重度の電話占い依存症を克服した方法【もうやめたい人へ】

私はほんの少し前まで、電話占い依存症で悩んでいました。

依存症は孤独の病気とも言われているそうです。

「学校や職場、家庭などでなじめない」「誰にも相談できない悩みがある」そんな時に電話占いに手を出したのがきっかけで、的中率の高い占い師の方や、優しく親身に話を聞いてくれる先生に依存してしまう。

電話占いをやるきっかけそのものが、依存症になりやすい状態ということです。

電話占い依存症で悩んでいる方の少しでも手助けになればと思い、私が克服した方法をお話します。

電話占い依存症とは

電話占いをやめたいと思っているのに、やめられない状態が電話占い依存症です。アルコール・薬物・ギャンブルなどの依存症が代表的な例ですが、実は電話占いも依存症になりやすいのです。

依存症は主に2種類に分けられていて、物質への依存と、プロセスへの依存です。

物質への依存はアルコールや薬物・煙草などが代表的な例です。

プロセスへの依存というのは、物質ではなくて、特定の行為や過程に必要以上に熱中しのめり込んでしまう症状のこと。

電話占いは「プロセスへの依存」です。

電話占い依存症が問題なのは「誰かが困る」ことにほかなりません。本人も周りの人も誰一人困らず、幸せな状態になっているのであれば、電話占い依存症であっても全く問題ないと私は思います。

しかし、例えば借金を背負っていたり、自分や家族の生活に不都合が生じていたり、電話占い依存症のせいで誰かが困っている状態にあるのならば、すぐにでも電話占い依存症を克服しなければなりません。

依存症の代表的な例

  • アルコール依存症
  • 薬物依存症
  • ギャンブル依存症
  • ネット依存症
  • 買い物依存症
  • 恋愛依存症
  • 窃盗癖
  • ストーカー
  • DV

まずは依存症の理解を深めることが克服への第一歩

○○依存症というと、日本人は本人の意志が弱いから依存症になるという偏見を持ってしまいがちですが、本人の意志ではやめることができないことが依存症であって、立派な病気という理解をしておきましょう。

そして依存症は早いうち・軽いうちに治療をしたほうがそれだけ早く回復するということも覚えておきましょう。

私が電話占いを辞めた方法はスモールステップ法

スモールステップ法は、最初から高い目標を掲げるのではなく、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら最終目標に近づいていく方法です。

電話占い依存症は、物質的な依存ではないので、このような小さな目標を達成する体験を積み重ねていくと、辞めやすいそうです。

もちろん、人によってはキッパリ!やめるというのも一つの方法ではあると思いますので、自分にあった方法を選んでみてください。

スモールステップ方法は、例えば電話占いの回数を1日1回にしてみる、次は2日に1回にしてみる、3日に1回にしてみる・・・と、どんどん回数を減らしていくのです。

そして、本当に自分にとって必要な悩みの相談だけをできるようにしたりすると、電話占い依存症は克服できるでしょう。

ポイントは、「今日は電話占いしなかった!」という事に喜び・達成感を感じるのがポイントです。

例えば1日1万円近く使ってしまうという場合は、今日は1万円使わなかった!という風に置き換えると更に実感が湧くでしょう。

 

みんなのクチコミ・評判 あなたの体験談が、誰かの未来に繋がります。