仕事・転職のスピリチュアルな意味・メッセージ・サイン

あなたが仕事や転職に関して、「内面と向き合わなかった」なんてことはないはずです。

あなたにとって「働く」とはどういう意味を持ちますか?

「差し出せるものは、寿命である時間だけ!」

「給料は我慢料!」

あなたの頭には、こんな言葉が溢れているかもしれません。

実際のところ、日々の生活を過ごすにはお金が必要です。


ですが、あなたは「これ以上生き地獄で苦しみたくない」という気持ちが抑えられなくなり、環境を変えたくなるかもしれません。


その気持ちは、単なるわがままではありません。


人によっては、働かなくても困らない人もいますし、働いていないと気が狂う人もいます。


そして就職や転職に悩んだ時、あなた以外に決断し状況を変えられる人はいません。


そんなあなたに、仕事や転職についてスピリチュアルの解釈をお伝えしていきます。

今回はあなたの頭と心を和らげ、魂に語りかけるように話していきますので、リラックスして内面に響く言葉を見つけてくださいね!

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

スピリチュアル的に仕事とは何か?

まず、スピリチュアル的に見て「仕事とは何か?」ということについてお話します。

有名なコンサルタントで、多くの人を導いている小田真嘉さんは「人生のステージによって、仕事は4種類に分かれる」と仰っています。

  1. ライス (RICE / 米) ワーク:日銭を稼ぐための仕事
  2. ライク (LIKE / 好き) ワーク:自分の ” 好き ” を追求するための仕事
  3. ライフ (LIFE / 命) ワーク:人生の生き甲斐を追求するための仕事
  4. ライト (LIGHT / 光) ワーク:世のため人のために奉仕する仕事


下に行くほどに、魂の声が反映されていきますが、決してライトワークが偉くて、ライスワークが劣っているとの意味ではありません。

スピリチュアル的な面で言えば、私たちは生まれて来た瞬間に人生の目的を1つ果たしています。

また毎日を生きながら成長することも人生の目的の1つです。

そして私たちが十分に成長し、大人になった時、” 生きる理由 ” について考えさせられます。


私たちは決して1人で生きることはできませんし、それを実行しようとするなら、地球を出る他ありません。

私たちが生かされている理由は、主に3つあります。

  1. 自分の命・人生を活かすため
  2. 他人の命・人生を活かすため
  3. 全体性・公の循環に貢献するため


上記の3つは、先程紹介した4つの働き方に深く関わっています。


そのため、年齢や場所に関係無く「どのような仕事でも誰かに貢献している」ということを念頭に置いてください。


人生のある時点で ” 変革 ” が起こり、ご自分と他者、そして世界のために働く意識に芽生えます。

心は、顕在意識や思考で考える仕事と現実に対し、素直なフィードバックを返して来ます。

また魂は、否応無しに人生の目的を達成するため、あらゆる変化と成長を促します。


現代は旧石器時代のように、獣に襲われる心配は無いのにも関わらず、「生存欲求」が潜在意識にまで根付いています。

そして文明や文化、技術革新が発達しても、心や魂、スピリチュアルな領域は未解明です。

だからこそ、人生は経験を重ねる毎に深みを増すのです。

しかし、今あなたは仕事について悩んでいます。

「心の声や魂の欲求になんて応えている余裕は無い」と仰るかもしれません。

ですが、あなたは人生を振り返った時、紆余曲折を経てスピリチュアルな道筋を辿って来たことを悟るでしょう。

とても大切なことなので、スピリチュアルから見る仕事について説明させていただきました。

あなたはいつの日も、あなたの魂に導かれています。

仕事にまつわる悩みやトラブル、転職や職業に関する経験のスピリチュアルな意味、メッセージ、サインを受け取ってくださいね!

就職に関するスピリチュアルな意味とは?

私たちの魂は「成長」と「進化」を望んでいます。

就職をすることによって、私たちは成長と進化のための「環境」を得ることができます。

私たちが社会に出て、得られる環境とは主に3つです。

  1. 場所:会社や職場
  2. 人間関係・人との繋がり
  3. 新しい知識や挑戦の体験


これら3つは、人間性だけでなく「内面性」や「精神性」を高めるためにも必要不可欠なものです。

コンフォートゾーンや守られた環境に居続けたり、責任を負う必要が無い環境では、魂的にも成長することができません。

それでは、就職に関するスピリチュアルな意味を解説していきます。

仕事が見つかる

仕事が見つかることは、「成長」と「進化」の機会が与えられたことを意味します。

仕事とは、時間内に労働をするだけでなく、優先順位を決めたり、人間関係の中で自分の役割を全うすることも含まれます。

” 新しい世界 ” に飛び込み、あらゆる変化や状況の中で「新しい自分」や「成長した自分」を見つけることができます。

仕事は単に収入源が得られるだけでなく、あなたの中にある無限の可能性が引き出され、それを自覚していくことになるでしょう。

ただ仕事が見つかるということは、あなたの意識に可能性が芽生えている段階なので、面接や見学、研修などの道筋が待っています。

喜ぶことは大切ですが、実際に就職ができるまで、身の回りの整理と心の準備をしていきましょう。

仕事が見つからない

仕事が見つからないことは、自分自身を分析する時間が必要で、「新たな自分」を発見する必要があります。

  • どのような環境が必要なのか?
  • どのような仕事や職場で、自分の可能性や能力が発揮できるか?
  • どのようなことが自分に求められるか?etc

とはいえ、自己分析には ” 盲点 ” があります。

心理学の分野では、自己分析をする際に「4つの自分」を知ることが大事とされています。

  1. 自分が知っていて、他人が知らない自分
  2. 他人が知っていて、自分が知らない自分
  3. 自分も他人も知っている自分
  4. 自分も他人も知らない自分

これらは「ジョハリの窓」と呼ばれる心理モデルですが、通常私たちは社会に出て、1~3をより深く知っていきます。

特に仕事が見つからない場合、1の自分が知っている自分に意識が向いている場合が多いでしょう。

なぜなら私たちは過去の経験を基準にし、自覚しているものにしか意識が向かないからです。

「新たな自分の発見」は、あなた自身だけでは見つけることはできません。

ですから仕事が見つからない時ほど、周りの人にあなたがどのように見ているのか聞いてみましょう。

場合によっては、聞きたくないことを知ってしまうかもしれません。

一方、これまで考えたこともなかった自分が発見できるかもしれません。

仕事が見つからないのは、仕事が存在していないのではなく、あなたの意識に入っていないだけかもしれないのです。

仕事が決まる

仕事が決まることは、「縁」と「挑戦」の始まりです。

仕事は単なる労働ではなく、人との繋がりや未知の経験、学びが連鎖的に起こり、それらを次々に対応しなければなりません。

スピリチュアル的に縁とは、「導かれた繋がり」や「手配された繋がり」を意味します。

仕事が決まる時、それはあなたと場所との繋がりといえますし、働く人との繋がりが成就するということでもあります。

あなたが内面と向き合い、社会で働くことを決意し行動することで縁は結ばれていくのですが、それはあなただけの力ではありません。

あなたのご先祖様はもちろん、自宅地域の神様や、職場地域の神様が連携し、縁の輪を手配してくれるのです。

縁が手配され結ばれる時、化学反応が起こります。

それが人間関係であり、人と人との感情の繋がりやエネルギー的な繋がりが起こります。

仕事が見つかることには、このように人との間に起こる出来事や感情の出会いを体験し、その場や環境でしか体験できないことに挑戦することとなるのです。

仕事が決まらない

仕事が決まらないことは「タイミングを待つ」という意味があります。

仕事が見つからない場合と違い、仕事が決まらないのは何らかの理由があるに違いありません。

少し場面は異なりますが、寝坊や遅刻をしたお陰で交通事故や、天災を免 (まぬが) れた、という話があります。

先ほど「縁の手配」という話をしましたが、応募した先で就職が決まらないことは、あなたに相応しい縁ではないと解釈ができます。

何十社もの企業へ試験を受けても仕事が決まらない人もいれば、1社だけの応募で難なく内定を決める人もいます。

その人の運もありますが、それ以上に「タイミング」が関わっています。

  • 自分の内面と十分に向き合ってきたか?
  • 仕事以外に気がかりになることはないか?
  • その場しのぎ、苦しみから逃げたい気持ちが先行していないか?
  • 1つ1つの応募に真摯に向き合っているか?


タイミングは運と同じく、日々の在り方によって違いが出ます。

上記の4点を是非ご自身に問いかけてみてください。

仕事が決まらなく落ち込むことはあっても、希望を捨てる必要はありません。

物事には、順序・タイミングがあります。

まずは落ち着いて内面を見つめ、チャンスが巡って来るのを待つことも成長材料になりますよ!

仕事に呼ばれる

仕事に呼ばれるとは、「導き」であり「解放」です。

よく ” 神社に呼ばれる ” ということを見聞きすることがあると思いますが、実際に神様が手招きをしているわけではありません。

あなたと仕事や職場、そこで働く人が直感的に繋がることを予感する時、仕事に呼ばれる感覚になります。

また仕事に呼ばれる時、あなたがこれまで経験してきた、色々な苦労や我慢、準備が実ることで、悩みや足止めから解放されるという意味でもあります。

絶妙なタイミングで物事が運び、シンクロニシティや人との縁を経て、ご自分の能力や役割を発揮していくことになるでしょう。

ただ仕事に呼ばれるのは、得をするなど良いことばかりではありません。

例えば、その職場の環境を激変させるために呼ばれるなど、衝撃的な経験をし、すぐその職場を離れることも考えられます。

仕事が決まるという意味では喜ばしいのですが、魂が望む成長や進化は、時に苦々しい経験を含む場合があるのです。

仕事に関わるメンタルのスピリチュアルな意味とは?

次に仕事の ” メンタル ” においてのスピリチュアルな意味を解説していきます。

メンタルとは、状況や魂のステージに合わせて変化する気持ちです。

心は常に ” 移ろいやすい ” ものですが、単に気分や体調を表すわけではなく、その時々に魂からのメッセージが表れる場合があります。

特に仕事に長い時間を当てている私たちは、時に集中できないほどの心境になることがあります。

そこでメンタル別に、魂の声とスピリチュアルな意味をご紹介していきます。

仕事が楽しくない・つまらない

仕事が楽しくない・つまらない時「消費期限」が迫っていることや、他の可能性が徐々に現れ始めていることを意味します。

賞味期限であれば、まだ食べられますが、消費期限 となると食べられません。

仕事や働くことを 「楽しいやつまらないで判断すべきじゃない」という声もありますが、それは表面的なジャッジです。

「醍醐味」という言葉がある通り、仕事では達成感や成長の実感があらゆる要素によって得ることができます。

  • 最初は怖かったけれど、挑戦してみると自信がついた
  • 先輩の言う通りにやってみると、案外自分にもできた
  • 自分の仕事が全体の1部となって、誰かに貢献できている
  • 気がついたら後輩ができ、人に教えられるようになっている etc

誰もが最初は ” 新人 ” ですし、誰にでも、常に成長の「伸び代」があります。

ですが、仕事の醍醐味が感じられない ” つまらなさ ” は、あなたがその仕事や職場との縁の終わりが近づいているのかもしれません。

” 仕事に呼ばれる ” で「縁の手配」のお話をしましたが、縁とは無期限である場合もあれば、一時的な繋がりである場合もあります。

それはあなたの実感だけではなく、周りの状況から” 消費期限 ” が感じることもあるでしょう。

書類の上での契約期間が無かったとしても、目に見えない縁の期限というものがあります。

仕事が楽しくなくつまらない時は、「今の場所での役割をやり切ってしまった」もしくは「他の可能性を模索したい気持ち」が生まれているのかもしれません。

仕事がとても辛い・疲れる

仕事がとても辛い・疲れる場合は、あなたのエネルギーと仕事場のエネルギー、職場の人間関係とのバランスが崩れていることを意味します。

誰だって働いていれば疲れますが、例外があります。

それは自分自身の役割を全うし、その他のことをある程度 ” 楽観的 ” で考えたり、流れに委ねることができている場合です。

私たちが仕事で悩むのは、人間関係と自己不信の2つが大きく関わっています。

人との繋がりや縁には、発見や成長という良い面もあれば、心理的に圧迫されたり、エネルギーを消耗するというデメリットもあります。

なにより仕事と人間関係で心が擦り切れ、自信がなくなり自分を責めることで、私たちは何気なくできている仕事がこなせなくなってしまうのです。


好きなことを仕事にしている人は、表面上とても羨ましいですが、見えないところで多くの責任を負っています。

反対に集団の中で働いている人は、自分の役割以外は、他の人がカバーしてくれることもあります。

仕事内容が辛く疲れる場合、当たり前のことさえも分からなくなり投げやりになってしまうので、物理的にも精神的にも安息が必要です。

もちろんあなたのエネルギーが損なわれている場合は、人からのエネルギー的干渉や、職場のエネルギー場から離れることも忘れてはいけません。

「疲労感を抱えている」「エネルギーが枯渇している」「ネガティブな思考や感情で支配されている」場合は状況が悪化してしまいます。

仕事でストレスが溜まる・しんどい

仕事でストレスが溜まる・しんどい場合は、「責任」と「優先順位」の見直しが必要です。

ストレスは、どのような場合も生じるもので、心の葛藤や悩みを消すことは不可能。

問題は、ストレスに対応できない状態や、状況についていけないメンタルとエネルギー状態であることです。

内面と現実にギャップや溝が生まれる時、以下のような問いかけをご自身にしてみてください。

  • ストレスに感じていることは、本当にストレスなのか?
  • 今感じている責任は、それほど重要なことなのか?
  • 私の悩みやストレスは、自分でどうにかできることなのか?
  • このしんどさの原因は、自分自身にあるのか? 

これらの問いかけは、一見 ” 他人事 ” で辛辣 (しんらつ) に聞こえるかもしれません。

ですが、あなたの魂は時に、辛い経験の中で気づきを得るように仕向けることがあります。

更に、目の前の現実は、「あなたが見たい現実」です。

あなたの状況は、解釈次第でストレスだらけにも、成長痛やステージアップのチャンスとも捉えられます。

例えば、筋肉を育てようと思うと、いつも以上の負荷をかけ続けなければいけませんよね?

頑張ったら休み、栄養補給をする、この繰り返しによって逞 (たくま) しい筋肉が仕上がります。

仕事でストレスが溜まったり、いつも以上にしんどい場合は、ご自分を「疑って」みてください。

疑うことにより、狭い視野や縮こまった意識から解放してくれるかもしれません。

もちろん肉体的・精神的に疲労している場合は、きちんと休むことが前提です。

ただ、あなたがご自分に問いかけ、現状を再認識することが大事なのは忘れないでくださいね。

仕事を休みたい・休む

仕事を休みたい・休むことは、あなたのエネルギーが「枯渇」しているサインです。

あなたが環境に合わせられない時、身体も心も分かりやすくサインを送って来ます。

また、あなたの魂が環境や在り方の見直しや、新たな可能性を模索する必要があることも知らせている場合もあります。

仕事場に行きたくなかったり、身体が思うように動かない時、エネルギーは充電が必要な状態。

仕事自体が問題なのではなく「あなたが仕事をこなすエネルギーを持ち併せていない場合」「新たな環境を用意する必要がある場合」の二つがあります。

一時的な休暇や休息で、気分転換やエネルギー充電ができそうなら、自主的に有休休暇を取ることをおススメします。

日常から距離を取り、何もしない時間は、あなたに安らぎをもたらしてくれます。

ですが、短期的な休息を取っても事態が収まりそうにない時、魂が求める「変化」が差し迫っていることも考えられます。

冒頭でお伝えしたように、今のあなたの状況で、「働くことはどういうことか?」について見つめ直すことが大事になります。

どのような時も、人生は前進しています。

仕事を休みたい時、休んでいる時でさえ、あなたは魂が求める通りに成長・進化をしていますので、悲観的になり過ぎないでくださいね!

仕事が忙しくなる

仕事が忙しくなることは、あなたが「無我夢中の境地」を実感する必要があることを意味します。

” 忙殺される ” という言葉がある通り、気がついたら時間がアッという間に過ぎ、記憶が曖昧なことがあります。

仕事量があまりに多い場合、顕在意識は多少感覚を鈍くさせます。

そうすることで、私たちは本来受けている周りからの影響を軽減させ、目の前のことに集中することができるのです。


あなたが無我夢中で、目の前のことをこなしている時、気づかないうちに潜在能力を発揮しています。

巡って来るものは、仕事やお金、人脈だけでなく、それらを通して実感する「成長」です。

私たちは時に、状況や立場に追い立てられることで普段以上の実力を発揮します。

そういった忙しさを経て、一息ついた時、あなたは大きな達成感を感じるはず。

あなたには適応能力があると同時に、潜在能力から成長や周りに貢献している証を実感できます。

仕事が暇になる

仕事が暇になることは、「気づき」や「チャンス」の到来を意味します。

急に仕事が無くなったり、時間ができると表面的には ” ラッキー!” と思うものですが、同時に ” 不安 ” も生まれるはず。

なぜならプツリと緊張の糸が切れる時、私たちは以前のような忙しさを求めてしまう習性があるからです。

暇な時ほど、忙しい時以上に気づきやチャンスを見つけやすいでしょう。

暇で時間があることに罪悪感を抱かず、何か新しいことに考えを巡らせたり、仕事のやり方を見直し、改善することもできます。

あなたはご自分が思っている以上に、レベルアップし成長しています。

暇な時間を活用してどんどん成長できる要素を見つけていってくださいね。

仕事で悪いこと・トラブル続き

仕事で悪いことやトラブルが続くことは「清算」や「学びの時」を意味します。

悪いことは良い裏返しの場合が多いですし、なにより潜在的にあったものが表面化し、状況をより善くする機会が与えられます。

簡単に言い表すと ” 清算 ” となり、痛みによって学びが深まるとなります。

また、普段通りに仕事していても、トラブルに巻き込まれ不運が続く場合があります。

そういった場合、何を選び、誰のために行動できるかを考えさせられるはずです。

このように一見不運に思える連鎖は、” 負の先払い ” となり、大事になる前に事態が収まることもあります。

あなたが冷静に対処することで、多くの人からサポートをすでに受けているはずです。

運が悪いことは、後に運が良くなる「途中経過」なので、落ち着いて対応し自分ができることに注力してくださいね!

仕事でミスをする・ミスばかり

仕事でミスをする・ミスばかりの時は、「取り戻すこと」というメッセージが来ています。

それほど注意しなくてもこれまでできていた作業にミスが見られる時、集中力や注意力が分散されている証拠です。

” 小さなミスはやがて大きなミスに繋がる ” と言いますが、ミスの連続は気をしっかり持つことを促しています。

” 取り戻す ” こととは、集中力の他に時間の使い方や人に傾ける思いやエネルギー、目標や願望への意識の持ち方などの見直しが必要です。

時間もエネルギーも、使ってしまったら取り戻すことはできません。

1度立ち止まり、それまでのやり方を見直し出方を改めることで、軌道修正をすることが期待可能。

なぜこのような内容をお伝えするのかと言うと、ミスは「自己認識」に ” 歪み ” が生じて起こるためです。

「聞き間違いや」「確認不足」「自己流を通す」「人の話を聞かない」「他者を尊重しない」などは、すべて認識の歪みから起こりうるもの。

ミスが起こった時、あなたは周りの人の信頼を取り戻す必要も要されるため、一度落ち着き内面と向き合いながら、気づくべきことがないか探してくださいね!

仕事が評価されない

仕事が評価されない場合「ギャップを埋める」や「我を鎮める」必要を意味します。

ジョハリの窓の話で、” 他人が知っていて、自分が知らない自分 ” ということをお話しましたね。

” 思った通りの評価 ” がされない時は、あなたと周りにギャップがある証拠です。

また、あなたのエネルギーにも歪みが出ている可能性があります。


私たちが人間関係で悩むのは、我をぶつけ合うことだけでなく、他人から何を求められているのかを意識していない場合もあります。

  • 指示通りに動けているか?
  • 指示待ちになっていないか?
  • 報連相をしっかりしているか?
  • 相手の要望を把握できているか?
  • 自分の主張を伝えきれているか? 


上記の問いかけは、意識から抜け落ちやすく、自分のやり方に固執している時こそ、振り返ることが大切です。

あなたが評価されない時、与えられた役割を、” 他者目線 ” でこなすことを求められています。

私たちは、物事や状況に潜む本質を「認める」ことで成長・前進を可能とします。

あなたが仕事で認められないことは、工夫の余地がある証拠です。

落ち込み過ぎずに周りに打ち明け、意固地にならないよう注意しましょう!

転職に関するスピリチュアルな意味とは?

ここでは転職に関して、スピリチュアルな解釈をご紹介していきます。
「起承転結」という熟語がありますが、私たちの人生には流れがあり、展開や発展があるのが常です。

物事や状況が変わる時、または変えようとする時のメッセージを受け取ってくださいね!

仕事が続かない・転職を繰り返す

仕事が続かない・転職を繰り返すことには、「自律を学ぶ」ことや「根無し草の自覚」、そして「求められることを受け入れる」などの意味があります。

” 仕事が続かず、職を転々とする ” となると、人からの信頼はグッと減ってしまいます。

世の中には ” 石の上にも三年 ” という概念・常識が根付いているのは、「必要なことを必要な時」にできる人が重宝されるからです。

例えば、ネットで買い物をして指定日配達をしたとします。

ですが、指定した日に荷物が届かなかった場合、あなたはどのように感じるでしょうか?

天候や在庫の関係で遅延することもありますが、仮に配達業者があなたの要望を無視していたとしたら話は変わります。

次からその配達業者を利用しなくなるでしょう。

このような時、別の視点から考えると、その配達業者を介さないで荷物を得る方法もあります。


転職を何十社も繰り返した後に、自営業や起業をして成功を収める人もいるので、1つの仕事や雇用に固執する必要が無い場合もあるでしょう。

ただ仕事を変えたいと感じた時に、考えていただきたい目安があります。

  • 辞めなければいけないほどの理由があったのか?
  • 自分自身で辞める決断をし、責任を持って辞めたのか?
  • 必要とされることが怖くて、逃げたことはないか?
  • 地に足がついているか・いないかを冷静に判断できるか?

仕事を変え続ける人は、” 辛抱が足りない ” や ” 心が弱い ” などの評価を受けやすいものです。

こういった意見は、周りからの素直な意見であるため、受け止める必要があります。

ですが、あなたが転職を繰り返し悩んでいる場合、もっと根深いものがあるはずなのです。

  • 人の意見を受け入れたり、尊重できない理由を探る
  • 集団の中で働くことがどうしてもできないことを認める
  • 一念発起して、雇用される働き方を辞め、独立を目指す
  • 漠然と就職するのではなく、短期的にスキルを身につけるために働く 
  • 昔からの自分の生き方を認め、自分にとっての最善の働き方を模索する
  • 自分が憧れる人・お手本となる人を見つけ、自分の道を切り開く準備をする

当たり前のことですが、人は思ったよりもあなたの問題に関心はありません。

というよりも、みんな自分のことで精一杯なのです。

上記に挙げた問いかけによって、仕事が続かない・転職を繰り返すことは、あなたの魂が求める働き方に繋がります。

まずは現状を認めるとともに、内面を深掘りし、曖昧だった意識がクリアにすることで続けたい仕事に出会うことができるでしょう!

転職したくなる

転職を考えることは、「現状への不満」「変容」「自分への挑戦」の3つが背景にあります。

今の仕事が心底嫌いであったり、労働条件が悪い場合、あなたは転職することに罪悪感を抱くことはないでしょう。

そういった場合は、転職の準備をすることで、かえって現状を見直すことができます。

また、現状を改善するために、周りへの相談や異動も視野に入れることもできるはず。

環境を大きく変えるためには、それなりの意志が必要になり、衝動的な行動は後悔に繋がるため用心して進めてください。

なにより「転職」「現状維持」のどちらに、より強い魅力を感じているかを明確にする必要もあります。

スピリチュアルな視点からの仕事や働くことについてでお話したように、転職時には人生のステージが変わる予兆が訪れる場合もあります。

その時のあなたの心境は、仕事や環境の不満だけでなく、「成長したい」という気持ちが強まっているはずです。

そういった時は、あなたの身の回りで、自然と必要な情報や人が集まります。

運やチャンスは、” 人を通して ” 訪れることも多いので、内面と周りの状況を合わせ、「あなたがどうしたいか」という ” 本音 ” を見極めてください。

心よりも深い領域、魂からのメッセージは、ふとしたことをキッカケに表面化することがあります。

こういったメッセージは、あなたがどれくらい自分に素直であるか、または自分を幸せにする気持ちが強いかが影響します。

転職をすること自体に、良いも悪いもありません。

大事なことは、転職するタイミングを実感するために、自分自身に素直になり、周りの状況を冷静に見られるかなのです。

転職先が決まらない

転職先が決まらないことは、「”待った”がかかっている」や「素直さが必要」という意味があります。

 ” 転職先 ” から ” 職 ” を抜くと、「転ぶ先」となりますね。

その心は「目的地に辿り着くまでの道筋」です。

人生は、まるで舗装されていない道で、私たち自身が開拓していくもの。

最初はあなた1人で道を切り開いていきますが、周りで色んな情報や人、方法があることに気づくはずです。

” 仕事が決まらない ” ところで「タイミングを待つ」必要性についてお伝えした通り、あなたが開拓する道が、転職先と結びつくまでには時差があります。

そういった時、あなたは焦りや不安を感じるでしょう。

ですが、タイミングが合わない時に無理やり進んでも上手く事は進みません。

また、転職が必要な状況はそれぞれあるとしても、転職し環境を変える時には、ある程度 ” 我 ” を抑えることも必要になります。

私たちが人生の流れに素直である時は、流れに乗っていくことができます。

表現を変えるなら、” 流れに身を任せる ” ということですね。

私たちは、大きな循環の中で生きていて自分の力ではどうにもならないのが自然です。

ジタバタしたり、悲観的にならず、現状が何を気づくことができるかを模索しましょう!

転職が上手くいかない・失敗する

転職が上手くいかないや失敗は、「相応しくない」や「パターンを知る」という意味があります。

転職はある意味、” オーディション ” のようなもので、採用の決定権は会社にあります。


転職を希望した先に採用されない時、3つの解釈ができます。

  1. 転職先が、あなたが輝く場所ではない
  2. あなたが、転職先に求められていない
  3. あなたの魂が求めていない


これら3つはすべて、” あなたの「魂の計画」ではない ” に繋がります。


少し補足説明をします。

1は、問題が有る・無しではなく、あなたと転職先双方がマッチしていないことを意味します。

2は、転職先が求めているものを、あなたが持っていないということ。

3は、押しても引いても、すがりついても、縁が結ばれないということです。


特に2の場合は、落ち込んでしまって当然なのですが、求められていないところに行ったとして違和感や不調和が生まれます。

そのため、結果だけをフォーカスし自分を責めず、あなたを求めてくれる場所があるはずなので諦めないでください。

転職が上手くいかなかったり、失敗する場合は、単にあなたに非があるということではありません。

そこで大切な問いかけをさせていただきます。

あなたには「やり残していること」はありませんか?

  • 自己分析や、自分の本音を知ること
  • 仕事以外、家庭やプライベート、人間関係の問題
  • 過去の実績や経験ばかりにフォーカスし、他の可能性に気付いていない


これらはすべて、あなたの「癖」や「パターン」であり、結果の元となる原因です。

仕事はいくらでもあるのに「どうして採用されないんだ?!」と思った時、ご自分の癖やパターンを知り、人生のステージを変える岐路に立っています。

そういう時は、自分の頭だけで考えるのではなく、周りの人や、専門家、占い師の方の力を借りて、視野を広げていきましょう!

職業別仕事のスピリチュアルな意味とは?

ここでは職業別に、仕事の向き・不向きと、縁がある人のスピリチュアルな解釈をご紹介していきます。

” 適材適所 ” という言葉がある通り、私たちにはそれぞれ能力や才能を発揮できる場所が異なります。

どんな仕事も誰かの貢献となります。

輝ける場所を見つけることにより、あなた自身にも周りにもプラスになります。

自己分析や過去の経験を知ることも大事ですが、それ以上に「魂が求める働き方」を知ることで、仕事を選ぶ時に助けになるでしょう!

事務・デスクワークが向いている人・縁がある人

事務作業やデスクワークは、「落ち着いた状態」で仕事をこなすことが得意な人が輝ける仕事です。

また ” 定位置 ” は、あなたが特定の場所に縛れることを意味しますが、逆にあなたの存在 (場所) が約束されます。

” 事務的 ” という言葉は、一見冷たい印象を受けます。

しかし、その場所を守ることができて、丁寧さと計画さが求められる大切な仕事内容なので、自信を持って働いてください。

また、事務作業やデスクワークに縁がある人は、「人と人を繋ぐこと」を自然とこなせる人と言えます。

あなたの役割は、必ず誰かと誰かを繋いでいることを覚えておいてくださいね!

営業の仕事が向いている人・縁がある人

営業の仕事は、「行動力」や「交渉力」が必要とされ、人に働きかけることを求められます。

最初は不得意だと思っていても、あなたが「動くことで目に見えて結果が分かる」へ関心がある場合、営業の仕事が向いています。

” 営業をする ” とは、相手のニーズを知り、そのニーズにあったものの提供が大切です。

影響は相手が気づいていないニーズに気づいてもらえるように、説明や説得のプレゼンテーションをすることも含まれます。

営業に縁がある人は、リサーチや説明が得意であったり、頼まれ事をよくする人です。

売れそうな商品があっても、世間に知られていなければ誰も喜ぶことができません。

ですから、営業とは喜びが増えるためにはなくてはならないお仕事で、相手の心境が動かすことは、相手を幸せにしたいという魂の声でもあるのです!

夜の仕事が向いている人・縁がある人

夜の仕事が向いている人は、人の中にある「隠れたもの」や「解放されたいもの」を上手く見つけることができる人です。

” 夜の仕事 ” というと、キャバクラやホストといった「水商売」という言葉が連想されるかもしれません。

ですが、居酒屋や、夜の時間帯のマッサージ店、占いや相談なども含まれ幅が広いです。

昼に働く人は、夜に感情解放を求めて、需要と供給が成り立っています。

夜の仕事に縁がある人は、人が求める解放感や安らぎを提供できる素質がある人で、存在感があるだけでなく人を受け止めることができると言えます。

それは「他人事」だからこそできることで、仕事として割り切る能力を持ち、他人の心の解放を助ける素晴らしい仕事なのです!

掃除の仕事が向いている人・縁がある人

掃除の仕事が向いている人は、「キレイ好き」「小さな役割が全体のため」と理解している方です。

最近では、ルンバやお掃除ロボットが人気ですよね。

本来私たちは掃除が苦手で、猫の手も借りたいくらい誰かに掃除を依頼したがっています。

建物内だけでなく、公道や公園、駅、トイレなどは、必ず人の手によって掃除がされています。

世界的に見ても、日本はキレイ好きな国とされています。

綺麗であることが美徳ということもあり、掃除が得意な人は重宝されます。

また、掃除の仕事に縁がある人は「人のスペースの出入りを楽々とできる人」「フットワークが軽い人」「場所の移動を難なくできる人」です。

掃除は、空間を清浄化するだけでなく、そこに居る人の潜在意識をクリアにすることにも繋がりますので、掃除を仕事にする人は尊敬されるべきと言えるでしょう!

介護の仕事が向いている人・縁がある人

介護の仕事が向いている人は、「奉仕の心」や「直に触れること」を大切にする人です。

誰もが老いていき、誰かの力を借りなくてはなりません。

そんな時、家族や身内に代わって介護や支援をできる人は、奉仕の心や博愛精神によってその仕事を全うします。

「他人」であるからこそ、人に対して感情的にならず、優しく接し客観的な視点で相手に接することができます。

介護職の方は、直に利用者さんと関わり、日常の積み重ねを大切にし、細かな変化にも気づく達人と言えます。

介護の仕事に縁がある人は、家族や身近以外に優しさを与えられ、使命感を持っている人です。

あなたの優しさや慈しみは、誰かの身も心も温め、その人が人生を全うするために、大きな手助けになっていることは間違いありません!

スピリチュアル・ヒーリング・占いの仕事が向いている人・縁がある人

スピリチュアルやヒーリング・占いの仕事が向いている人は、「目に見えない力の理解」や「客観的な支え」を提供できる人です。

目に見えない世界は、宗教家や神職の専売特許ではありません。

宗教や固定概念から距離を置き、自然や宇宙の真理を読み解き、翻訳して人に伝え実感してもらうことは、忍耐と精神力が求められます。

一般的にこのような仕事は、真心や霊性が特に強い人が力を発揮するのですが、現実面やビジネス的な要素との両立が必要になります。

スピリチュアル・ヒーリング・占いの仕事に縁がある人は、幼い頃から目に見えない世界に関心があり実際に体感をした人です。

目に見えることが上手くいくためには、目に見えない働きがあるからこそ成り立ちます。

これらの仕事はまだまだマイナーであったり、陰口を言われることもありますが、十分すぎるほどに他者貢献や社会貢献しているのです!

在宅ワーク・フリーランスが向いている人・縁がある人

在宅ワークやフリーランスが向いている人は、「自立心」や「開拓心」が強く、既成の枠ではなく、自らに制限を課し、乗り越えようとする人です。

在宅で仕事をするからこそ、色んな誘惑と責任、他者との違いが生まれます。

現代ではインターネットが普及し会社勤めをしていない人も多くいます。

家に引きこもって沢山の仕事をしていることもあれば、人と会って共同で仕事をするなど自分の意志1つで色々な体験や挑戦ができます。

こういった変化のある働き方ができる人は、公私の区別があまりなく、オンとオフを瞬時に切り替えることが得意な場合が多いです。

在宅ワークやフリーランスに縁がある人は、自由を愛しながらも一匹狼で、人と対等に接することに生き甲斐を感じる人と言えるでしょう。

起業家・個人事業主・経営者が向いている人・縁がある人

起業家・個人事業主・経営者が向いている人は、「大きいエネルギー」や「人を先導する素質」を持つ人です。

自分自身の決定ですべてが決まり、人に役割を与え、お給料を自分と他人に与えるため、肝が据わっている必要があります。

また生まれながらにして、自意識が強く、我を通すことが周りの幸せになったり、良い影響力になることを知っている場合もあるでしょう。

リーダータイプの人や、組織作りが得意な人でありながら、自分の志や熱意を広めることを生き甲斐とし、自分のペースで働くことで大きな力を発揮します。

起業家・個人事業主・経営者に縁がある人は、他人の成長の手助けが得意な人、利益や豊かさを追求し、社会に豊かさと喜びを循環させることを喜びとする人です。

スピリチュアル的に正しい仕事を辞めるタイミングとは?

最後に、スピリチュアル的に正しい仕事を辞めるタイミングについてお話します。

” 正しい ” とは、あなたの魂や人生にとって「最善であること」という意味です。

あなたにとっての最善のタイミングは、3つあります。

  1. 状況的に求められる時
  2. あなた自身が変化を確信する時
  3. 人生のステージが変わる時

1と3の違いは似ていますが、1の場合は、あなたの環境や状況が変化する際に、あなたが働く場所を変えざるを得ない時です。

家庭や勤め先の状況によって、あなたの動きが封じられたり、または軌道修正が求められるといったことを指します。

3の場合は、あなたの人生が変わる時、誰かに導かれたり、あなた自身が目に見えない導きによって、働く環境を変えるようになります。

それは1のケースのような、「避けて通れない」という状況や感覚ではなく、もっと自然に、強烈に心が動く流れです。

2の場合は、あなたのエネルギーが仕事場と合わなくなったり、変化を求めたりする時など環境自体を変えようとする時に起こります。

それは精神的な欲求かもしれませんし、健康が一時的に不安定になることが要因で、働く場所を変える機会が与えられます。

大雑把な言い方をすれば、「人生に正しさは無い」ですし、細かく言えば「すべては魂の求める通り」となります。

正しい仕事の辞めるタイミングの3つの共通点は、最終的にあなた自身が変わることを「現実化する」ということです。

あなたが働き方を変えれば、環境も周りの人も適応していきます。

何事も最初は抵抗があり、周りの人もみんなそうです。

大事なことは、あなたが常にご自分と向き合い、身体と心のサインだけどなく、状況を冷静に受け止め、スピリチュアルな出来事を受け入れること。

あなたの魂は、あなた自身が実感し、経験を積み、成長・進化することをなによりも望んでいます。

あなたがより深くご自分を知り、世界を知ろうと素直になる時、あなたは多くの人と目に見えない存在からのサポートを得られるでしょう。

不安や衝動から仕事を辞めるのではなく、成長と進化のための希望を絶やさず、ご自分の中にある色々な可能性を探してくださいね!

まとめ

今回は、誰もが悩む仕事や転職について、スピリチュアルな観点で深く掘り下げ解説しました。

仕事は決してどこにでも転がっていたり、希望通りに行えるわけではありません。

世の中には色々な処世術や開運法、転職法などが語られていますが、究極を言えば「いかに深く内面を探る」ことが大切。

有名人や著名人の成功法則を聞いただけで実行しなければ、偉人の影響でさえも風のように去っていきます。

色んな情報や気づき、人との繋がりの影響を、ご自身の意思決定に取り入れ行動に落とし込むことが大事です。

あなたの仕事・働きは、必ず誰かのための貢献になります!

まずはあなたが内面と向き合い、知らない自分と出会い、そして新しい自分という未知の可能性を創っていきましょう。

今回の記事が、あなたの仕事に対する意識に波風を立て、この世界で輝ける場所を見つける火種になれば幸いです。

今回は非常に長くなりましたが、最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました