ドリーンバーチューWiki!引退?現在と今後

ドリーン・バーチューDoreen Virtue : 1958- )」

エンジェルナンバーやスピリチュアルに詳しい方は、きっと一度くらい彼女の名前を耳にしたことがあるかもしれません。

彼女はスピリチュアル界では知らない人はいないくらい、長年に渡って活動を続け、エンジェルナンバーの第一人者でもあります。

そんな彼女が、2017年にスピリチュアル界を世界的にあっと驚かせる「シフトチェンジ」をされました。

ここではその経緯と詳細を知って頂けたらと思います。

執筆者GYPSEE編集部

「GYPSEE編集部」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

ドリーンバーチューとは

ドリーン・バーチューは1958年4月29日生まれの、御年62歳のアメリカの方です。

エンジェルナンバーの第一人者でその名を世界的に知られ、数多くの著書やオラクルカードなども世界的に販売されています。

日常で目にするふとした数字は、エンジェルナンバーと呼ばれ天使達からのメッセージだという数秘術に起源をもつNewAge的な考え方を唱えた方です。

日常でふと目にするいろいろな数字は天使からのメッセージだという考えで、それぞれのエンジェルナンバーに解説をつけて著書を出したり、全世界で多くの人に支持されてきました。

彼女には「天使」や「アセンテッドマスター」達が見えるだけではなく、会話を通じてメッセージを届けられるという特殊な力があり、いままで数々の著書を出版しエンジェルセラピーやエンジェルカードを世に広めてきました。

また彼女は世界中から彼女に学びに来る人々に、エンジェルセラピーの認定資格なども出していたため、世界中に彼女から学んだ人が大勢います。

ドリーンバーチューさんの引退理由

そんなスピリチュアル会の第一人者とも言える彼女が、2017年に世界をあっと驚かす発表をしました。

それは、彼女がキリスト教に改宗し今までの彼女の活動であったエンジェルナンバーやエンジェルカード、また彼女が出版してきた著書を全否定したからです。

改宗すること自体はよくある話ではありますが、エンジェルナンバーの第一人者としてここまで影響力のあった彼女が、キリスト教へ改宗し180度転換して今までの活動を全否定したことが多くの人々へショックを与えました。

彼女は、「私が天使だと思って伝えてきたメッセージは、すべて(天使になりすました)悪魔の仕業で、私は悪魔のメッセージを伝えてきていた。」と公式に見解を述べています。

同時に、彼女の名前が入った著書やエンジェルカードなどは販売停止とするように出版社へ働きがけているだけはなく、公式ホームページで呼びかけています。

更には、自身が長年に渡って広めてきたエンジェルナンバーだけではなく、サイキック、先読み、占星家、霊媒師などもみなすべて「神への冒涜」であるとして、聖書とイエスキリストが絶対であるという主張を展開しています。

彼女の公式サイトでは、「天使を呼ぶこと」を人々に教えたことを謝罪する投稿もあります。

彼女によれば、神が本当に誰かに天使を送りたいのであれば送るはずで、「天使を呼ぶ」ことは天使になりすました悪魔を呼び寄せることになり危険であると言っています。

長年に渡って彼女が信じてきた「天使」は実は「天使になりすました悪魔」であってそれを天使だと信じてきた彼女は、悪魔に利用されてしまったというのが今の彼女の主張です。

長年に渡って間違ったことをしていたと公式に発表し謝罪もしています。

現在彼女はキリスト教、聖書に傾倒し、唯一の神はキリストであるという主張をしています。

ドリーンバーチューさんの今後

2017年に教会でキリスト教へ改宗するほどの心揺さぶられる「体験」をしたと言っているドリーン・バーチューは、聖書について学び、キリスト教を布教するような宗教活動へ啓蒙していくことでしょう。

ご自身のサイトは存続していますが、内容は今までの否定をするものや、キリスト・聖書に関連ある内容の発信を続けています。

おそらく、今後また大きな「シフトチェンジ」が彼女に起きない限りは、キリスト教の宗教家としてのスタンスを貫かれるのではと思われます。

ドリーンバーチューさんが生み出した概念はどうなるのか?

スピリチュアル界の第一人者だったと言っても過言ではないドリーン・バーチュー。

その影響力は今なお多岐に渡ります。

彼女は「天使」だと思って話していたのは、実は悪魔だったと言って全否定してはいますが、エンジェルナンバーやエンジェルセラピーなどNewAgeと呼ばれるスピリチュアル分野で活躍されている方々は世界に大勢います。

確かに第一人者であった彼女が、NewAge的なスピリチュアル系全てを全否定することはインパクトが大きいですし、影響力も多岐におよびます。

ですが、彼女一人だけがこのエンジェルナンバーを唱えて普及させているわけではないですし、もうすでに「エンジェルナンバー」の認知度はかなり高く世界中に広まっています。

彼女がたとえ天使の存在やエンジェルナンバーを否定しても、今後もこのエンジェルナンバーは多くの方から支持されていきますし、エンジェルナンバーの概念がなくなることはないでしょう。

なぜなら、すでに世間に「エンジェルナンバー」は認知されており、ドリーン・バーチューの手を離れてもう一人で歩いていけるほど大きくなっているからです。

スピリチュアル系と言っても、エンジェルナンバーやタロット、占星術などいろいろある中で、あなたをはじめ多くの方は自分の人生の転換期やこれからの方向性として迷ったり、悩んだりした時に、スピリチュアルのメッセージを取り入れていたりすると思います。

その際に、「誰がこれを提唱したから」という点にフォーカスされている方は少数ではないかなと思います。たいていは、エンジェルナンバーやタロットなどジャンルを自分で選んで取り入れているかと思います。

信じるか信じないかは全てあなた次第です。

ですので、彼女が全否定したところですでに「エンジェルナンバー」という新しい分野が確立されているので、今後もこのまま存在し続けるでしょう。

まとめ(当サイトの見解)

当サイトではエンジェルナンバーを紹介してきましたが、今後も引き続き変わらずエンジェルナンバーをトピックに記事にしていきます。

エンジェルナンバー自体はドリーン・バーチューは否定されていますが、「何か見えない力」や「神」は必ず存在するというのはドリーンさんも主張していることです。

おそらく彼女は、いわゆる「超能力」と呼ばれるものを持っているのかもしれませんが、でも彼女も所詮は一人の「人」であって、迷いもあれば間違いも起こすということです。

考え方や主張が今回のように180度変わることもあるでしょう。でも人であれば当然です。

今回の事は、スピリチュアル界の大御所だからその人のいうことを全面的に信じるとかではなく、やはり私たち一人ひとりがそこからどう考えどう捉えるかは全て自由だといういい「気づき」になったと思います。

ドリーン・バーチューの主張を受け入れ、エンジェルナンバーを信じないと決めた方も中にはいらっしゃることでしょう。もしくは、引き続きエンジェルナンバーを信じると決められた方も。

それはどちらが正解でどちらが間違っているということはありません。どちらでもあなたが自分で決めたことが正解です。

当サイトは、エンジェルナンバーが間違いだとは思いません。
占いにしろ、おみくじにしろ、エンジェルナンバーにしろ、あくまでも「アドバイス」であって「答え」ではないと思っています。

そこからその後はあなたが決めること。
きっと多くの方が「答え」を求めすぎなのかなと思います。

最後に決めるのはあなた自身です。あなたの事を一番よくわかっているのもほかでもないあなたです。

エンジェルナンバーだけではなく、スピリチュアルなこと全般は、ともすると「依存」になりがちです。そこだけは見失わないよう、常に自分の軸を持ちながら上手にスピリチュアルを取り入れて欲しいと思います。

当サイトがそのお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました