孔雀のスピリチュアル意味・メッセージ!白い/風水/縁起/羽/お守り/キリスト

執筆者GYPSEE編集部

「GYPSEE編集部」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

孔雀を見るスピリチュアル意味・メッセージ

孔雀に秘められたスピリチュアルメッセージを読み解いてみましょう。孔雀と言えば、雄の飾り羽根が思い浮かびますね。この飾り羽根には魔を祓う効果があると考えられています。孔雀はサソリや毒蛇など毒を持つ生き物を食べる鳥。そのことから魔除けの意味を持つようになったのです。孔雀がよく目に付くと感じる時は、悪運や悪いものから護られている、あるいは身を護るようメッセージを受けているのだと考えられるでしょう。

白い孔雀を見るスピリチュアル意味・メッセージ

珍しい白い孔雀のスピリチュアルな意味はどうでしょう。
そもそも白い動物は古来より神の使いであり、吉兆であるとされています。
白い孔雀も、幸運の訪れを知らせるメッセージの可能性があります。
特に、中国では孔雀は愛、美、富をもたらす意味を持っています。
それらの意味と合わせると、白い孔雀は恋愛関係や金運が上昇する前触れとも考えられます。

孔雀と風水・縁起について

風水において、孔雀は富、繁栄を表し、強運をもたらすとされています。
特に、南の玄関に孔雀の置物を置くことで強運が舞い込んできます。
また、風水的に青は精神を落ち着かせてくれる色です。
目の覚めるような鮮やかなブルーを孔雀の羽の色にちなんでピーコックブルーと呼びますが、ピーコックブルーも心を静め、正しい判断をさせてくれる効果があります。

孔雀の羽はお守りになる?

孔雀の羽のモチーフが多く見られるインド。
インドでは孔雀の羽には魔除けの効果があると考えられていて、家族を護るお守りとして家に飾ったり、懐に忍ばせて悪運祓いにしたりします。
ちなみに、孔雀と縁がある京都の田中神社には、孔雀のお守りがあります。
羽を広げた孔雀の姿を水引でかたどったお守りで、その御利益は厄除け・開運や良縁だそうです。

孔雀とキリスト教

キリスト教において、孔雀はあまり良い解釈をされていません。
孔雀の羽根が豪華であることから、キリスト教の七つの大罪のひとつ「傲慢」の象徴とされているのです。
ですが、初期のキリスト教では孔雀はむしろ良い意味を持っていました。
孔雀の肉がその死後にも腐敗しなかったため、復活・永遠・不死のシンボルとしてイエス・キリストと関連づけられていたそうです。

まとめ

美しい孔雀の姿に、人々は古来より何らかのパワーやエネルギーを感じてきました。
最近、孔雀が気になるようになった人。
なんとなく孔雀に心惹かれる人。
何か孔雀からのパワーやエネルギーを必要としているのかもしれません。
孔雀からの力を受け取り、自分なりに読み取ったメッセージを毎日の生活や人生に生かしていけたら良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました