生涯独身のスピリチュアル意味と使命

早く結婚したほうがいいよ、なぜ結婚しないの?と、普段から周囲の人たちにいろいろといわれて疲れてしまっているという人もいるのではないでしょうか?
特に女性の場合は、結婚と幸せを結びつけて考える傾向もあるかと思われます。
ですが、生涯独身の人には、スピリチュアル的な観点で使命があるといわれています。
その使命とは一体何なのでしょうか?
今回は、生涯独身のスピリチュアルな意味や使命、生涯独身を貫いた偉人などについて、分かりやすく紹介していきたいと思います。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

生涯独身にネガティブなイメージを持つ人は多い

結婚だけが幸せであるとはいえませんが、配偶者を持つ人から見た場合、生涯独身である人に対してネガティブなイメージを持つ人は多いといわれています。
周囲の人たちからネガティブなイメージを持たれてしまう人は、どのような特徴を持っているのか、この項目で紹介したいと思います。

ネガティブである

ネガティブ思考な人は、結婚は無理と自分で勝手に思い込んでしまう傾向にあるといわれています。結婚していないという状況だけで判断せずに、ネガティブな考えを改めていく必要があります。
ネガティブ思考は、負のオーラを引き寄せやすくなるため、周囲の人たちが近づかなくなるという悪循環を起こしてしまう可能性があるといわれています。

性格がきつい

生涯独身を貫く人の中には、頭が良くて仕事を完璧にこなすがゆえに、自分より仕事が出来ない人たちに対して強くあたってしまうなど性格がきついという特徴があります。
人が出来ないことや間違えたことが理解できない傾向にあり、指摘する言葉もきついため、特に男性はプライドを折られるとされています。

また、結婚願望が強い独身女性の中には、結婚している人に対して、あからさまな態度をとるという特徴もあります。
自分が結婚していないという嫉妬心から、既婚者にきつく当たってしまうことが多いといわれていますが、自分の性格のきつさを自覚していないため、きつい言動を繰り返して周囲の人たちから距離を置かれてしまう場合もあります。

理想が高い

独身女性が結婚を望む場合、相手は高収入で高学歴な人が良いと思うのは本音かと思われますが、そこに、見た目や性格だけではなく、長男は無理など家族構成にも譲れない理想を持っている場合もあります。
妥協をする必要はありませんが、交際が始まる前からあまりにも結婚相手に対して求める理想が高すぎると、婚期を逃がしてしまう場合もありますし、周囲の人たちからも、理想が高いから独身なのかな?と思われてしまうこともあります。

子供が嫌いである

自分の気持ちをコントロールできないという性格の人は、子供が嫌いという特徴があります。
街なかや電車内で見かける子供たちに、あからさまに嫌な顔をしたり態度に表わす人は、周囲の人たちから感じが悪いと思われてしまう傾向にあります。
子供が苦手であっても、それを表情や態度に出さないようにすることも大切です。

自立することが難しい

実家暮らしで親に甘えている人は、結婚から遠のいてしまう傾向にあります。
仕事が忙しいからなど環境のせいにして、家事ができない、家賃や光熱費、食費など生活費の計算ができないという人は、親に甘えることから離れる必要があります。
周囲の人たちからも、いつまでも親の世話になっている自立ができない人と思われてしまう場合もあります。

生涯独身を貫いた偉人は多い【天才学者・発明家など】

スピリチュアルの世界においては、結婚して子孫を残すことだけがすべてではないといわれており、別の使命があるという意味もあります。
2000年代以降に生涯独身を選ぶ人たちが急増したというデータがありますが、それよりも前の時代から、生涯独身を貫いた偉人は多いといわれています。
この項目では、生涯独身を貫いた偉人の中でも、多くの人たちが名前を聞いたことがある人物を紹介したいと思います。

天才学者、発明家も独身者が多い

1903年に世界初の有人飛行に成功した偉人であるライト兄弟は、5人兄弟の3男ウィルバー・ライトと4男オーヴィル・ライトがライト兄弟と呼ばれており、兄2人、妹が1人いますが、兄弟全員が生涯独身でした。
妹のキャサリン・ライトはライト兄弟のサポートをしていたといわれていますので、兄弟の仲が良好であったことも、飛行機の開発をしていく上でプラスに働いた可能性が高いとされています。
また、ライト兄弟は、飛行機と女性は両立しないと発言していたともいわれていますが、
親や兄弟など家族の仲が非常に良好な場合には、恋愛や結婚をしなくても、家族の中で承認欲求が満たされる傾向にありますので、ライト兄弟の場合はこの例にあたるとされています。

ニュートン

木から落ちるリンゴを見て万有引力の法則を見いだしたアイザック・ニュートンは、性にまつわる記録すらないとされている生涯独身を貫いた偉人です。
ニュートンは、幼少時代に両親から離されて家族の愛情を知らずに育ったため、普通の人以上に研究熱心だったといわれています。
ただ、グラマースクール時代の下宿先の家の養女と婚約をし、結婚には至りませんでしたが、生涯通して親友のような付き合いはありました。

ニーチェ・カントなどの哲学者も独身

ニーチェ

ニーチェは友人のパウル・レーと共にローマに旅行したときに出会った、ルー・サロメという女性に、一番最初に「永遠回帰」の思想の構想を話したといわれています。
ニーチェはルーにプロポーズして断られたため、その後の、ルーとパウルと共に撮影した三位一体という写真の中のニーチェは、失恋の虚しさを感じさせるように写っているとされています。
ニーチェは、結婚なんてバカバカしい。過去の偉大な哲学者はみんな結婚なんてしていなかったという明言を残し、この失恋をバネに名著「ツァラトゥストラはこう言った」を書きました。
この哲学書は、今までの哲学史を塗り替えるほどの傑作となりましたので、結婚の代わりに得たものは大きかったと伝えられています。

カント

カントは、46歳のときにケーニヒスベルク大学の教授になり、翌年に「純粋理性批判」の構想を思いつき、西洋哲学を変えた名著となった「純粋理性批判」を書き終えたのが、10年後の57歳のときだったため、仕事に追われて恋愛をする暇がなかったといわれています。
生涯独身を貫いたカントの生活は非常に規則正しく、時間も正確だったため、人々はカントの姿を見て時計の針を直したと伝えられています。

ナイチンゲールは29歳のときに生涯独身を決意し社会に貢献

歴史上一番有名な看護師であり、看護の専門家や統計学者として活躍したフローレンス・ナイチンゲールも生涯独身を貫いた偉人です。
ロシアとイギリスのクリミア戦争のときに野戦病院があったトルコで、30代の頃に従軍看護師として活動したことは有名であり、その後も従軍看護婦としての経験を活かして、病院看護や看護教育の整備に力を注ぎました。
ナイチンゲールは29歳のときに、看護の道を生涯全うするという生き方を神からの啓示と受け止め、家族の反対を説得したりプロポーズを断ってまで、看護法や病院環境の改善など社会に貢献しました。

本当に大切なのは結婚しているかではなく後世に何を残したか

ルネサンス三大巨匠であるレオナルド・ダ・ヴィンチの代表作には世界一有名な絵画である「モナリザ」のほか「最後の晩餐」や「受胎告知」などがあります。
ダ・ヴィンチも生涯独身で「画家は孤独でなければならない。なぜなら、1人なら完全に自分自身になることができるからだ。たった1人の道連れでもいれば、半分しか自分ではなくなる」という名言を残しています。

ラグジュアリーブランド・シャネルの創設者ココ・シャネルは、87歳で逝去するまでに何人もの恋人がいたといわれていますが、最も有名な相手は、6年間交際していたイギリス国内で1番の大富豪である第二代ウェストミンスター公爵です。
プロポーズされたココ・シャネルは「ウェストミンスター公爵夫人はこれまで何人もいましたが、ココ・シャネルは一人しかいません」と断っています。

紹介した偉人たちのように、失恋をバネにして成功を収めたり、独自の価値観で生涯独身を貫くことにより、後世に引き継がれるようなものを残す生き方をされた方たちもいます。
偉人のような生き方をすることは難しいですが、仕事でも趣味でも熱心に打ち込めるものがあると心が充実し、人生の満足度も高まるといわれていますので、自分の人生の中で幸せを追求してみるのも良いのではないでしょうか?

生涯独身のスピリチュアル意味

生涯独身が自分に合っていると感じる人もいれば、結婚したい気持ちがあるのに独身だという人もいるかと思われます。
この項目では、何故、生涯独身なのかということについて、スピリチュアルな意味を紹介していきたいと思います。

結婚という課題・カルマがすでに終了している

過去世や前世で結婚の課題やカルマをすでに終了している人は、現世では生涯独身となる可能性があるというスピリチュアルな意味があります
友達や職場の同僚など周囲の人たちが結婚してしまい、自分だけが独身という状態になった場合は、取り残されたと感じることもあるかと思われます。
ですが、結婚という課題やカルマがすでに終了しているということは、周囲の人たちよりも先のステップに進んでいることをスピリチュアル的には示していますので、自分に自信を持って、今するべきことに目を向けていくことが良いとされています。

魂レベル・霊格が高い状態にある

独身貴族とは、女性の社会進出の増加と共に発生した言葉で、稼いだお金も時間も全て自分のために使えるなど、独身生活を謳歌している人たちのことを示しています。
生涯独身の人の魂レベル・霊格が高い状態であるのは、結婚で経験するはずの魂の修行をする必要がないというのも理由の1つにあげられています。
魂レベル・霊格を上げるためには、他の人たちとの関わりが重要といわれていますが、必ずしも結婚相手ということではなく、家族や友達、職場の同僚などとの関わりの中でも修行はできるとされています。
また、魂レベル・霊格が高い人は、更なる高みを目指すという特徴を持っていますので、人間関係や仕事などで起こるさまざまな困難や苦労を乗り越え成功を収めると共に、魂を磨き成長させることができるといわれています。

守護霊が警告している

結婚したくなくなるような問題が起きたときに、生涯独身でいようと決心させられる場合があります。
これは、結婚をさせないようにするために、前もってそのような問題が用意されたというスピリチュアルな意味があります
理由としては、結婚をした後に大変なトラブルに巻き込まれる、その相手と結婚しなければソウルメイトに出会いやすくなるなど、守護霊が警告していることもあるとされています。

結婚しない人・パートナーがいない人の魂の状態○つ

この項目では、結婚しない人・パートナーがいない人の魂の状態を紹介したいと思います。


自分の使命に気がつく必要がある

自分の使命に気がついていて行動ができている人は、生きがいを得られると共に魂レベルや波動が高まり幸運を引き寄せやすくなるため、生涯独身でも幸せな人生を送ることができるといわれています。
魂レベルが次の段階に進んでいますというスピリチュアルな意味もありますので、自分が心の底から喜びを感じることをヒントにして、知識や視野を広げたり、周囲の人たちとの縁を大切に誠実に付き合っていくと、自分の使命に気がつけるようになるといわれています。

ポジティブ思考になれば運気が変わる


基本的にポジティブ思考な人は余計な心配をしない傾向にあり、今目の前にあるものに対して集中して行動することができるため、魂レベルが上がるといわれています。
逆に、あの人と結婚しておけば良かったと後悔したり、老後など見えない将来の心配をしたりなど、ネガティブな考え方をしている人は、魂レベルが下がる傾向にあります。
自分の気持ち次第で魂レベルや運気は変わるとされていますので、ポジティブ思考で行動していくことが大切です。

夢や趣味がある

生涯独身の人は、自分の夢や目標に向かって前向きに進んでいくという特徴があります。夢や目標を持っていると毎日が充実し、達成したときには満足感が得られるといわれていますので、更に生きる活力が湧いてきたり、魂レベルも上がる傾向にあります。

40代・50代でも結婚できた!電話占いでの相談がおすすめ

結婚したいと思ったときは、自分自身について理解する必要がでてきます。
特に、40代、50代と年齢が上がるにつれて、なぜ結婚していないのか?と状況や原因・理由などを見つけるために、自分自身を見つめ直すことが重要とされています。
自分を責めることをせずに、あのときの自分はこの部分が良くなかったと冷静に受け止めて反省することができれば、同じ失敗を繰り返すこともなく次の機会に活かすことができます。

実際に生涯独身の女性は、自分磨きをしたり、自分の言動を意識して改めていくなど魂レベルを上げる努力をしたり、自分の判断で自分の行動を決めることができるという特徴を持つといわれていますので、その余裕がより魅力をアップさせ自立した大人の女性が多い傾向にあります。

40代、50代という年齢による結婚の焦りや親からのプレッシャー、自分の運命の人はいるのか?など、結婚の悩みは人によってそれぞれ違うかと思われます。
結婚に関する悩みごとを相談できる人が周りにいないという人は、自宅にいてくつろぎながら相談することも可能な電話占いを試してみてはいかがでしょうか?
恋愛や結婚相談のプロである占い師や鑑定士に話すことで、今の状況を客観的に見られるようになったり、悩みに対する解決方法のアドバイスがもらえたりしますので、おすすめです。

なぜパートナーがいないのかスピリチュアル意味も教えてくれる

結婚することが幸せに繋がると考える女性は多いといわれていますが、生涯独身でも人生を楽しんだり、この状況を幸せだと感じる女性も少なくありません。
パートナーとの結婚生活を選ばず、兄弟や姉妹、特定の友達との交流を保ち続け、自分の思い通りに気ままに生きることができる生涯独身を選ぶのも、自分の生き方の1つになる場合もあります。
それでも、やはり自分はパートナーとの生活を選びたいと思われたり、現在自分に特定のパートナーがいない場合は、恋愛・結婚相談のプロが多く在籍している電話占いサイトで、自分には何故パートナーがいないのか、この機会にスピリチュアルな意味を教えてもらうのも1つの方法です。

もしかしたらまだ出会えてないだけなのかもしれない!答えが分かる

皆様の周囲に、自分の趣味や仕事に理解を示してくれる人はいらっしゃいますか?
いないと感じた人は、もしかしたら、そのような人にまだ出会えていないだけかもしれません。また、独身生活を謳歌している人の中には、異性からモテモテで、なかなか結婚に踏み切れないという人もいるといわれています。ですが、もしかしたら、その異性の中に自分の運命の人がいるという可能性も捨てきれません。今の自分の状況や人間関係を見つめ直してみて、相談内容を明確にした上でプロの占い師や鑑定士にみてもらうと、答えが分かることもあるかもしれませんので、この機会に電話占いを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、今回は、生涯独身のスピリチュアルな意味や使命、生涯独身を貫いた偉人などについて紹介してみましたが、いかがでしょうか?

結婚することができなかったり、結婚する気が起こらなかったりするのは、自分の人生にとって結婚は必要ないというスピリチュアルメッセージを受け取っている場合があります。
生涯独身でも幸せに生きている人は、物事を前向きに捉えて、趣味や自分磨き、夢や目標に向けて時間を有効的に使い、魂をレベルアップさせています。
また、生涯独身なのは、結婚以外の使命に気づいて下さいというスピリチュアルな意味がありますので、自分が果たすべき使命を探して自分らしい人生を歩んでいくのも良いとされています。

皆様の幸せのお手伝いのために、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました