神社歓迎のサイン!神様に呼ばれる瞬間10選

最近は御朱印集めがブームになり、神社を訪れる人は以前よりも増えました。そして神社によく参拝する方の間ではとても話題になっているのが「神様からの歓迎サイン」です。

神様からの歓迎サインはいろいろな形で送られてきます。
この記事では、神社や日常で感じる神様の歓迎のサインを様々ご紹介していきたいと思いますので、この先神社仏閣に行かれる際には気にかけてみてくださいね。

今まで知らなかったという人も、この先に神社に参拝に行くときには気づけるかもしれません。あなたも神様からのステキな歓迎のサインを受け取ってくださいね。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

1. 神社に行きたくなる・呼ばれている感覚がある

あなたは急に神社に行きたいなと感じたときはないですか?実は、それはあなたが神様に呼ばれているサインかもしれません。

自分は「神様に呼ばれているの!?」と驚かれるかもしれませんが、この呼ばれているような感覚を体験をされる方は多いようです。

そうなんです!感覚なんです。

私もよく行く大好きな神社があるのですが、ふとその神社のことが頭に浮かんできます。ふと「神様に会いに行こう」と思うのです。私はこれを神様に呼ばれていると思っています。

いざ、神社にお参りして鳥居をくぐり抜けたときに清々しいような、良い雰囲気を感じたことは、誰しもがあるのではないでしょうか。

あなたは神様に歓迎されてこの神社に参拝しに来たのだと、神様からの様々なメッセージから気づくことでしょう。

2. 風が吹く・紙垂が揺れる

「風が吹く」これは普段から神様からの歓迎のサインを受けている人からしたら、もうあるある体験なんだそうですよ。

参拝の度に風が吹いてきて、神様を近くに感じれるという人が多いようです。

私もこの風が吹くという感覚は分かる気がします。拝殿・本殿から突然に優しい風が頬を撫でていくような感覚です。とても清々しい気分になれます。

また、ご神木などが急にカサカサと揺れて風が吹く、紙垂(しで)が揺れるなども神様からの歓迎のサインです。

※紙垂(しで)は神社でしめ縄や玉串に垂れているZ形のような、稲妻のような形をした白い紙のことです。聖域を示す象徴のようです。

3. 禊の雨が降る

神社に行く前は降っていなかったのに、突然雨が降り出したなど経験したことはないですか?

または、神社仏閣についた途端に雨が降るというのは神様からの歓迎のサインなんです。雨が降るって歓迎されていないのではないかと思いがちですが、意外にも逆なんですね。

なんだか不思議な現象ですが、これは「禊(みそぎ)の雨」と言って浄化作用がある雨だと言われています。

神様があなたに近くにいますよ!歓迎しますよ!というサインを分かりやすく送ってくれているのですね。

4. 天候が変わる・雲間から光がさす

参拝するときや帰るときに、いきなり太陽の光が差すことがあります。これもまた神様が歓迎をしているサインであなたに「よく来たね」と歓迎してくれている証拠だと言えるでしょう。

このような神様からの歓迎のサインを感じる人も、とても多いようですね。こちらも神様歓迎サインのあるあるの1つと言えるのではないでしょうか。みなさんも意識してみてくださいね。

雲間から光が差す現象って、なんだかとても希望を感じられて、かなり神秘的でステキだと思いませんか?神様が喜んでいるサインだという人もいるようです。

5. 虹が掛かる・虹を見る

あなたは神社に参拝した際に虹を見たことはありませんか?実は虹は神様からの歓迎のサインなんです。虹は風水でも仏教でも縁起がいいものとされています。そんな虹を見れたときは、とてもラッキー!

地球の自然現象である虹は、見る人の心をとても癒しますよね?私もふと空を見て虹があると嬉しくてもうなかなか感動が止まりません。そんな地球からの恵を感じられる虹を見れるということは、実は偶然ではありません。

あなたがこの土地、神社に来てくれたことを神様が歓迎しているサインなのですから。あなたの願いを神様がサポートしますよ!という希望あふれるメッセージだと言えるでしょう。

もしも虹を見ることが出来たら神様に深く感謝してみましょう。あなたの願いが叶うようにサポートしてくれるはずです。

6. 天に昇る龍のような雲を見る

龍は私たちの目には見えませんが、いつも私たちの近くに居て守ってくれています。感じることはできるのです。

みなさんは「龍神」という言葉を聞いたことがありませんか?日本には古くから龍神伝説が各地で言い伝えられており、龍神様は自然の神様とされ私たちの地球を守ってくれています。

龍神様が近くにいるサインとして、曇の形を龍にして知らせてくれます。ふと空を見上げて「龍雲(りゅううん)」を見つけたら歓迎のサインだと思ってください。「龍神雲」とも言います。

私は今まで一度も龍神雲には遭遇したことがありません。神社に参拝した際には、なるべく空を見るようにしているのですが…。

いつかステキな龍神雲を見て感動したいですね。私の叶えたい夢の一つでもあります。

龍神様は自然神とも言われ、自然のエネルギーを操ることもできます。雨が降る、風が吹く、虹がかかるなどもすべてが歓迎のサインです。

ちなみにですが、数字の「8」をよく見るときも龍神様からのサインなんです。いいことがある前触れだと思ってください。

7. 彩雲を見る

なかなか珍しい現象なんですが「彩雲」とは太陽の近くを通過した曇が赤や、ピンク、緑色などに染められる現象です。彩る曇なので、彩雲と言われているようで、とても神秘的な曇ですね。

彩雲は昔から良いことが起きる前触れとされ、彩雲を見た人には幸運が訪れると言われています。仏教では特別なときによく見られるものとし、認識されているようです。「景曇」や「瑞曇」などとも言われています。これはぜひとも見てみたいですね!

スピリチュアル的に彩雲は「よく頑張っているね」や「そのままでいいですよ」などの肯定的メッセージなんだそうです。

あなたがふと空を見上げたときに、彩雲があれば良いことの前触れだと感じてくださいね。神様からの歓迎のサインを受け取ってください。

意識して空を見上げるのではなく、ふと空を見上げたときというのがポイントかもしれませんね。

8. 結婚式・御祈祷・神事に遭遇する

参拝中に結婚式などの神事に遭遇するのも偶然のようで、偶然ではないのです。「神様からの幸せのおすそ分け」と言われています。

この体験をされている方は意外にも多いようですね。私も以前に縁結びで有名な島根県の出雲大社に参拝した際に、結婚式が行われていました。また他の神社でしたが、七五三のお祝い事にも遭遇しました。他にもお宮参りなども神様からの歓迎のサインです。

神社ならば神主さんの祝詞(のりと)が聞こえてきて清々しいですよね。お寺ならば、お経が聞こえてきたり、護摩祈禱(ごまきとう)に遭遇したという人もいます。

これは神仏からのあなたへの計らいであり、神様からあなたに向けての歓迎のサインと言えるでしょう。

9. 葉が落ちてくる

神社仏閣にはたくさんの木々がありますよね?ご神木が揺れて風が吹く葉が落ちたり、花が落ちるという現象も実は歓迎のサインなんです。鳥の羽や、木の実のときもあるようです。

体験された人の中には突然に葉っぱが落ちだして何分間もの間続いたという人もいました。しかし、縁起がいいからと神社の葉っぱを持ち帰ることはおすすめできないと言われています。

その理由は、神社で厄落としされた方の厄は葉っぱなどに付くからだそう。

10. 神使を見る

神社で見かける狛犬や狐などの像は神使(しんし)と言われているようです。神様からのメッセージを伝える役割を担っていると言われています。

キツネ・ウシ・シカ・サル・ヘビなどは日本ではよく祀られているようで、神使としてはメジャーな存在のようです。驚くのは神使は全部で55種類もの生き物が神使としているということ!ちなみにですが、ムカデもカイコも神使なのだそうですよ。

神社仏閣にて動物に出会うのも実は、歓迎のサインなんですね。よく犬や猫や鳥などが、神様の化身として現れるようですね。

神社に参拝した際にはハトとの遭遇が一番多いのではないでしょうか?次に多いのが猫でした。猫は招き猫から分かるように縁起がいい動物とされています。猫は居心地のいい場所が感覚的に分かるんですね。神社に居る猫は神の遣いかもしれません。秘的な生き物である猫ですが、エジプトでは神様と言われていますからね。

なかなか遭遇できませんが、ヘビに遭遇するのも神様の歓迎のサインです。日本では古くから、ヘビは神様の遣いと言われていました。

またトカゲは世界中で「幸運の証」として有名で、シンボルマークとしても使わているようです。

これって縁起が良い?悪い?気になる神社で起こったこと

神社で転んだり滑ったりしたら、縁起が悪いと思いませんか?私も「これは歓迎されていないサインかな?」と思っていました。しかしながら、これには諸説あるようですのでご紹介いたしますね。

神社で転ぶ・滑る

神社で転んだり、滑るということは「厄落とし」だと考える人もいます。転んだことであなたの厄は落ちましたと、考えるようですね。また帰るのが早いと「神様が引き止めている」という説も。

日本では「災いを転じて福と成す」という言葉がありますからね。

神社で怪我をする

これも諸説あるようですが、あなたがもっと大きな怪我をするのを、神様が防いでくれたと考えることができます。この程度の怪我でよかったと、ポジティブにとらえましょうね。いつでも神様からのメッセージを感じてみてください。

神様に歓迎されたい!仲良くなるためにすべきこと4つ

神社での御朱印集めがブームになり、神社参拝者が増加傾向にありました。参拝の流れや、祈り方は意外に知らない人も多いのではないでしょうか?「開運や運気を上げるには祈り方がカギ」という本も出版され、話題になりました。

願いが叶う人は感謝2割、愛情8割でお祈りするそうです。

1. 部屋の掃除をしてから神社へ行く

神社で神聖な気を貰っても、帰ってごちゃごちゃの気充満する部屋に帰るのでは意味が無いですよね?神様は清潔な場所が大好きですから、できれば自分自身の身の回りもキレイに保ちましょう。

目には見えませんが神聖な氣を神様ほ好まれます。部屋を片付けてお香を焚いたりしたらその空間は浄化されるようですよ。神社へお参りするときには、部屋も自分も清めましょう。

2. お願いごとではなく日々の感謝を述べる

参拝の際には、神様へのお願いではなく感謝を伝えましょう。あなたなりの言葉で心を込めて神様に伝えることで、神様への祈りも深まるようですから。

例えばですが「本日はお参りさせていただきありがとうございます。○○がうまくいっているのは神様のおかげです」など感謝の気持ちを伝えてみてください。

3. 神聖な誓いによって成長を見守ってくださる

神様は頑張っている人や誠実で前向きな姿勢の人が大好きなんです。神聖な誓いができる人には、神様が優しく成長を見守ってくれると思います。自分自身の事ばかり願うのは不浄な願いと言われています。

彼氏ができますように、今の仕事がうまくいきますようになどもNGのようです。逆に清浄な願いはみんなのことを願うことなのだそうです。清浄な願いが見に付いたら、結果的には自分にいいことが跳ね返ってくるそうです。

4. 足繁く通うことが大切です

神社に参拝する頻度としては、誰もが実行しやすい、1ヶ月に1回のお参りがおすすめのようです。

もちろん、自分なりのペースでお参りされたらいいと思います。神社参りは継続することによって、価値があるようですからね。継続することであなたの感性が研ぎ澄まされ、大きなご神徳が得られるかもしれません。

また、旅行や観光のついでに参拝するとか、お金が欲しいからが参拝の理由などの欲をかいてはダメです。これは不浄な願いと言われています…。

まとめ

今回ご紹介しましたのは、神社を参拝した際の、神様からの歓迎のサインです。いかがでしたでしょうか?神様はいつも私たちの近くにいらっしゃいます。あなたを歓迎したいときには、気づいてもらえるようにサインを送ってくださいます。

神様からの歓迎のサインとは知らずに体験されていたという方も多くいるのではないでしょうか?今回ご紹介しました歓迎のサインを頭に入れておかれて、次に神社を参拝されたときに体感されてみてはいかがでしょう?

また神社にお参りする習慣をつけることで、神様からの歓迎サインを感じ取れやすくなるのではないかと思います。日々、神社にお参りし神様に近づくことで神様からの歓迎サインは確実に感じれるはずです。

神様の出す周波数とは全く違うという人には…残念ながら全くサインは感じられないようです。神様は前向きな姿勢の人が大好きですからいつでも神様に応援してもらえる人になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました