縁がある人のスピリチュアルな意味!特徴や見分け方・縁の結び方を解説

よく「いいご縁があって結婚したの」や「あの人とはご縁がなかったの」と、人との繋がりを”縁”という言葉で表現しますよね。

その縁という言葉ですが、そもそもどのような状態を縁と言うのでしょうか。

そして、縁とはスピリチュアル的にはどのように関係しているのか気になってしまいますよね。

今回は、そんな縁とスピリチュアルについてご紹介します。

また、縁がある人・縁がない人の見分け方や切れてしまった縁を結び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

執筆者

心理カウンセラー。他にも日本化粧品検定3級・NLPなど。主に恋愛・美容・占い・心理学・メンタル系・現在勤務していることもありナイトワークなどのライティングが得意です。

柳瀬 蓮をフォローする

縁がある人とは?

縁がある人というのは、あなたの魂を成長させてくれる人のことを指します。

あなたにとって起きたことが良い経験・悪い経験だとしても、その経験を一緒にしたすべての人が出会うことが必然だった縁がある人ということなのです。

出会う人すべては関わりの度合いの大きさがあったとしても、魂の成長に協力してくれる人です。

深い縁を感じていても、精神的に向上するか低下してしまうとその縁は不思議と感じなくなってしまいます。

ですが、ご縁がある人というのはそのときあなたと同じ精神や魂の段階にいる人のことなので、同じ精神や魂の段階にいるとお互いに魂の共鳴・高め合うことができるのです。

また神や宇宙の法則など、人間の意志を超えた力による結びつきで運命や宿命といった力で決められた縁でもあるので、運命的な関係やそれを感じさせる状態を指すことができます。

ですので、同じ価値観の共有ができるのです。

縁があるある人のスピリチュアル的な意味

私たちの魂にとってはじめての縁というものはこの世界、宇宙を創造した絶対的存在、私たちの魂の創造主(神様)との繋がりのことです。

そして次に繋がりの強い縁は、私たちの魂の系譜の繋がりにあたります。

人間にも家系図や系譜があるように、私たちの魂にも系譜があり、同時期に近しい存在として創造された魂とは縁の結びつきが強いのです。

魂の系譜によって集団で行動したり、輪廻転生と繰り返す魂はソウルメイトなどと呼ばれています。

創造主(神様)との結びつきや同じ魂の系譜は、神話時代からの結びつきと言っても過言ではありません。

私たちの魂がこの物質世界に降下して、肉体を持つ過程で私たちの魂は、この物資世界の二元性質に従って男性と女性の2つの性質の魂に分かれました。

そうして2つの性質に分かれたことで、お互いが半身になったこの状態の2つの魂をツインソウルと言います。

また、あなたにとって家族や恋人になるほど近しい存在はソウルメイト・ツインソウルなど、いにしえの時代からの縁により結ばれている可能性が高いのです。

縁がある人の特徴5選

初めて会った気がしない

縁がある人とは、初対面でもはじめて会った気がしません。

反対に長年ずっと一緒にいたような感覚になるのです。

このような感覚を持ったとき2人は魂で繋がっており、前世で出会っていた可能性があります。

お互いが前世で出会ったことがなくても、ご先祖様同士が知り合いということもあるでしょう。

また、初対面でも懐しさを感じることも縁があると言えます。

その相手が男性であるのならば、運命の相手の可能性が高いです。

どちらにも当てはまりますが、初対面の相手ならば緊張して上手く会話ができない・なかなか心を許せない・探りながら会話しているということがあるでしょう。

ですが、縁があるということは初対面からすでに心を許せる・すぐに仲良くなるといった、相手の懐に踏み込んだ話ができるので、このような相手だった場合は縁があると受け取って大丈夫です。

会話がなくても落ち着く

魂から繋がっているので、長年一緒にいるような感覚になります。

一緒にいると自然体で過ごせて、お互いに気を遣うことがありません。

初対面でも「この人といるのは楽かも」と感じるのでしたら、その相手とは縁があるという人になります。

また、同じ空間にいて2人がまったく違うことをしていても苦痛を感じないことがあるのです。

お互いが一緒にいることに意味を感じているので、会話をしなくてもあまり気になりません。

好きで付き合っても気を遣ってしまうことや、会話をしていないと落ち着かないということがあるので、このような状態は縁があると言っていいでしょう。

考えがなんとなくわかる

人というものは、どうしても言葉を交わさなければコミュニケーションを取ることが難しいのです。

ですが、相手が縁がある人であれば言葉がなくてもコミュニケーションを取ることができます。

お互いがテレパシーで繋がっているという感覚があるのです。

2人がまったく違うタイプに見えても芯の部分は同じ考えなので、理解することができます。

ですので、なにも言わなくても気持ちを察してくれるのであれば、相手は縁のある人で間違いないでしょう。

あなたが思った通りに相手が動くのであれば、あなたはそれだけで相手の気持ちが読めている証拠です。

タイミングが合う

なにか行動を起こそうとすると、相手も同じことをするといったシンクロニシティが発生します。

同じタイミングで立ち上がったり、同じタイミングで同じ場所に訪れるといったことが起こるのです。

連絡しようと思ったタイミングで、相手から連絡が来るといったこともシンクロニシティの発生を意味します。

これはお互いに気持ちを送っていることが原因で起こっているのです。

ですので、相手の気持ちを感じると自然と相手のことを思い出して連絡を取りたくなってしまいます。

また、人生の分岐点も同じになることが多いでしょう。

例えば片方が会社を辞めていたら、もう片方も会社を辞めていたということも起こります。

価値観が合う

好きな食べ物や嫌いな食べ物、趣味や休日の過ごし方。

縁がある人とは、価値観が似ているところが多くあるので、自然と親近感が湧いて相手との距離感が縮まります。

価値観だけではなく家族構成や出身地など、お互いが育った環境も似ていることが多く、自分では気づいていなくても縁がある相手とは顔立ちや雰囲気までもそっくりな場合もあるのです。

ですので、知人・友人といった周囲の人たちに「2人共なんか似ているね!」なんて言われたら、縁があると信じていいでしょう。

縁がない人の特徴3選

一緒にいても落ち着かない

一緒に過ごしていても落ち着かないということは、縁がないということでしょう。

相手と同じ時間を共有して人は関係を築いていきます。

ですが、同じ時間を過ごしていてあなたが嫌な気分になってしまうことや、2人が纏う空気に嫌な感じがした・相手の言動に終始苛ついてしまうといったことになってしまうのでしたら、それはあなたが相手にあっていないことになるのです。

まとめて、縁がないと言っていいでしょう。

またこの違和感に我慢をして関係を良くしようと、努力することを考えますよね。

そうした我慢もあなたのエネルギーには悪く、気持ちだけではなく体調面でも影響を受けてしまうので、気分が悪い・居心地が悪いと感じるのであれば完全に相性が合ってないので離れることを考えましょう。

共感ができない

縁がない人とは、会話の中で大きくすれ違ってしまいます。

相手が発言したことにまったく共感ができずに、言い争ってしまい大きな喧嘩に発展してしまう可能性も少なくはありません。

縁がない人とは価値観がガラッと違って来るので、相手の考えにはなかなか納得ができないでしょう。

何度も理解しようと話し合いをしても、許せないことが蓄積してしまい会うたびに不満が溜まる一方でしたら縁がないということです。

縁があると意見が違ってしまってもお互いを高め合えることができるので、逆に縁がないというならば相手にとってもマイナスでしかなく苦痛を伴ってしまいます。

考えていることがわからない

何度も何度も話しても、なにを考えているのかわからないということがあります。

そのようなときは、縁がないという証拠でしょう。

頑張って理解しようと、なにかアクションを起こしたりしてしまいますが、無理して理解することもありません。

縁がない相手だと、長年一緒に過ごしたとしても理解できる可能性はごく僅か。

そのような相手と同じ時間を過ごしていても、考えていることがわからないので常に不安を抱いて過ごすことになってしまいます。

縁がある相手だと一緒に時間の共有をすれば理解ができますが、縁がない相手だとそれが難しいのです。

魂で合わないと感じてしまっています。

妥協して一緒にいてもいずれ綻びが現れて離れてしまうので、自分で気づいたら早めに離れる方がいいでしょう。

本当に縁があるのか見極め方

初対面でも懐しさを感じた

一番のポイントは、初対面でも懐しさを感じるかどうか。

縁があるということは、魂の繋がりでもあります。

ですので、初対面でも以前に出会ったような、なにかを感じることがあるのでしたら縁があるかもしれないと思っていいでしょう。

また、その相手が男性でしたらあなたの運命の相手の可能性があります。

あなたからアクションを起こしてみて、すぐに仲良くなれた・心を許せる・踏み込んだ話をしてくれるような相手でしたら、縁があると信じてみましょう。

居心地がよく落ち着ける

居心地よく相手の隣で落ち着けることは、大切なポイントでしょう。

友人相手でもそうですが、居心地が悪く一緒に過ごしていてもソワソワしてしまい時間が苦痛に感じてしまいます。

そうなってしまうと「もう会いたくないなあ」「きっと合っていないんだろうな」と感じてしまいますよね。

ですので、相手のそばにいて落ち着くことができるというのは、波長・エネルギーがあっているということです。

まとめ

今回は縁がある人のスピリチュアルな意味についてご紹介しました。

縁には、良い縁と悪い縁があります。

悪い縁だと言い、起こるすべてのことがあなたにとってマイナスなことだとは限りません。

良いできごとも、悪いできごともあなたにとって必要だったから起こってしまったのです。

人は悪い縁だと思ってしまうと、自分に悪いことが起こる前にどうしても切ってしまいますよね。

ですが、その悪い縁もあなたの魂の成長を手助けしてくれると知ったら悪い縁も少し嫌な気持ちが薄れるでしょう。

また、あなたの行動次第で悪いと思っていた縁が変化するときが訪れることがあります。

あなたの行動次第で変わるのでしたら、その悪い縁も良い縁に変えたいですよね。

悪いからとすぐに縁を切ってしまうことをする前に、その悪い縁を良い縁に変えることを行動に移してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました