【復縁98%】元嫁(元妻)と復縁確率を上げる方法

「別れた妻と復縁したい」

このように思うことはありませんか?

復縁できるかどうかは、別れた理由や状況によって変わります。

復縁するなら少しでも確率を上げたいと誰もが思いますよね。

そこでこの記事では、元嫁と再婚するために、復縁確率を上げる方法を紹介します。

離婚した原因を理解し、復縁に成功したい人はぜひ最後までご覧ください。

元嫁と復縁するのは難しい?

復縁するのにもっとも大切なことは、あなた自身が生まれ変わることです。

なぜなら、あなたが変わらなければ復縁しても同じ課題が出て、最終的に同じ結果になるからです。

離婚して独り身となり自由になれても、時間とともに孤独を感じ始めます。

寂しさを埋めるために復縁したとしても、根本的なところが変わらなければ同じことの繰り返し。

あなた自身が生まれ変わり、変わったことを元嫁に理解してもらえれば、復縁はけっして難しいことではありません。

元嫁と復縁した人の体験談

離婚後に復縁できた人の共通点は、こちらです。

  1. 感情的な離婚ではなかった
  2. 子供の存在
  3. 離婚後も連絡を取っていた
  4. お互いの家族と仲が良い

体験談を元に、詳しく説明します。

感情的な離婚ではなかった

離婚をする際に感情的な勢い任せではなく、お互いに冷静に話し合いができたという人は、復縁を成功させた人に多い共通点です。

相手に対してイライラして、感情的に離婚をしてしまうと、怒りだけが残り復縁をしたいと思わなくなります。

しかし離婚時にお互い冷静に話し合いをして、円満に離婚できた夫婦は、気持ちがきちんと整理されています。

時間が経って復縁したいと思ったときも、ポジティブに話し合いをすることができるのです。

子供の存在

離婚しても子供にとっては、変わらず「パパとママ」です。

子供に関する連絡を取り合ったり、週に1回や月に1回と定期的に会う機会があれば、絆が消えません。

子供が「またみんなで暮らしたい」と想いが強い場合、子供がきっかけで復縁に進むこともあります。

子供が2人の関係を修復してくれたり、結びつけることもよくある話です。

離婚後も連絡を取っていた

離婚後に全く連絡を取らず、相手が今現在なにをしているかもわからない状態だと、復縁は難しいかもしれません。

離婚後に復縁した夫婦は、定期的に連絡を取り合っていた人が多いようです。

離婚は結婚よりも労力を使うと言われていますが、離婚直後に冷静になれなかったことが、時間を置いて連絡を取り合うことで、冷静にお互いを見つめ直すことができるのです。

お互いの家族と仲が良い

お互いの家族との関係が復縁に大きく関係することもあります。

お互いの家族に反対されながら、結婚に至った場合は難しいでしょう。

しかし、離婚した後もお互いの親に良い印象が消えない場合「ほんとに離婚して良かったの?」という親の一言で再婚に踏み切ることも多いようです。

結婚するのにあたり、親への印象も大事だということです。

<h3>冷却期間があった

冷却期間はお互いに冷静になるために必要な期間です。

離れた期間でお互い冷静になることで、本当は必要な相手だと認識できることがあります。

なぜなら、ネガティブな感情や嫌な部分が冷却期間によって薄れ、付き合い出した頃の思い出が美化されるからです。

別れた元嫁と復縁したいと思ったら、冷却期間を作ることも必要になります。

元嫁と復縁できる確率は

厚生労働省が平成27年に作成した統計によると、夫婦とも再婚だったケースは全婚姻件数の9.7%だということがわかりました。

このうち同じ相手と復縁再婚しているケースは公的データとしてはなく、夫婦ともに再婚だったケースよりも少ないことが予想されます。

全体の1割以下というのは、驚きの数字ではないでしょうか。

意外と低い復縁率ですが、あくまでデータです。

状況によっても様々ありますし

  • ひとりで悩んだ
  • 知人に相談した
  • プロに相談した

どのようにアプローチしたかも重要になります。

全体の1割以下だからといって諦めては何も始まりません。

状況別元嫁と復縁できる確率

離婚に至るまでには、様々な要因があるのが事実です。

性格や環境によるものや、浮気や金銭的な部分など、夫婦の数だけ理由があります。

復縁を拒否されている場合

復縁を拒絶されている場合、復縁を急ぐと確率は下がります。

時間をかけて理解してもらう必要があるからです。

お互いに冷静になれるまで待ち、あなたの想いを伝えられれば確率は上がるでしょう。

<h3>元嫁が浮気して離婚した場合

相手が浮気したい場合は、あなた自身の心の広さが関係してきます。

相手が心の底から反省し2度と浮気をしないと誓っても、あなたが信じてあげなければ始まりません。

あなたの理解する気持ちによっては、復縁の確率はぐっと上がるでしょう。

自分が浮気して離婚した場合

自分の浮気が原因で離婚した場合の復縁確率は非常に低いです。

女性は1度冷めると気持ちが燃えることが少ないため、あなたの浮気が原因で気持ちが完全に冷めてしまいます。

あなたが反省して心を入れ替えたことを、相手がどれだけ理解してくれるかが非常に重要です。

価値観の違いが原因の場合

価値観が合わずに離婚してしまった夫婦が復縁できる確率は、お互いの歩み寄りによって復縁できる可能性があります。

価値観は

  • 生まれた環境
  • 育った環境
  • 職場環境
  • 友人関係

で構築されていきます。

すなわち、価値観は日々変化したり、意識で変えられるものなのです。

価値観の違いで離婚した夫婦は、自分の譲れない価値観がたくさんあります。

相手に少しでも寄り添い、相手の価値観を尊重できれば、復縁できる可能性は高くなります。

性格が合わないことが原因の場合

性格は簡単に変えられません。

性格が合わない場合、相手に合わせるとイライラしてしまい、一緒に過ごすのが辛く感じます。

このような理由で離婚してしまった場合、復縁してもうまくいかない確率が高いです。

<h3>生理的に無理な場合

結婚して一緒に過ごすと、付き合っているときには見えなかったことが見えるようになりますよね。

例えば

  • 食べ方が汚い
  • 清潔感がない
  • 体臭がきつい
  • 歯を磨かない
  • 何日も同じ服を着ている

など一緒に生活していて、生理的に無理と思ってしまうと気持ちが冷めてしまいます。

人間は一度生理的に無理と判断してしまうと、一生無理になってしまうことが多いのです。

教育方針が違うことが原因の場合

子供がいるご家庭では、教育方針の違いはひとつの課題ですね。

お互いに育った環境が違うことから、お互い重視することも違います。

教育方針の違いで離婚してしまった場合は、しっかり話し合い相手や子供を尊重してあげることが重要になります。

金銭的な問題の場合

金銭的な問題で離婚した夫婦が復縁する可能性は、限りなく低いとみて良いでしょう。

結婚生活で、お金は重要です。

例えば、借金があったり金遣いが荒かったり、またギャブル依存症といった浪費家であれば、離婚を選んだ元嫁は正解かもしれません。

金銭問題やお金のトラブルは抜け出せない男性が多いので、思い当たれば改善しなくてはなりません。

両親の介護などが原因の場合

自分の親の介護問題は、今後誰にでも遭遇する可能性があります。

それを理解できない夫婦は復縁が難しい場合も。

お互いに協力できる関係を築くのは時間のかかる作業です。

元嫁と復縁できる確率を上げる方法3つ

離婚の原因は状況によって様々です。

ただ理由はどうであれ少しでも復縁できる確率をあげたいと思うものです。

復縁確率を上げる方法を紹介します。

反省していることを告げて謝罪を繰り返す

離婚に至るということは、何かしら原因があります。

こちら側の原因であれば根本的に直さないと復縁はあり得ません。

  • 自分は変わった
  • 同じ過ちを犯さない

このように反省していることを、しっかり伝えることが重要です。

ただ単に口だけでアピールしても「また口だけ」と思われて逆効果になることもあります。

行動で示せるのが理想と言えるでしょう。

離婚後も良好な関係を維持する

前の章でも紹介しましたが、離婚後に連絡を取り合っている元夫婦は、復縁率が高い結果となっています。

そのため離婚後も定期的に連絡を取り合う関係を保つことは、復縁率を上げることに繋がります。

近況の報告や、悩みを聞いてあげたり、コミュニケーションの方法はたくさんあります。

相手に生理的に無理と思われていない限りは、連絡を取ることは必ずできます。

連絡を取る際は、ネガティブな発言はNGです。

必ずポジティブな内容で、再婚したらプラスになることが伝わると、復縁確率は上がります。

子供の意見を尊重する

子供がいる中で離婚をした場合、たいていの子供は「パパとママと、また一緒に暮らしたい」と願うものです。

子供の意見を尊重して、子供も含めて今後のことを決めていければ、復縁確率は上がります。

子供が2人のキューピットになってくれることもあると言うことです。

逆に元嫁と復縁確率を下げてしまうNG行動・注意点

復縁するためのアプローチは必要ですが、方法を間違えると復縁確率は下がります。

確率が下がるどころか、一切連絡を取れなくなることだってあるのです。

復縁したい気持ちが先走っても、相手の気持ちを考えないで行動するのはNGです。

離婚したことを反省していない

離婚した原因を

  • 反省していない
  • 相手のせいにしている

このような場合、復縁は難しいでしょう。

再婚したとしてもまた同じ理由で衝突し離婚してしまいます。

離婚や再婚は労力を使うため、けっきょく離婚する可能性があるのであれば誰も踏み込みません。

  • 何が原因なのか
  • 自分が悪いの部分はなかったか

など、しっかり考えるようにしましょう。

必要以上にしつこく復縁を迫る

別れた寂しさから、復縁をしつこく迫るのはかえって逆効果です。

人間はしつこくされると、さらに強い拒否反応を起こすもの。

お互いに冷静になる冷却期間を設けて、相手の気持ちを理解した上で冷静に話し合いすることが望ましいとされています。

脅す

  • 「再婚できなかったら、お前の会社に言うぞ」
  • 「再婚してくれないなら金を払え」
  • 「子供は俺が育てていく、嫌だったら再婚しろ」

など、再婚してくれなかった場合〇〇するぞ。といった脅しです。

脅されて従う女性はまずいません。

あなたの気持ちはわかりますが、相手のことを考えずに自分だけ先走ってはいけません。

再婚はお互いの意思が理解できてはじめて成立するため、場合によっては脅迫罪となる可能性もあります。

一方的での再婚は、まずあり得ません。

おすすめはプロの占い師に相談

離婚している元夫婦が復縁しようとしたとき、周囲はあまり理解してくれないことが多いのが事実です。

自分の家族や知人に応援されないと気持ちが萎えてしまいますよね。

電話占いは日頃から恋愛相談や離婚相談、復縁まで様々な悩みを持つ人から相談を受けているため、視野が広く寛大です。

あなたに寄り添って解決策を一緒に相談できるので、いつでもあなたの味方です。

電話占い「ピュアリ」は復縁率98%

ピュアリの電話占いは復縁率98%と脅威の数字です。

その理由は恋愛相談に強い占い師が多数在籍している点です。

復縁を迫るタイミングやアプローチ方法も相談できるため、ひとりで悩んでタイミングを間違えることはありません。

スムーズに効率良く復縁したい人は、プロに相談してみてください。

復縁以外の相談もできます

元嫁との復縁を占えるのはもちろんですが、同時にこの先運命の人に出会えるかも占ってもらえます。

もしこの先、運命の人と出会える可能性があれば、元嫁に注力しなくてもいいと思えますよね。

別れた元嫁が運命の人ではない場合もあります。

それを知るか知らないかで、あなたの運命は大きく左右することになるでしょう。

まとめ

離婚後は傷が癒えず、寂しさから復縁したと願うものです。

しかし、離婚ほどの大きな決断をしたということは、それなりに大きな理由があるはずです。

それは

  • お互いの性格なのか
  • 価値観なのか
  • お金の問題なのか

は、人それぞれです。

また理由によって、復縁のタイミングやアプローチ方法は異なります。

どうしても再婚を望むのであれば、ひとりで悩まずにまずは電話占いに相談してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました