【スピリチュアル】執着を手放すことで執着していたものが手に入る

お金や、食べ物、恋愛、人間関係などに執着してしまうことで、葛藤が生まれてしまい苦しくなることがあります。

今回の記事では、執着を手放すスピリチュアル的な意味についてお届けしたいと思います。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

執着を手放すとは?

執着を手放すとは、あなたがひとつのものごとに対して執着してしまったことで抱えた感情を癒すことです。

また、そういった感情があることを自分自身で認めてあげることも、執着を手放すには大切なことです。

執着とはなにか

スピリチュアル的に見た執着とは、嫉妬や怒り、悲しみなどの負の感情に捕らわれてしまい、それを手放すことのできずにいる状態です。

また、仏教では諸行無常というものがあります。

この世の地位、人間関係、恋愛など、あらゆるものは常に変化を繰り返しているため、永遠に変わらないものは存在しない。

それなのに、自分の環境がずっと変わらないでいてくれることを望む。この矛盾こそが、人が人生において苦しみを感じる原因だとお釈迦様は説いています。

仏教では、これを執着と呼び、この執着こそが苦しみの原因だとされています。

自分が何に執着しているか知ろう

いつの間にか、何かに悩んでいて、同じことの繰り返し。チャンスを手にしても、あと一歩のところで手が届かない。

あなたがもしそうなら、気づかずに何かに執着している可能性があります。自分の執着しているものを知ることで、人生に変化をもたらしましょう。

過去

過去に執着している場合は、やはり忘れられない過去があるということです。

過去の幸せだった記憶ばかりが蘇って悲しい気持ちになってしまったり、知らないうちに記憶は美化されるものです。反対に過去の選択を後悔していた場合も、未来に希望を見出すことができなかったり、変化を恐れてしまうことがあります。

人間関係

人間関係に執着している場合は、大きな失恋や、自分に自信がないためにひとりになってしまうことを恐れて相手との関係を手放せないことがあります。

誰と一緒に過ごすかが、とても重要です。無理、できないなどとあなたを否定するネガティブな人たちと一緒に過ごしているなら、その時間はなるべく短くするようにしましょう。これは、あなたの波動が影響を受けないようにするためです。

恋人・恋愛

恋人や恋愛に執着している場合は、彼からの見返りを期待してしまうことがあります。見返りが返ってこないだけで、イライラすることもあるでしょう。

本当に愛しているなら、執着を手放してこころから彼の幸せを祈ることができます。その想いに、あなたを大切にしてくれる人との出逢いが引き寄せられるでしょう。

物に執着している場合は、あなたの部屋は散らかっているのではないでしょうか。どうしても捨てられないものがあったりしませんか。

散らかったその部屋は、あなたの潜在意識をあらわしています。部屋の状態が、セルフイメージにも刷り込まれるでしょう。

ワクワクするものだけを残して、あとは断捨離することをおすすめします。

食べ物・食

食べ物や食に執着している場合は、エゴが強くなっているので注意が必要です。

ストレスから、満たされないこころを満たすために食べることで満足感を得たとしても、それは一時的なものです。

それを食べたいと思うこころの声に耳をすませてみると、潜在意識はメッセージを出す必要がなくなるため食欲もおさまります。

お金

お金に執着している場合は、いつも意識に「ない」という不足感がある状態です。特に1円も損したくないと思う場合は、注意が必要でしょう。

お金に執着すると、より貧しくなっていきます。それよりも、お金を純粋に好きなことに使ったときの喜びや、楽しいといったプラスの感情を先取りすることで、お金も循環するようになっていきます。

執着を手放すと入ってくる・引き寄せられるもの

執着を手放すことで入ってくるものや、引き寄せられるものがあります。

あなたが成長して波動が変わったことで、断捨離や気の合わなくなった人たちとの人間関係の整理などを行うと、空いたスペースに現在のあなたにあった波動の人たちや物を引き寄せることができます。

まず、執着を手放して、新たな物を受け入れるスペースをつくりましょう。

ツインソウル・ツインレイと出会える・引き寄せられる

執着を手放すことで、ツインソウルやツインレイと出会うことができます。

魂の伴侶といわれるツインソウルや、元はあなたと同じ魂であったツインレイ。こういった相手に出会うのは、あなたが仕事や夢などそれまで追いかけてきたものを、やむにやまれぬ事情で手放すしかなかったときでしょう。

けれども、そういった経験を経たことで大きく成長したあなたの魂は、今度は共に夢を叶えるための公私共のパートナーとしてツインソウルやツインレイと出会うことにつながります。

手放すまでに大きな葛藤を抱えてきたと思います。あなたのその苦しみはツインソウルと出会うことで癒され、やがて喜びと祝福に変わっていくでしょう。報われるときも近いタイミングなので、前向きな気持ちを忘れずにいることが大切です。

復縁に成功できる

執着を手放すことで、復縁に成功することができます。

あなたが彼に期待する関係が叶わない状態で、彼をコントロールしたい気持ちにかられるなら、それは執着です。

彼の気持ちを尊重して、自分磨きをして過ごすことで、彼への恋愛感情を忘れたころに復縁に成功できることがあります。ただ、もっと良い出逢いが待っていることも、もちろんあるでしょう。

音信不通のあの人から連絡が来る

音信不通の相手から連絡が来たなら、幸運の兆しです。あなたの波動が、上がっているのでしょう。

また、相手から連絡が来るのを待って、いつもメッセージを確認してしまうときに思うことは「このまま、あの人から連絡がこなかったらどうしよう」まさに、このあなたの思ったことが叶うのです。

彼からの連絡を待っているよりは、連絡がきたらどんな気持ちがするか、何をして過ごそうかに想いを馳せていると良いでしょう。

大金が手に入る

執着を手放すことで、大金を手にできることがあります。入ってきたお金は、寄付やプレゼントに使うと良いでしょう。

ただ貯蓄しているだけだと、お金の入り口を狭めることになります。豊かな人たちは、誰かのためになることにお金というエネルギーを流すことで大金を手に入れたり、大きなお金を流動させて金運を保っています。

スピリチュアル的に正しい執着を手放す方法

スピリチュアル的に執着を手放す正しい方法は、まずあなたの執着することによって生まれたネガティブな感情を認めて、癒してあげることです。

そうすることで、どんなものごとにも固執せず、自然と手放せるようになっていくでしょう。

手放す勇気を持つ

執着を手放すには、手放す勇気を持つことが大切です。いくら努力しても限界を感じているなら、一度手放してみることでいろんなアイディアがわいてくるでしょう。

選択には勇気が必要ですが、あなたが決断することで今まで滞っていたものも動きはじめます。

手放すと戻ってくる

執着を手放すことで、相手が戻ってくることがあります。

執着することで、あなたの願望が満たされないという不足感が生まれます。この不足感は、そのまま満たされない現実を引き寄せますが、反対に手放すことであなたが十分に満たされていた場合はどうでしょうか。

あなたにとって幸福な現実が引き寄せられます。相手が戻ってくることもあれば、もっと素敵な人に出会うこともできます。

執着に関するスピリチュアルサイン・意味

執着に関するスピリチュアルサインには、例えばエンジェルナンバーがあります。

1616という数字を見かけたら「物質的な執着を手放して、もっとスピリチュアルへ意識を向けることで、願いは叶う」というメッセージです。

他に執着がなくなる意味や、誰かに執着される意味について、みていきましょう。

執着がなくなるスピリチュアル意味

執着がなくなるスピリチュアル意味は、次の段階に進む準備ができたという意味です。

執着を手放せたことで、これまで前進することを妨げていたこともスムーズに動き始めます。これからシンクロもどんどん増えて、あなたの魂はどんどん成長し、進化していくでしょう。

誰かに執着されるスピリチュアル意味

誰かに執着されるスピリチュアル意味は、関係を断ち切る必要があるということです。

執着する人や、依存度の高い人は、あなたの波動を下げることで自分のエネルギーを充電していたり、あなたのエネルギーを吸い取っています。

このような場合は、お互いのためにならないので、こころを鬼にしてでもあなたの方から断ち切る勇気を持って手放すことで、その後の運気も大きく好転していきます。

まとめ

執着を手放すスピリチュアル意味についてお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

執着を手放すとは、まず執着しているという事実に気づき、その感情を癒すことからはじまります。

また、ツインソウルやツインレイに出逢うことができたり、あなたの波動に合ったより良いものを引き寄せることができます。

最初は勇気が必要ですが、どんなものにも固執しないことで、自然に手放せるようになっていきます。

執着がなくなるのは、魂が次の段階に進む準備のできたサインです。時には寂しくても自分から関係を断ち切ったり、勇気をもって前進することが必要です。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました