会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル意味とは?

悪い人ではないことはわかっているのだけれど、会うとなぜか嫌な気持ちになる。そういった相手が悩みの種になってしまうことがあります。

今回は、そんな会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル意味についてお届けします。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

人を嫌な気持ちにさせる人とは?特徴

人を嫌な気持ちにさせる人の特徴は、その人自身のエネルギーが枯渇して波動が下がっている状態だったり、クリアな波動を持っているために波動の低い相手には拒絶反応があらわれることです。

コントロールしたい気持ちが強い人

相手をコントロールする人は、人を嫌な気持ちにさせることがあります。そういった人は、強い欲求を隠して「あなたの為に」と言ってきます。

言われた側は、息苦しく感じたり、波動が重くなったり、その場の空気が冷えるような感覚を覚えたり、自分の自由を奪われたように感じます。

高い共感能力を持つエンパス

あなた自身が、相手の感情を読み取ることのできる高い共感能力の持ち主であるエンパスだったり、相手がエンパスだった場合は、近くにいるだけで不快に感じることがあります。

これは、普段表に出さないようにしている感情を共感能力で読み取られることを無意識に避けたいと思うため。

また、エンパスは、波動の低い人の側にいることはできません。エンパスのまわりにいる人は、その影響を受けて心身をクリアにすることができますが、波動の低い人は、この変化に拒絶反応を見せて距離をとろうとするからです。

こういった場合は、信頼できる良い人だと思われていても、周りから無視されることがあります。

これとは逆に、あなたが落ち込んでいる時には、まわりはそんなあなたに好感を抱くでしょう。

また再び、あなたの波動が上がる時には、低い波動に引きずりこもうとすることさえあります。こういった現象を揺り戻しと呼びます。

揺り戻しが起こった場合は、あなたの愛する人やこれまでの人間関係でさえ遠ざけてしまうこともありますが、その変化が運気の好転につながっていきます。

会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル意味

会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル意味は、波動を通して不快感を感じとったり、魂の修行のためには必要な相手であることです。

会うと嫌な気持ちになる人には、スピリチュアル的にどういった意味があるのか、詳しく見ていきましょう。

魂を成長させるのに必要な相手

会うと嫌な気持ちになる人は、魂を成長させるために必要な相手というスピリチュアル的な意味があります。

前世でやり残してきた課題を今世では乗り越えると設定しているために、会うと嫌な気持ちになる人から学ぶべきことがあります。その関係を通して、クリアすべき課題があるということにあなた自身で気づく必要があります。

ネガティブなエネルギーを発している相手

会うと嫌な気持ちになったり、第一印象があまりよくない相手はネガティブな波動やオーラを放っている場合があります。

嫌な感じがする相手は、後でやっぱり付き合わなくてよかったというような情報が届くことがあります。

エネルギー的な不快感を察知して、トラブルを回避しているので、嫌な感じのする相手には近寄らないようにしましょう。

ソウルグループが違っている

会うと嫌な気持ちになる人は、スピリチュアル的に、魂のグループが違っているという意味があります。

最初からどうしても生理的に受け付けない嫌な気持ちのする相手は、あなたにとって必要な人ではありません。無理に接することで、相手をイライラさせてしまうこともあります。

そんな場合は、適当に愛想笑いをしたり話を合わせて大人の対応で受け流すようにしましょう。

エナジーバンパイアの可能性

会うと嫌な気持ちになる人は、スピリチュアル的に、エナジーバンパイアの可能性があるという意味があります。

一緒にいることで疲れてしまったり、会うだけで憂鬱な気持ちになるなら、その人はあなたのエネルギーを奪っているのかもしれません。

エナジーバンパイアは、エネルギーや運気を吸い上げることで、自分自身のエネルギーを補充しています。相手は、自覚していないことが多いので、そんなときはなるべく関わらないようにすることをおすすめします。

会うと嫌な気持ちになる人がいるときの対処法

嫌な気持ちになる相手でも受け入れる

会うと嫌な気持ちになる人がいるときの対処法ですが、前世の課題をクリアするために必要な場合は、あなたが受け入れがたい相手の価値観や嫌な部分を受け入れる必要があります。

相手の嫌な部分は、あなたの姿が投影されたものです。実は、あなたも持っているもの。それに気づいて、認め、受け入れることで、相手との関係も改善していくでしょう。

占い師に相談する

会うと嫌な気持ちになる人がいるけれど、どうしてもその相手と顔を合わせる必要がある場合は、スピリチュアルに強い占い師の人にきいてみましょう。

出会いやめぐり合わせの意味を知ることができ、嫌な気持ちも薄れていくことでしょう。

まとめ

会うと嫌な気持ちになる人のスピリチュアル意味についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

人を嫌な気持ちにさせる人の特徴は、相手をコントロールする人。また、相手の感情を読み取る能力が高かったり、それを避けたいと思うために不快に感じることがあります。

スピリチュアル意味は、魂を成長させるために必要な相手であったり、ネガティブな波動の持ち主であることも。また、魂のグループが違うために起こっていたり、あなたのエネルギーを奪うエナジーバンパイアの可能性があります。

会うと嫌な気持ちになる人がいるときの対処法は、相手の受け入れがたい部分が自分にもあると受け入れること。

どうしても嫌な気持ちになってしまうなら、何も改善されないまま顔を合わせる日々が続くことは大きなストレスになります。その場合は無理に相手に関わるよりも、占い師に相談してみることをおすすめします。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました