運気が下がる前兆とは?原因・サイン・行動

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

運気が下がる原因を掴んで、運気を上げる

運気が下がる原因が分かれば、不必要に思い悩まないで済みますし、運気を上げるためための対策を取ることができます。

あなたの運気が時期的に、” 下がる必要がある ” のであれば受け入れるしかありません。

ですが、あなたが運気の変化に無自覚で、都合の悪いことや不運な出来事にばかりフォーカスすることで、余計に運気を下げてしまう恐れがあります。

今回は運気が下がる前兆や、運気を下げてしまう行動、そして運気が下がった時の対処方法について詳しく解説していきます。

今回の記事を読むことで、あなたは運気に振り回されることなく、運気を高めていくことができますから、是非最後までお付き合いくださいね!

運気が下がる前兆とは?

運気が下がる前兆は、ただ単に ” 運が悪い ” ということを意味するわけではありません。

運気は、季節の春夏秋冬のように巡り巡っています。

新月・上弦の月・満月・下弦の月や、陰陽説のようなイメージです。

  1. 運が良い時
  2. 良い運気に陰りが出てくる時
  3. 運が悪い時
  4. 悪い運気が上向いていく時

運気が悪い時には、悪い時なりのメリットや気づきが、運気が良い時にもデメリットや、注意しなくてはいけないことがあります。

運気が下がった時、あなたは内面に意識を向けることが大事です。

それでは運気が下がる前兆を、5つのカテゴリーに分けてご紹介します。

体調不調が起きる

急な体調不良が起こる時は、運気が下がり始めているサインです。

不摂生を続けた末の病気は別として、運気の陰りは体調に出ることがあります。

また身体と心は密接に繋がっているため、身体の不調は徐々に精神面にも大きく影響を与えます。

ですから運気が下がり始めた時は、無理な身体の使い方を控えることをおススメします。

精神面で不調が起きる

心が急に不安定になり始める時、それは運気が変化している証拠です。

運気が低迷している時を冬に例えるなら、部屋に閉じこもることで、プライベートな時間が増えたり、内省的になるのと似ています。

精神面の不調は、あなたがそれまで ” 溜め続けていたもの ” が浮上することでも起こりますし、運気の変化としても表れます。

  • 普段我慢していて、慣れてしまったことが爆発する
  • 人に対してのコンプレックスが強まる
  • 自分に対する自信・プライド・愛情が損なわれる
  • ショックな出来事で心を痛める
  • 誰かに傷つけられたことで気に病む
  • 人生・生きていることが虚しくなる etc

私たちが自覚がないだけで、私たちは多くのストレスや刺激を受けて生活しています。

人生の流れは、運気の流れとマッチしているため、あなたの精神に不調が起こる時、それは運気が下がるサインということになります。

物が壊れる、物を失くす、物を奪われる

物が物理的に壊れたり、消えたり、取られたりすることは、あなたの運気が損なわれていることを表します。

なぜならあなたは、普段使っている物や、大切にしている物とエネルギー的に繋がっているから。

物が変化することは、その物が持つ寿命や役目の表れでもあり、その中にあなたの運気が低迷のサインも含まれています。

運気が下がる時、不要なものが失われることもありますが、一方で必要なものを手放さなければならない時もあります。

そういった場合は、物質的にも精神的にも、そしてエネルギー的にも断捨離をしてしまいましょう。

悪い影響を受ける人間関係

あなたが周りの人から悪い影響を受けるようになったら、運気が下がり始めていることを表します。

運気を別の言い方をすれば、エネルギーです。

エネルギーは色んな情報から成り立っています。

  • 思考のエネルギー / 情報
  • 感情のエネルギー / 情報
  • 無意識・潜在意識の情報
  • 集合意識のエネルギー / 情報
  • 集合無意識のエネルギー / 情報 etc

私たちがなぜ、運気の変化に敏感かというと、周りの人から常に影響され、自分だけでは運気を決めたり、維持し続けることができないからです。

もしあなたの周りで、不平不満や愚痴ばかりを言う人が出てきたら要注意。

またあなたに対して、攻撃的・高圧的な態度を取る人が現れ、あなたを緊張させることもあるかもしれません。

人間関係は、情報やエネルギーの交換と蓄積や、思考と感情を生みますので、運気を低下させる物差しになるのです。

現象・出来事

私たちの知らないところで、沢山の事件や事故が起こっています。

交通事故や人の争いなどが、あなたの運気が下がる兆候です。

衝突や衝撃には、損失や損害が伴いますので、そういった現象や出来事は、運気が損なわれることを暗示します。

またあなたが負の現象や出来事に巻き込まれたり、知らないうちに当事者になってしまうような時、公私ともに注意が必要です。

「外側で起こることは、内面が投影された結果」と言われるように、あなたの運気の低下は、衝撃的な場面によって表されることがあるのです。

何をやっても上手くいかない

何をやっても上手くいかない八方塞がり・四面楚歌の状態は、あなたの運気が下がっていることを表します。

運気が下がることで、それまでの生き方や在り方の見直しが求められるとともに、休息を取る機会にもなります。

何をやっても上手くいかないとは、ステージアップが求められているのです。

我慢や辛抱、ドン底の時は、本当にシンドイものですが、その時の暗く・辛い経験が、運が「好転」していくための燃料になります。

何をやっても上手くいかない時は、「我」が通らない経験や、無力さや無常さを痛感する機会でもあります。

こういった時は、自分の内面を観察したり、現実を静観し、気が上向くタイミングを待つことが最善策と言えるでしょう。

やりがちな運気を下げる行動・原因

運気が下がる前兆やサインをご紹介したところで、次に運気を下げる行動や原因についてお話します。

運気が下がる時期に入っている

運気が下がる時期とは、人生のバイオリズムとも言えます。

私たちの身体に体内時計があるように、視野を広げてみれば、人生は100年ほどの時計に例えることができます。

運気は常に変動し、人によって運の波は変わります。

” 人生色々 ” と言うように、運気が変わるタイミングも色々です。

運気が下がる時期とは

運気が下がる時期とは、単に都合が悪い・運が悪いということではありません。

日没をイメージしてみてください。

運気が低迷していても、直に夜明けを迎え、また太陽が空の頂点で輝く時が来ます。

運気が下がる時期を一言で表すなら「学びの時」です。

  • 成長に必要な我慢
  • 痛みを知る経験
  • 自分の無力さを痛感する経験
  • 人の有り難さを実感する経験
  • 自分の再生力・生命力に出会う経験
  • 時間をかけることの経験

我慢や辛抱はあなたを強く、賢明にします。

運気が下がっている時期ほど、あなたはご自分を成長させるのです。

運気が下がる家になっている

運気が下がる家に住んでいると、必然的にあなたの運気も下がります。

家の運気が下がる原因は様々ですが、土地と家が持つ「情報」や「エネルギー」が強く関係し、あなたは影響を受け続けます。

運気が下がる家に住み続けることで、運気を不必要に下げてしまう恐れがあるため、対策・対処が必要な場合もあるでしょう。

運気が下がる家の特徴を簡単にご紹介します。

  • 凶の方位に家が位置している
  • 家相が悪い
  • 水回りが汚い
  • 家に物が溢れている
  • 観葉植物や食べ物が腐ったまま放置されている
  • お祓いをせずに家を建てた
  • 魔術的・霊的に作用する物が散乱している etc

環境を変えることで、運気は変わるため、引っ越しをすると運気が好転するのは確かです。

近くに引っ越したり、遠くに引っ越したりすることで、余計に運気が下がることはありません。

肝心なことは、凶の方位に引っ越さないことと、家や部屋を常に清潔・清浄な状態に保つことです。

運気が下がる相手と一緒にいる

悪い人間関係の影響が、あなたの運気を下げることはお話しましたね。

もっと言えば、あなたの運気を下げる人と一緒に居ることが危険ということです。

あなたの運気を下げる人の特徴は、非常にシンプル。

  • 常に不平不満を口にする
  • 悪口・陰口を好む
  • 常に人の揚げ足を取る
  • 人の不幸や失敗を喜ぶ、探す
  • 言葉遣いが悪い、人を不快にすることばかりを言う
  • 身なりに不潔感・不快感が出ている
  • 表情が不気味
  • 人の時間を無駄にする
  • 物を雑に扱う
  • 人を道具かのように扱う
  • 感謝をしない etc

上記に挙げた特徴は、言葉で読むだけで運気が下がりそうですよね。

負のオーラやエネルギーをまとっている人に自覚はありません。

あなたがその人の上司や先生であれば、注意したり、諭したりすることもあるかもしれませんが、必要以上に関わらない方が賢明です。

あなたは誰かの犠牲になり、誰も幸せにしない運気の使い方をする必要はないのですから。

運気が下がるものを身に着けている

運気が下がるものを身に付けることでも、あなたの運気が下がる原因になり得ます。

運気を下げるものは、大きく分けて3種類です。

  1. 役目を終えたもの・寿命を迎えたものを身に付ける
  2. 嫌な人や、過去に関係のあった人からの贈り物を身に付ける
  3. 魔術的・宗教的・スピリチュアル的なものを身に付ける

物には愛着が沸きますが、寿命があるため、手放さなければいけない時が来ます。

また世間体や相手を気にして、贈り物を身に付けたりしてしまうことがあるかもしれません。

あなたの意に沿わない物は、あなたのエネルギーを乱します。

パワーストーンやお守りだけでなく、衣服や小物、靴、カバン、財布なども、運気を下げる原因になることがあります。

不用意に物珍しい物や、怪しい物を身に付けないことをおススメします。

髪を切るタイミング

髪を切ること自体は、運気を下げる原因にはなりません。

むしろ運気を上げることができることもあります。

「新月の日に髪を切ると良い」と言いますが、新月の日に髪を切らければいけない!ということでもありません。

髪には色んな情報や刺激、エネルギーが溜まりやすいため、清潔は運気に影響を与えるからです。

運気を下げないポイントは、髪を切ることよりも、まずは髪を清潔にしたり、整えること。

「切らなければならない!」と強迫観念的に思う時ではなく、あなたが髪を切りたいと素直に思った時に、心地良い環境で切ることをおススメします。

運気が下がっている時の悪い時間の過ごし方

運気が下がっている時の悪い過ごし方は、主に3つです。

運気が下がっている時期は、休息や内省、計画などに意識を向けるべきですが、以下のような過ごし方をすると、運気を必要以上に下げてしまいます。

自暴自棄になること

私たちは運が悪い時、思うようにいかない時、自暴自棄になり、普段ならしない行動をして痛い目を見ることがあります。

運気を好転させるためではない、衝動的な言動は、あなた自身はもちろんのこと、周りの人も傷つけることがあるかもしれません。

ですから自暴自棄になったり、希望を捨てたりせず、運気が上向くタイミングに気づくためにも、現状を受け止めることが大事です。

被害者意識になること

少し不思議な言い方になりますが、本来運が下がるのは「あなた自身のため」です。

もっと言えば、現実に起こることは、あなたのために起こっていて、また世界中の人のためでもあります。

ですから運が下がっている時にをしたり、痛い目を見たとしても、誰かのせいにしないことが大切です。

かと言って、あなた自身を責めることもしないでください。

被害者意識や被害妄想は、誰も幸せにせず、自分と周りの人のエネルギーを無にしてしまいます。

あなたがご自身の人生の主人公であるとともに、運気の変化はあなた自身のためであるということを覚えておいてください。

思い込みを強めること

どのような出来事があっても、常に最善の判断や行動ができるとは限りません。

運気が下がっている時ほど、あなたは過去の出来事を思い出して、あなたを枠の中に閉じ込めてしまいます。

ですから「これまでの経験が全て」と思わず、また「何に気づくことができるか」ということに意識を向けてください。

私たちの信念や常識の正体は、深層心理にある ” 思い込み ” です。

言い換えるなら、あなたが「そうであるべきと思ってしまった記憶や感情」。

そして運気が下がっている時ほど、その思い込みの力が強くなるように感じられます。

実際のところ、あなたは違う可能性を知ることで、思い込みの力は弱まります。

ですから不安や恐怖と感情に飲み込まれず、思い込みを強め、” 悲劇のヒロイン ” を演じないことが大事です。

運気を取り戻すためにできること

運気が下がることが分かった時、あなたはそれまでの過ごし方を ” 緩める ” だけです。

具体的な運気を取り戻すための方法をご紹介しますね。

日記をつける

文章が書くのが苦手でも、起床時間や就寝時間をメモするだけでもいいですから、1日を振り返ることが大事です。

お気に入りの手帳やノートを用意してもいいですね!

ポイントは、その日にあった出来事を書いたり、その出来事や人に対して感じたことを素直に書くこと。

日記をつけたり、スケジュールを書くことで、頭と心の中の整理をすることができ、心身の安定に繋がります。

深く考えない

運気を変えるためには大きく動かないといけない!と思う必要はありません。

何も持たず散歩をしてみたり、公園でボーっとしてみたり、空を見るだけでもいいです。

ポイントは「思考を働かせない」こと。

運が下がっている時ほど、アレやコレやと考えて、私たちは自分を過小評価したり、他人と比較したりして、余計に気が滅入ってしまいます。

何も考えない時間が、あなたを運気の迷宮入りから助けてくれますよ!

気晴らし・気分転換をする

カラオケや軽い運動は、ストレス発散になります。

時には1人で黙々と動いて見たり、歌ってみたりして、誰にも気兼ねしない時間を過ごしてください。

また趣味があれば没頭するのも最高です!

逆に、今までやっていたことに興味が薄れた場合は、普段はしないことをしてみるのもアリです。

自然を感じることで、あなたの心身は緩むでしょう。

学ぶ

あなたは勉強が好きでしょうか?

ここで言う ” 学ぶ ” は、学校の勉強ではなく、あなたの興味関心や、趣味嗜好、真理探究を追求することです。

歴史や心理学、哲学、宗教や占いなど、多くの学問はあなたに何らかの気づきを与えてくれます。

運気が下がっている時ほど、何かを「蓄える時期」でもありますので、思い悩むのではなく、” 知的好奇心 ” を働かせましょう!

自分を大切にする

自分を大切にする・愛する、だなんてどんなことをしたらいいの?と思われるかもしれません。

ですが「学ぶ」ことと同じで、普段意識を向けないことをすることで、あなたはご自分を喜ばせることができます。

目に見えない力が働いている時ほど、今の状況を ” 整える ” ことを実践してください。

  • ゆっくりと食事をする、食べたい物や身体に良いものを食べる
  • ゆったりと入浴し、心身の緊張を取る
  • 五感に与える刺激や情報を、心地良いものにする
  • ボディマッサージやスキンケアをしながら、自分を褒める
  • 無理にスケジュールを詰め込まず、1人の時間を取る etc

神社参り、神棚参り

特定の神様にご縁があれば、あなたが好きな神社にお参りをしてください。

そうでない場合は、まずはあなたの家から最も近い ” 氏神神社 ” に参拝をすることをおススメします。

あなたが住む地域を守る神様が、氏神様で、日頃の感謝をお伝えしましょう!

また家に神棚や仏壇があれば、神様やご先祖様への感謝を頻繁に伝え、目に見えない繋がりを大切にしてください。

神様やご先祖様は、縁やチャンスを繋いでくれますし、あなたの運気の流れをサポートしてくれますよ!

掃除・断捨離・整理整頓

最後の最後にですが、あなたの周辺環境を整えることが本当に大事です!

日頃手が回らないところを掃除したり、要らない物を捨てたり、出しっぱなしになっているものを整理整頓するだけで、運気が整います。

物や家、部屋の状態が「心の表れ」と言われますし、運が下がる原因は「陰のあるところ」や「汚いところ」だからです。

面倒くさい、動かないといけない掃除や断捨離、整理整頓をやることで、あなたの部屋も意識も綺麗になり、運気も整っていきます!

運がよくなる前兆を見逃さない

運が下がる前兆についてお話してきましたが、「運が良くなる前兆」についての記事も併せて読んでください。

運の流れをより深く読み解くことができます。

➨リンク

まとめ

今回は、運気が下がる前兆や原因、運気を下げる行動、そして運気を取り戻す方法についてご紹介しました。

まずは普段の生活を丁寧にすることが大事ですが、それでもダメな時は、穏やかに過ごすことを徹底してください。

またあなたはご自分を守るためにも、運気に悪い影響を受けないためにも、日頃から運気が下がる相手とは距離を置くことも忘れないでください。

➨ 運気が下がる相手と一緒にいる:記事リンク

私たちは1人で生きてはいけませんが、かといって誰彼かまわず影響されていては身が持ちません!

ですからあなたの運気を上げてくれたり、あなたを心地良くしてくれる人と出来る限り過ごすように心掛けてください。

” 人の振り見て我が振り直せ ” と言いますから、運気が下がる人の特徴を知っておくのもいいですよ!

それでは今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

→ 運気が下がる相手の特徴○選:記事リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました