冷たい印象も与えてしまうので、医師に冷酷さを感じてしまう人もいるでしょう。最近はピンクなどのパステルカラーを取り入れる病院も増えてきています。

女性が白色を身に着けるとよい時

白は相手に清楚さやピュアさを与え、若々しさもアピールできます。同性と差をつけたい時や、異性にアピールしたい時におすすめの色です。

上下ともに真っ白だと冷たいイメージにもなってしまうので、白とオフホワイトや、違う素材を使うなど、同じ白でも異なった風合いのものを使うことがおすすめです。

男性が白色を身に着けるとよい時

白は完璧で、脳力が優れていることを表してくれます。仕事で自分の能力をアピールしたい時や、相手に信頼されたい時に、白を身に着けることで自分の存在をアピールすることができます。困難な仕事もしっかりやり遂げてくれると感じさせてくれるでしょう。

その他の白色の使い方

カラーメディテーション

カラーメディテーションとは色を使った瞑想法のことです。

くつろげる場所を見つけて、背骨をまっすぐにして座るか横になります。

大地とつながっているのを感じて呼吸に意識を集中させて、頭頂部から真っ白な光が差し込んで体中を満たすイメージをします。

少なくとも数分はこの瞑想を続けます。

今までの自分から抜け出して新しいスタートをしたい時、浄化された時にはカラーメディテーションで白のエネルギーを取り入れましょう。

純粋な気持ちを取り戻したかったり、ありのままの自分に戻りたい時にもおすすめです。

まとめ

色は飾ったり身に着けるだけではなく、呼吸などでも取り入れることができます。

新しいスタートを切りたい時や、純真無垢な気持ちになりたい時、素の自分を大切にしたい時には白のエネルギーをぜひ活用してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました