【現役の神職が教える】守護神とは?自分の守護神を知る方法!無料診断

みなさんは守護神ってご存知でしょうか?また自分には守護神はついているのか?またそれはどうやったら分かるのでしょうか?

もちろんですが、誰もが必ず守護神がついているわけではないようです。守護神に守られている人とは,次元の違う変性意識や脳の覚醒、宇宙意識に入ることができなければ一生体験できないという説もありますが…

今回ご紹介しますのは、守護神とは何か?また自分の守護神を知る方法などをいろいろご紹介していきたいと思います。また守護神に守られるにはどうすればいいのかなどもご紹介したいと思います。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

守護守護神とは

守護神とは詳しく言うと何なのでしょうか?守護神とはあなたを守護し、安全と繫栄をもたらしてくれる守り神のことなんです。いつでもあなたを、災難から防いでくれ、ご加護してくれるありがたい神様なんですね。

しかしながら、守護神が誰にでもついてご加護してくれるのかというと、それは違うようですね。強い信仰心を持っていて特定の神様を熱心に信仰している場合に、その神様が守護神となることがあるようですから。龍神などは普段から私たちの近くに居るのですが、波動が違い過ぎてその存在を感じれないのだと思います。

つまりは…守護神のサポートが欲しいならば、宇宙レベルの高い波動(エネルギー)が出せる人でなければならないようですね。守護神は高次元の存在ですから。自分自身のレベルも上げないといけないと思います。何に対してもやる気もないし、信仰もしたくないし、いつもネガティブなエネルギーな人は…ご加護してくれる守護神は居ないかもしれませんね。

守護神は強力なサポートであなたを守ってくれますし、メッセージも送ってくれます。

守護神と守護霊の違い

守護霊は自分自身の先祖様であることが多いですね。守護霊は誰にでも必ずついているよ言われています。守護霊も自分を守ってくれる存在ですが…守護神との違いとはどんなものがあるのでしょうか?守護神と守護霊では距離感が全く違うようですね。

守護霊は自分自身のご先祖様であることが多いので、距離はとても近いようです。しかし、守護神は神様なのですぐ近くにいるわけではないようです。

というのも守護神はとても高次元に存在していて、そのエネルギーの強さもかなり強力で、私たちの住む世界とはもはや別レベルです。遠くに居ながらも強力なエネルギーで守ってくれています。

そんな守護神のご加護を得るためには、まずは強い信仰心を持って熱心にお願いをする必要があると思います。

守護神がついている人とは

それでは、守護神がついている人とはどんな特徴があるのでしょうか?ご紹介していきたいと思います。

まず、守護神は誰にでもついてはくれません。守護神がどんな人にご加護をしてくれるのかズバリ言うと、前向きな姿勢で使命を持って頑張る人、徳を積んでいる人です。徳を積んだ人というのは自然に波動(エネルギー)高くなっていきます。

そして守護神がご加護している人は迷いが無くなり、その生き方も素晴らし人が多いようです。龍神のご加護があったと言われている松下幸之助さんのような経営者などが多いようですね。人のために動けるような真面目で真っ直ぐなタイプの人間が、守護神のご加護が受けれるのだと思います。

では徳を積むにはどうすればいいのでしょう?また徳を積んだらどんな効果があるのでしょうか?

まずは誰でも出来そうなことからご紹介していきますと、掃除をすることです。掃除をするということは実はとても良いことなんです。自分の部屋、家族で過ごす部屋をきれいに掃除するという行為は徳を積むということなんです。特に誰もが掃除を嫌がる傾向にある、トイレ掃除は徳を積めるそうなんです。

掃除ならば、毎日できるのではないでしょうか?

また寄付や募金をしたり、お寺や神社にお布施することも、徳を積むことのようです。他にも毎日笑顔で過ごすことや、人の幸せを祈ることや敬うこと、喜ぶことをすることも徳を積むことなんですね。自分中心にならないこと、利己的じゃない生き方が徳を積むことなのでしょう。しかしながら、徳を積むというのは簡単にできることではなさそうな気がします。

これらのことをいつでも、自然とできる人間になりたいですね。

主な守護神・守護仏の種類・一覧

ここでは、主な守護神と守護仏をご紹介していきたいと思います。龍神や不動明王、天照大御神などいろいろとご紹介していきますね。

鳳凰

古くから鳳凰は悪い龍を食べて退治する聖なる鳥と考えられていたようです。鳳凰は他の神獣よりも、高次元の存在だと考えられています。一説には龍が成長して、脱皮をして鳳凰に変わるという説もあります。

龍・龍神

龍神は古来から強力なエネルギーで、私たちの住む地球を守ってくれていると言われています。熱心に信仰する、いつも努力を惜しまないような前向きな姿勢の人が龍神は大好きなようです。そんな人には龍神はご加護をしてくれます。そして守護神となりいつでもあなたをサポートしてくれます。

「経営の神様」と言われた松下幸之助さんは龍神を熱心に信仰されていました。松下幸之助さんの守護神は龍神だと言われていました。会社経営者で龍神を信仰されている方は多いようです。

天照大御神

天照大御神(あまてらすおおのかみ)は、八百万(やおよろず)の神々の中で最高位に位置しているのかが天照大御神と言われています。天照大御神は太陽を司る女神なんですね。イザナギの左目から生まれたと言われています。

不動明王

不動明王の語源は「動かない守護神」を意味しているようです。不動明王は大日如来の化身というのはもう有名な説ではないでしょうか?悩めるすべての人々の障害を打ち砕き、煩悩を焼き尽くすほどの強力なエネルギーを不動明王はお持ちなのです。

どんなに悪人でも正しい仏の道に導くという心の表れが、不動明王の今のお姿のようですね。あの怒りに溢れたお顔はすべての煩悩と戦う決意を表しているのだと言われています。

阿弥陀如来

阿弥陀如来(あみだにょらい)は、限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされています。西方の極楽浄土の主と言われています。

毘沙門天

毘沙門天(びしゃもんてん)は戦いをつかさどる「武神」として有名のようですね。古代ヒンドゥー教では金運と福徳の神様として信仰されていました。

大日如来

大日如来(だいにちにょらい)は密教では、宇宙の真理を表し宇宙そのものを示しているようです。またすべての命あるものは大日如来から生まれたとされています。釈迦如来(しゃかにょらい)も含めて他の仏は大日如来の化身と考えられています。

スセリビメ

スセリ姫(すせりびめ)は大国主(おおくにぬし)の妻であり、スサノオとクシナダヒメ娘であり、恋愛の女神様なんです。

七福神

七福神(しちふくじん)は福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神です。大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿店天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の七つの神様がいます。

八百万の神

日本では八百万の神々がいると信じられていて、私たちが安全に日々過ごせるのは、神様が家に宿り見守っていてくれているからとされています。神様は掃除の行き届いた居心地がいい清潔な家が大好きなんです。神様に守られる家を目指しましょう。

そして、神道では数多くの神々の存在を総称して八百万の神と言われています。八百万は実際の数ではなく、それだけ神様の人数が多いということを表しているようです。また日本各地の八百万の神々が、旧暦の10月に出雲地方に集まると言われていますね。出雲地方は神無月(かんなづき)ではなく、神在月(かみありづき)と言われています。

地蔵菩薩

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)は、仏教の信仰対象である菩薩で、日本ではお地蔵様として私たちにはとても馴染み深い菩薩様ですよね。

サルタヒコノミコト

導きの神、ひらめきの神と言われて人々の安全を守る神様と言われています。猿田彦命(サルタヒコノミコト)のその姿は、長い鼻がまるで天狗のようだと言われていて、謎の多い神様と言われているようです。

スサノオノミコト

須佐之男命(スサノオノミコト)と言えば、あの出雲神話の中に出てくる神様であり、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治で有名な神様です。悪い八岐大蛇を退治して、その時に助けたクシナダヒメと結婚しました。

とても有名な話ですがスピリチュアリストの江原啓之さんはスサノオノミコトが守護神なんだそうです。スサノオノミコトが祀られている、島根県にある、須佐神社に江原啓之さん本人が来られて、「現代に残る聖地」だと、凄いパワーのある神社だと語られていました。

守護神と守護仏の違い

では守護神と守護仏の違いはどのようなものがあるのでしょうか?まずみなさん言われているのは守護神は厳しく見守ってくれているということ。いうならば、私たちに向けられている「想い」の違いがあるようです。守護仏はいつでも穏やかな優しいエネルギーで私たちを守ってくれているという声が多いようです。

また守り本尊と言って、私たちが生まれた干支で守護している仏様が定まっているようです。開運厄除けなどの守り本尊として親しまれていたようです。これは真言密教の思想の一つと言われ、自分自身の守護仏を知ってお参りし、ご加護を受けれるようになるようにです。

もちろんですが、自分がご加護を受けたい時はきちんとした信仰心が必要だと思います。

虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)…ウシ・トラ年生まれ

宇宙のような広大な知恵と慈悲の心を持つと言われている菩薩様です。特に知恵や知識などのご利益をもたらしてくれるそうです。

普賢菩薩

普賢菩薩(ふげんぼさつ)…タツ・ミ年生まれ

不快慈悲の心と理知を持ち、人々を救ってくれる賢者の菩薩様と言われています。

大日如来

大日如来(だいにちにょらい)…ヒツジ・サル年生まれ

宇宙の根源を司る仏様と言われています。この世のすべてを照らして癒しと繫栄を与えてくれると言われています。

阿弥陀如来

阿弥陀如来(あみだにょらい)…イヌ・イノシシ生まれ

無限の光と寿命を持つ仏様と言われています。極楽浄土の主で、人々をあらゆる災難から救ってくれます。

文殊菩薩

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)…ウサギ年生まれ

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざで有名な知恵や学問を司る菩薩様と言われています。お釈迦様の重要な弟子で普賢菩薩と共に脇侍をつとめています。

勢至菩薩

勢至菩薩(せいしぼさつ)…ウマ年生まれ

智慧の光で世の中を照らして、人々を苦しみと迷いから救いだしてくれると言われています。

不動明王

不動明王(ふどうみょうおう)…トリ年生まれ

大日如来の化身と言われ、力強いパワーを持つとされる不動明王。邪悪な心を断ち切り、悩める人々を煩悩から救ってくれます。怒りの表情は邪悪な心と戦うためと言われています。

千手観音

千手観音(せんじゅかんのん)…ネズミ年生まれ

千本の手を持つ観音様と言われ、手のひら一つ一つに目がついていて、千の手と目で私たちを煩悩から救ってくれると言われています。

自分の守護神を知る方法

また自分の守護神について知りたいならば、プロに依頼するのが一番ではないでしょうか?占いサイトでは様々な占いや診断ができます。自分の守護神を知るなら診断してもらうのがおすすめです。

占いサイトでは守護神が告げる宿命~あなたの本来の力と今背負っているものなどが、鑑定によって分かるようです。

他にも守護神が告げるあなたの持つ可能性などが分かる鑑定など、守護獣占い、マヤ歴守護神占い、インド守護神占いなど様々な占いがあります。

まとめ

今回は守護神についていろいろご紹介してみました。守護神についての様々な情報いかがでしたでしょうか?

守護神はいつもポジティブシンキングで前向きな姿勢の人が大好きです。そして守護した人が学び成長してくれるのを見守るのが守護神の楽しみであり、役目のようです。

守護神は高次元な存在であり、普段私たちの目には見える存在ではありません。波動が高く、宇宙エネルギーと繋がれるような人になれないとご加護してもらえません。守護神とつながることは圧倒的な高次元の体感と言えます。

またよく守護霊と混同されますが、守護霊と守護神では霊格がかなり違います。守護神は何度も生まれ変わって進化していき、神格を持っていますからね。守護神のご加護を受けた人はその生き方に強い信念が生まれるようです。生き方に迷いがなくなるからのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました