【悪い手相の線を消す方法】手相が悪い時の対処法【完全版】

手相を見てもらったこと、あるでしょうか?最初はわけもわからず、言われたままに喜んだり、落ち込んだり、納得したりですよね。良いことを言われたらもちろん嬉しいけれど、そんな時ばかりではありません。

以前手相を何回か見てもらったことがありますが、最後に「でも手相って変わりますからね。ずっとこの手相ではないから大丈夫ですよ』と言われたものです。

そうなんです。手相って変わるんですよね。

でもそれをただ待っているのではなく、思い切って自分で主体的に変えていきましょう。

今回は手相を変えていく方法を伝授します。いくつか方法はあるので、一つずつ丁寧に説明しますね。

簡単なので今日からやってみてくださいね。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

手相を変えるにはまず気持ちから!

なんでもそうですが、占ってもらって嫌なことを言われると受け入れるのに時間がかかりますよね。

今悩んでモヤモヤしていることをずばり指摘されたり、考えてもみなかった不安なことを言われたり。

落ち込みを超えて、なんでそんなこと言われなきゃいけないの?と怒りすら覚える人もいるかもしれませんね。

でも考えてみたら、人生山あり谷ありです。良いことばかりも続かないし、悪いことばかりも続かないです。

ということは悪いことが起きる前に、こんなことに気をつけたら良いよ!とアドバイスをもらったと思えば良いですよね。

それによって落ち込んだり、怒ったりしないで、『じゃーこう考えていこうか』とか、『ここに気を付けてみようか』とか前向きに考えをシフトできれば良いのですから。

考えを後ろ向きやそのまま止めてしまわないで、前向きに考えることで、すでにあなたは一歩前進です!

まずは言われたことを受け止めて、一歩だけ前に進んだことで、手相が変わろうとし始める!と考えましょう。

悪い手相に効くマッサージ

手のひらを触ると運勢だけでなく、健康状態や性格までわかると聞いたことがあります。

手のひらが柔らかいか硬いかによっても、血の巡りが良くなかったり、体が緊張状態にあるなどわかるものですよね。

血の巡りは良い方がいいし、手は毎日動かすところですから、全体が硬くて凝ってしまっているより、ほぐしてあげた方が良いに決まってますよね。

まずは手をマッサージしてみましょう!

自分の手のひらを触ってみて、冷たくて硬いか、温かくて柔らかいかを探ってみると良いですよ。

手相が良くなかった人は手が硬い傾向にあるようです。まずはほぐしてあげましょう。

具体的なマッサージのやり方は次でご説明しますね。

マッサージの方法

手のひらをこするだけで温かくなりますよね。これを仕事の休憩時、電車やバスに乗っている時、入浴中、探せば結構時間はあるものです。

そんな時に20~30回手のひら、手の甲などまんべんなく優しくさすってみてください。

手を温めてあげることが大切です。

他にも両手の指先を一本ずつ、もう片方の手で数回ずつ、つまんでみてください。ちょっと痛いと感じる人もいるかもしれませんね。つまり硬いのです。硬いな〜と感じ、ほぐすことで全体に血の巡りが良くなり、少しずつポカポカしてきます。

これを先程のように1日のどこかの時間で10分でも良いので継続してみて欲しいのです。

また良い方法としては、もう一人お手伝いしてもらい、手をパーの状態にして、お手伝いしてくれる人があなたの親指と人差し指の間と薬指と小指の間を両手で挟み、親指で手のひらを押してもらいます。とても良いマッサージとなります。

説明すると難しく聞こえるかもしれませんが、一度や二度は体育の時間やヨガの時間などにペアを組んでやったことがあるのではないでしょうか。

手相は変わるもの!ならば自分で書いてみよう!

手相を見てもらうと、金運を示す線、健康運を示す線など分かれていますよね。あと細かい線なども年数や数を示すのに使われていますよね。

私もまず最初は何歳頃に結婚の機会が訪れます・・なんて言われました。良い運についてはそのままで良いのですが、悪く言われてしまった手相は自分で書き込むことや爪でなぞっていくことで、新たな線を加えていくと良いです。

例えば、ここに線があるともっと恋愛運が上がるということを調べた上で、そこに線を入れてみましょう。自分の爪で線を入れてみるのも良いし、水性のペンでなぞるのも良いみたい。

ちょっと子供の遊びみたいですが、オレンジ色や金色で書き足してみてください。消えたらまた書くを繰り返しているうちに跡がだんだんついていきますよ。

手相は生まれもっての線ももちろんあるのですが、生きていく過程で、年齢が上がっていくことや仕事や家事など手の使い方の違いで、新たな線も増えていきます。だから環境が変われば当然手相も変わるわけですよね。

新たに好きなことを始めてみて例えば、楽器を使い始めたとか農作業をし始めたとか、水を使うことが増えたなどでも毎日使う手ですから、変化が出てくるのは不思議なことではないですよね。

ですから、爪やペンでも自分は運を自分で変えるんだいう思いで、跡をつけてみることもやってみる価値ありです。

そうすることで、自分の意識も変わっていきますよね。そこが一番大事なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました