痩せる薬ランキング!怪しい・効果は嘘?危険性や安全性を調査!

できるならモデルや芸能人のような理想的なボディラインを目指したいですよね。
けれど、健康的に引き締まった体を目指すのはかなり大変なことです。

厚くついた脂肪を燃焼したり筋肉をしっかりつけるような運動はつらい、食事制限や糖質制限をするのはストレス、いくら時間をかけても成果を感じられない…というときに役立ってくれるのが痩せる薬やダイエット薬と呼ばれるものです。

無理せず食欲を抑えて余分なカロリーを摂らないようにしたり、太る原因になる糖質や脂肪分をカットしたりすることができるものもあります。
上手く痩せる薬を役立たせてあげることで、続けられないダイエットを継続することができるようになりますよ。

そもそも痩せる薬は存在するのか?どんな効果があるのか?という疑問に対して、情報をお届けしたいと思います。
おすすめの痩せる薬やダイエットサプリも合わせてご紹介しています。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

人気の芸能人・モデルなど有名人も痩せる薬を体験してる?

多くの方に見られる仕事をしている芸能人やモデルは体型維持にかなり気を使っています。
なかには、痩せる薬やダイエットサプリを活用している方もいるんですよ。
実際にイメージキャラクターに起用されたり、ダイエット効果があるものを活用して痩せたという芸能人やモデルもいます。

痩せる薬は本当に痩せる?効く・効かないどっちなの?

運動なしでダイエットに効き目がある・脂肪吸収や食欲抑制ができる

主に食欲抑制剤、脂肪吸収抑制剤といった痩せる薬が存在します。

例えばサノレックスという食欲抑制剤は日本でも認可されている痩せる薬です。
食欲を抑えてあげることで空腹感を無理に我慢する必要がなくなります。
ついダイエット中にご飯を我慢して、結局は食べすぎてしまう…ということがなくなります。

脂肪吸収抑制剤は摂取した脂肪分の25~30%をカットして便と一緒に排出する効果があります。
運動なしでも楽に痩せられる方法というのは存在するわけですね。

薬が怖いという方には食欲を抑えたり糖質カットできるダイエットサプリもおすすめです。
サプリメントの場合は効果が劇的に現れるものではなく、適度な運動を続けながら飲み続けることで実感できます。
健康食品なので多くの方が飲めるというメリットもあります。

炭水化物・糖質を無理に我慢しない

ダイエットでストレスになりやすいのが食べ物のことですよね。
好きなものが食べられないということもありますが、何を食べたら良いのか頭を悩ませてしまうことも疲れる原因になります。

ダイエットサプリや痩せる薬のなかにはアカルボース、グルコバイなど無理せず糖質をカットできるものもあります。
低糖質・糖質制限ダイエットが流行していますが、糖質の吸収を抑えてあげれば無理なくダイエットができます。

そもそもなぜ糖質・炭水化物を我慢すれば痩せるのかと言うと、食事から糖質を摂ることで、食後に血糖値が急上昇します。
そうすると、血糖値の急上昇を抑えるためにインスリンが分泌され、余分な糖分は脂肪として蓄積してしまうからです。

痩せる薬やサプリを活用して、甘いもの・食べたいものを我慢しないでダイエットをしてみても良いかもしれません。

皮下脂肪の燃焼・肥満に即効性・短期間(1週間~3ヶ月)で改善する

お腹の周りについた脂肪などを燃焼させるためには、カロリーや糖質を抑えたりしながら、運動をして筋肉をつけていくのが理想的です。
しかし、ただ闇雲に運動をしているだけだと短期間ではなかなか痩せられません。

もっと効率的に脂肪を燃焼するために活用してほしいのが燃焼系の痩せる薬やサプリです。
早ければ1週間程度で実感される方もいますし、3ヶ月という短い期間で目標体重を達成される方もいます。

代謝をアップさせる効果がある痩せる薬やサプリを飲んで運動をすれば、より効率的に痩せることができます。
固太りや年齢を重ねた肥満などには防風通聖散など、ドラッグストアなどでも購入できる市販の漢方などもおすすめです。

年齢(40代や50代)、男性(メンズ)・女性に関係なく痩せる

年齢を重ねると代謝がどんどん低下していき、痩せにくく太りやすいという最悪な状態になっていきます。
また、女性は男性に比べると筋肉量が少ないためもともと代謝が男性よりも低いです。

痩せる薬やダイエットサプリを活用することで、年齢や性別に関係なくダイエットをすることができるようになります。
低下した代謝をサポートしたり、カロリーや糖質を摂りすぎないようにすることができるからです。

基礎代謝をアップして脂肪燃焼を促進するもの、腸内環境を整えて代謝をアップさせたり痩せ菌増やしデブ菌を減らしてダイエットできるサプリなどがあります。

病院処方されている痩せる薬もある

先程ご紹介したサノレックスは日本でも認可されている痩せるための薬なので、病院で処方されることもあります。
医者にきちんと指導してもらいながら、計画的にダイエットができるダイエット外来や肥満外来もあります。

脂肪吸収抑制剤のゼニカルが活用されることも多いです。
他にもBBX、アカルボースなどもありました。

病院やクリニックによって処方される肥満治療薬は違うので、まずは相談してみることをおすすめします。
BMI35以上の高度肥満や肥満による健康障害がある場合は保険が適用されます。
あまり太っていない方は自由診療になるので、個人輸入代行サイトを利用するという方法もありますよ。

飲むだけでいいから、エステや脂肪吸引など切る痩身術より手軽

芸能人やモデルにも人気だと言われているのがエステでのキャビテーションやスリミングだったり、脂肪吸引など切ったりして痩せる方法です。
脂肪吸引の場合は部分的に痩せるときには効果的ですが、全身にまで及ぶとかなりの費用がかかります。
そもそも、切ることに抵抗がある方も少なくありません。

痩身エステは何度も通わなくてはいけないという手間がありますし、リバウンドしてしまうこともあります。
仕事や家事育児に忙しい女性ですと、あまり現実的ではないダイエット法かもしれません。

痩せる薬なら飲むだけでいいのでとても手軽にはじめられます。
薬ということで副作用や飲めない人もいますが、その場合はダイエットサプリという方法もあります。
費用を抑えつつも効率的にダイエットができるので、痩せる薬やダイエットサプリをぜひ試してみてください。

痩せる薬は存在する?なぜ嘘や詐欺、ないと言われているの?

最強の絶対に激やせできる本当のダイエット薬は無い?

日本国内の美容外科などで処方されることがあるように、痩せる薬というものは実在します。
ドラッグストアや薬局で購入できる効果効能が認められた肥満に効果的な薬などもあります。

ただし、それが絶対的に激やせできるものというわけではないことは覚えておきたいことですね。

あくまでも食欲を抑えたり、脂肪を吸収しにくくすることでダイエットを薬の力で助けてあげるものです。
うまく利用すればきちんと痩せることができますが、薬を飲んでいるからと思って暴飲暴食を繰り返したり、適度に運動もしなければ健康的に痩せることはできません。

もしも、これを飲めば激やせできると言われたり、絶対にスリムになれると言われた場合は危険な薬であることも考えられるので注意してください。
正しい飲み方と適切なダイエット方法を続ければ痩せる薬でダイエットができます。

NASAが開発している最新の痩せる薬?ノーベル賞を受賞した薬は?

特にNASAが開発したり、ノーベル賞を受賞したというような痩せる薬は見つけることができませんでした。

ただ、アンファー株式会社がNASAと共同開発をしたサプリメントを販売しているということです。
AS10というサプリで宇宙医学や宇宙栄養学に基づいて、ビタミンEなど10種類の成分を配合しています。
地球よりも過酷な環境に置かれる宇宙への対策のために開発がはじめられたものなんだそうですよ。
現代社会で頑張る働く人のパフォーマンスをアップさせる効果があります。

違法・脱法の痩せる薬物は危ない?安心・安全に飲めるの?

副作用は?副作用なしで飲める痩せる薬はある?

痩せる薬はあくまでもお薬なので、副作用はあります。
また、すべての方が飲めるわけではないということも知っておきたいですね。

動悸・頭痛・吐き気・口の乾き・便秘・倦怠感・脱力感…などさまざまなことが起こる可能性があります。
また、ゼニカルなど脂肪吸収抑制剤の場合は予期せぬタイミングに便意を感じる、油が出てきてしまうということも起こりますね。
飲むタイミングや場所にも気をつけたいです。

糖尿病、精神疾患、妊娠中・授乳中など病気を患っていたり、すでにお薬を服用している方は痩せる薬を飲まないようにするか、医師・薬剤師に確認してから飲むようにしてください。

痩せる薬が不安という方はダイエットサプリという選択肢もあります。
サプリは健康食品なので過剰摂取したりしない限り、基本的には副作用はありません。

死亡することもある?麻薬みたいなやばい薬は?

健康被害や死亡例などが報告されている痩せる薬も存在します。
特に街なかで痩せる薬があるなど声をかけられて購入する…というのは危険です。

しっかりと副作用や飲むのがNGな人が記載が確認できる方法で購入するようにしてください。
個人輸入代行サイトで購入することもできますが、あくまでも自己責任なのでしっかりと薬の働きや副作用は確認したいです。

心配な方や痩せる薬が飲めない人に該当した場合は、ダイエットサプリを選ぶのがおすすめですね。サプリは健康食品なので多くの方が活用できます。

健康に痩せる薬、合法のものはある?

日本で認可されている肥満治療薬もあります。
また、国内で販売されている漢方やダイエットサプリなら安心して飲むこともできます。
どうしても心配だという方は日本製の漢方、サプリなどを活用するのがいいですね。

子供、中学生・高校生は飲んでも大丈夫?

痩せる薬は国内の病院で処方される、または、個人輸入代行サイトで購入するという方法で手に入れることができます。
しかし、未成年の場合はどちらでも手に入れるのが難しいことが考えられます。

痩せる薬、ダイエット薬、ダイエットピルと呼ばれるものは中高生など未成年に処方されることはないようです。個人輸入代行サイトも未成年への販売はされていません。

太り過ぎも健康にはよくありませんが、過度なダイエットは成長期はもちろん大人でもNGです。
生理が遅れる、貧血になる、脳の発達を阻害するなどということが起こると言われています。
中高生や小さなお子様の場合は、まだまだ基礎代謝も高い状態ですし、栄養バランスの良い食事や運動でダイエットをするのがおすすめですね。

下剤、利尿剤、糖尿病の薬、精神薬・精神安定剤など医薬品で痩せられる?

もともと糖尿病のために開発された薬を痩せる薬として活用しているものもあります。
飲んでいると痩せる効果があったり、逆に太ってしまうものもあるようです。

すでにお薬が処方されているという方は、痩せる薬と一緒に服用できないこともあります。
飲んでいる薬を確認し、併用できるものかチェックしてから痩せる薬を飲むようにしてください。

外国・海外で痩せる薬は買える?売っているの?

日本以外の国ではどのようなダイエット方法があり、どのようなものが手に入れられるのか調査しました。
旅行のついで、ダイエット旅行などを計画してみるのも楽しいかもしれませんね。

ただし、注意したいのが海外のドラッグストアや薬局などでも偽物が流通している可能性があります。
配合されている成分が異なり、危険性がある場合も考えられるので心配な方は日本国内から個人輸入を利用したり、日本製のダイエットサプリを活用してダイエットをすることをおすすめします。

韓国(リエンジャン整形外科)

韓国女子や韓国アイドルといえば理想的なスリム体型をしていることで有名です。
どのようにその体型を維持しているのかというと、例えば韓方薬によるダイエット方法があります。
日本からでも韓国漢方薬局などに連絡をして送ってもらう方法やQoo10などから購入する方法があるようですね。

また、韓国でさまざまな美容医療を体験される方も多いと思いますが、美容整形外科やクリニックなどでダイエット薬・痩せる薬を処方してもらうという方法もあるようです。
韓国でも処方箋がないとダイエット薬は購入できないようです。
例えばソウルの江南・引大にあるリエンジャン整形外科、明洞にあるナサラン医院などがありました。

中国、台湾、香港

有毒物質が入っていた痩せる薬で健康被害が出たりなどという情報はありましたが、どこで購入できるのかなどはわかりませんでした。
中国漢方によるダイエット法もありますが、中国では煎じて飲んだりするので、日本で購入する漢方のほうが錠剤になっていたりなど飲みやすい可能性があります。

台湾や香港でも悩みに合わせて処方してくれるダイエット漢方が流行しているようです。
食欲を抑えたい、脂肪を燃焼したいなど診療していただいて処方される漢方屋さんなどもあります。
日本語に対応しているお店もあるので、台湾式ダイエット漢方を体験したい方は旅行のついでに訪れてみるのもおすすめです。

本格的なダイエットのための漢方はお値段が高い場合もありますが、脂肪燃焼効果や食欲抑制効果のあるダイエット茶などは手頃な価格で手に入ることも多いようです。

タイ(MDクリニックダイエット)、バンコク

個人輸入代行サイトのなかにはタイから発送していることもあるほど、いろいろなダイエット薬や痩せる薬などが販売しているようですね。

タイの薬局ではゼニカルなども販売されていることがあるそうです。
ゼニカル以外にも様々な痩せる薬やダイエットサプリなども購入できそうです。
バンコクの薬局店のなかには日本人スタッフがいる場合もあるので、気になる方は探してみるのがおすすめです。

タイには有名なMDクリニック、ヤンヒー総合病院があり、そこで処方されるダイエット薬によるダイエット法がMDクリニックダイエットやヤンヒーホスピタルダイエットです。
肥満度など個々の状況に合わせて処方される薬のようです。

ただ、過去にはタイのヤンヒーホスピタルダイエット、MDホスピタルダイエットなどと呼ばれるタイ製の向精神薬などを含んだ痩せる薬で健康被害や死亡事例があったことが報告されています。厚生労働省からも注意喚起されていました。

フィリピン

処方箋がないと買えない薬もありますが、日本では売っていないような薬が薬局で買えることがあります。
例えばゼニカルなどを普通に購入している方がいました。

日本の薬と比較すると解熱剤などでもフィリピンの薬は効果が強いそうです。
ジェネリック薬品なども豊富に扱われていて、フィリピンの薬局では1錠から買える場合が多いみたいでした。
フィリピンを拠点に個人輸入代行サイトを運営している方もいます。

また、ゼニカルのジェネリック医薬品であるオルリファストはフィリピンに拠点がある会社から販売されています。

マレーシア

マレーシアでも薬局でゼニカルや利尿剤のラシックスなどが販売されているとのことでした。
日本では処方箋がないと買えないような薬も普通に販売されているというレビューもあります。

特にゼニカルは愛用されている現地の方やマレーシアに在住している日本人の方も多いみたいですね。
脂っぽい食事も多いようなので、脂肪の吸収を抑制する効果があるゼニカルが役立ってくれるのかもしれません。
価格も日本から輸入代行を利用するよりも比較的格安なようです。

アメリカ

肥満に悩む人が多いアメリカでは痩せる薬やダイエットサプリが多数販売されています。
日本では承認されていないものも、アメリカでは普通に販売されているということもありますね。

ゼニカルはアメリカで肥満治療薬として認可されているので処方箋がないと購入できないようですが、ゼニカルの主成分であるオルリスタットの用量を減らしたAlli(アライ)という痩せる薬はドラッグストアで購入できるようです。
また、エフェドラを配合したリポドリンなども販売されていることがあるようですね。

気になる方はアメリカを訪れたときに、大きめのドラッグストアを訪れてみると良いかもしれません。

ハワイ

ハワイ式ダイエットとして、スーパーフードのスピルリナを活用する方法がありました。
スピルリナにはコレステロールや血糖値をコントロールする効果が期待できるので、ダイエットにも役立ってくれそうです。

ハワイのABCストアには貼るダイエットパッチが販売されているそうですよ。
食欲抑制効果や脂肪燃焼効果がある新感覚の貼るサプリで、ハワイではかなり人気が高いようですね。
お土産としても人気で、ダイエットの他にアンチエイジングや不眠症改善、ニキビ、月経症状の緩和、更年期障害の緩和など種類が豊富でした。
美容から健康までサポートできるパッチタイプのサプリを体験したい方は、ハワイのABCマートなどに行ってみてください。

また、ハワイでもゼニカルなどは薬局で購入できたという口コミがありました。

オーストラリア

オーストラリアでも肥満に悩む人が多く、アメリカとも並ぶとか。
留学先に選ばれることも多いのですが、体重が増加して日本に帰ってくる方も多いです。
日本と比べて海外は一人前の食べ物の量が多いですし、糖質や脂質もたくさん摂取してしまいます。

オーストラリアでは他の国でもおなじみのゼニカルが処方箋なしで購入できるようです。
物価が高いオーストラリアですが、薬はやや安く購入できるようです。
ただ、ゼニカルなどの場合は日本から個人輸入したほうが安く済む場合があります。
フィリピンやタイなどのほうが安く買える可能性があるので、無理にオーストラリアで購入しなくても良いかもしれません。

スリランカ

5000年という歴史あるインド大陸の伝統的な医学のアーユルヴェーダを体験できる国としても有名です。
本格的なアーユルヴェーダが体験できるホテルも多数存在し、日本人の女性が多く訪れているようですね。

痩せる薬なども販売されているのですが、何が配合されているのかわからないものもあります。
また、観光地などでは痩せる薬として押し売りをされることもあるようですね。

人気の食欲抑制剤などが販売されているかはわかりませんでした。
あちこちにアーユルヴェーダの薬局はあるので、興味がある方は訪れてみてください。

フランス

フランスと言えば美味しい料理にスイーツなど太ってしまいそうな原因がたくさん見つかります。
でも、不思議とフランスの女性はモデルのように太っていない印象がありますよね。

どのようにしてスリムな体型を維持しているのかというと、ゆっくりと食事をすること、ワインでポリフェノールを摂取している、運動習慣があるということがわかりました。
また、あえて利き手ではない手でフォークを使って食事をするというフランス式ダイエットもあるそうです。

そして、リパーゼの働きを阻害して脂肪の吸収を抑える脂肪吸収阻害薬はフランスでも使用されています。
ゼニカルなどはドラッグストアで普通に購入できるそうですよ。
日本ではお医者さんに処方箋を書いて貰う必要がある薬もドラッグストアで購入できる可能性があります。

日本の病院・クリニックで医療用の痩せる薬は処方される?何科なの?

日本で認可されてる痩せる薬は?日本製はある?

厚生労働省で承認されている食欲抑制剤が「サノレックス」です。
肥満外来やダイエット外来などでも処方されることがあります。
重度肥満の方(BMI35以上)の方であれば、保険も適用されるようです。
妊娠・授乳中、緑内障、心疾患、抑うつ・統合失調症の既往歴があるなど飲めない方もいます。

日本製の痩せる薬としては第二類医薬品の防風通聖散などがあります。
その他には国内の素材にこだわったり、国内製造されているダイエットサプリも販売されています。

産婦人科、精神科、皮膚科、肥満外来、内科でもらえる?

主に美容外科、産婦人科・レディースクリニック、肥満外来・ダイエット外来などに受診するとサノレックスやゼニカルを処方していただけることがあります。
事前に病院のホームページなどで確認してみたり、担当医に聞いてみることをおすすめします。
肥満度や飲んでいる薬との関係で処方していただけないこともあるようです。

湘南美容外科で処方箋は貰える?

湘南美容クリニックでは切らない・頑張らない医療の力によるメディカルダイエットが可能です。
脂肪溶解注射、医療レーザー治療、ラクやせ外来(GLP1-ホルモン療法)、そして内服薬・ダイエットピル・ダイエットサプリによる方法が提案されています。

ダイエットピルとしては食欲抑制剤・アカルボース(糖質吸収抑制剤)・ゼチーア(脂質吸収抑制剤)、ダイエットサプリとしてはCorrm腸活ダイエットサプリメント・BBXダイエットサプリが処方されることがあるようです。
気になる方は無料カウンセリングを予約し、ドクターに相談してみてください。

GLP1ダイエット、ホルモン注射で痩せることはできる?

GLP-1メディカルダイエットやGLP-1ダイエットと呼ばれる、最新痩身治療です。
痩せるホルモンと言われるGLP-1には食欲を抑える効果があり、無理なくダイエットをすることができますし、リバウンドも防げることで話題になっています。
運動が苦手、ダイエットがストレスになる…という方に向いているダイエット法です。

もともとは用尿病治療薬として開発されたものなのですが、アメリカや欧州では肥満治療薬として承認されています。
日本ではオンライン診療を通して、自宅に居ながらはじめる方法もあります。

痩せる薬は保険適用になるの?保険適応されない?

病院で痩せる薬を処方してもらうときに保険が適用される条件は高度肥満(BMI35以上)であることです。
または、肥満によるいびき・睡眠時無呼吸、脂質異常症・糖尿病・高血圧、膝・腰などの関節痛があるなどの場合にも健康保険の診療が受けられるようです。
身長・体重から計算されるBMI(肥満指数)の数値に問題がないダイエット目的であったり、健康に影響がない痩せることが目的の場合は自由診療になるので適用になりません。

精神疾患、双極性障害、うつ病でも痩せる薬は飲める?

統合失調症、うつ病など精神疾患の既往歴がある方は痩せる薬が飲めない場合があります。
日本で承認され処方されているサノレックスの場合でも、海外で統合失調症患者のうつ症状が悪化したことが報告されているようです。
すでに処方されている薬がある方や、精神科などに通院されている方は無理に飲まないようにしてください。

痩せる薬の治験は募集されていないの?

体重増加・肥満が気になる方への治験募集などはされていますが、それが痩せる薬なのかはわかりませんでした。
気になる方は治験募集サイトなどをチェックしてみると良いかもしれません。

日本の製薬会社や会社から販売されてる痩せる薬は?

やっぱり日本の会社が作っている薬やサプリが良いという方はこちらを参考にしてみてください。
多くの会社からダイエットに役立つサプリ・漢方・薬・ドリンクなどが販売されています。

ロート製薬

本気で脂肪を落とす新・ロート防風通聖散錠満量、年齢を重ねることでつきやすくなるお腹周りの脂肪を落としたい人に向いてる新・ロート防風通聖散錠ZⅡ、そろそろお腹の周りについている脂肪が気になりはじめた方におすすめの新ロート防風通聖散錠Tなど和漢箋の防風通聖散シリーズが販売されています。

ツムラ

漢方薬が有名なツムラからも、便秘がちで皮下脂肪が多めの人におすすすめだと言われるツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒、ストレスを感じる肥満気味で肩こり・頭痛や便秘を感じている人に向いているツムラ漢方大柴胡湯エキス顆粒などが販売されています。

富士フイルム

機能性関与成分のサラシノールなどを配合したメタバリアEX、メタバリアシリーズの最高峰のメタバリアプレミアムEXなどが販売されています。
食後の血糖値が気になるならメタバリアEX、糖と脂の吸収が気になるならメタバリアプレミアムEXがおすすめです。
L-カルニチンやトウガラシエキス・生姜・ヒハツエキスなどを配合したメタファイアは燃焼をサポートしてくれるので、基礎代謝が低下してきたことを感じたり、運動しながらダイエットしたい方に向いています。

ファンケル

特に有名なのがカロリミットで、食事から摂る糖と脂肪が気になる方に人気です。
脂肪の代謝が気になる年齢になってきた方には大人のカロリミットという選択肢もあります。
他にもペットボトル茶や粉末タイプのカロリミット、運動やトレーニングと合わせて飲みたいパーフェクトスリムWなども販売されています。

大正製薬

おなかの脂肪、中性脂肪やコレステロール、食後の血糖値が気になる形向けのタブレットが販売されています。
おなかの脂肪が気になる方のタブレットは人気お笑い芸人のおぎやはぎさんがCMキャラクターに起用されているので、知っている方も多いかもしれません。
食後の血糖値が気になる方向けの緑茶やおなかの脂肪やウエストサイズが気になる形向けのモカ・ブレンドも販売されていました。
サプリや普段の飲み物からダイエットをはじめたい方に向いていますね。

武田製薬

2013年頃に武田製薬は肥満治療薬(セチリスタット)の販売承認を取得していましたが、未発売のまま2018年に開発から販売権までを返却しているそうです。

ライザップ

結果にコミットすることで知られているライザップには、ダイエットに役立つ様々なサプリやプロテインが販売されています。
運動効率をサポートするBURN+(バーンプラス)、食生活をサポートするLIMIT+(リミットプラス)などがありました。
理想のボディメイクに必要なものがそろっているので、ライザップに通っていたり興味がある方はチェックしてみてください。

DHC

ダイエットならDHCと言われるほど、豊富な種類のサプリメントやドリンク、スムージーが販売されています。
ドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも見かけるので買いやすいかもしれません。
公式サイトにはダイエッツァプリ診断などもあるので活用してみてください。

番組・CM・広告・ブログで紹介されていた痩せる薬まとめ

世界仰天ニュースで紹介された薬

最新痩身治療と言われるGLP-1が紹介されたことがあるようです。
先程も紹介した方法で、食事制限や運動をしなくてもリバウンドせず、無理なく痩せられるというものです。
日本でも遠隔診療・オンライン診療で自宅治療が可能になっています。

ホンマでっかTVで紹介された油が出る痩せる薬

食べたことをなかったことにする薬があるとして紹介されたのは脂肪吸収抑制剤のゼニカル(オーリスタット)ですね。
脂肪分解酵素のリパーゼを邪魔することで、脂肪を吸収せずに排出を促してくれるので、トイレで黒い脂が出てきます。

オードリー春日が飲んでた痩せる薬

お笑い芸人のオードリー・春日俊彰さんが愛用しているサプリはファイラマッスルサプリHMBですね。
すでに11年も販売されているロングセラーサプリで、有名な週刊誌などに広告も掲載されています。
ビルドアップとスッキリの両方を叶えてくれるタイプで、ダイエットに必要な運動面と食事面を同時にサポートしてくれます。
筋肉をつけながら余分なものを摂らないので、効率的にダイエットすることができますよ。

痩せる薬しかない?逆に太る薬はないの?

何をしても痩せないという人の反対に、何をしても太らないということで悩んでいる女性もいます。
健康的に太るための薬は存在するのでしょうか?

まず、太れない原因はどこにあるのかということです。
考えられることといえば食事を食べていないこと、食事の偏りですね。
消費するエネルギーに対し、摂取するエネルギーが少なすぎると太れません。
他には筋肉量が少ない、便秘気味や胃腸が弱く栄養がきちんと吸収できていない、何かしらの病気にかかっている…などです。
あきらかに痩せ過ぎている場合は、内科などを受診してみることをおすすめします。

太る方法としては食事を小分けにして食べる回数を増やす、ウェイトアップなどのプロテインを活用するということがあります。
食事内容は栄養をバランス良くとり、炭水化物・タンパク質・脂肪の多いものなどを意識すると良さそうです。

そして、体重を増やすためのサプリなども販売されていることがわかりました。
プルエル、ドクターフトレマックス、プッチェなどさまざまな種類があります。
太れなくてお悩みの方はサプリやプロテインに頼ってみるのがおすすめです。

痩せる薬を飲むタイミングはいつ?効果的な飲む方法

薬の場合は飲むタイミングが決められている可能性があるので、基本的には説明書やサイトの飲み方を参考にすることをおすすめします。
ダイエットサプリの場合は特にタイミングは決められていませんが、効果的なタイミングというものはあります。

食欲抑制剤や糖質吸収抑制剤の場合は食事の前に飲むことがすすめられています。
糖質をカットしたり食欲を抑えたりする効果があるサプリも食事の前に飲むことで、効果的に利用できるのでおすすめです。

脂肪吸収阻害剤の場合は油分・脂肪分の多い食事をしたときにだけ服用します。
あまり油っぽいものを食べていないときに飲んでも、効果は感じられません。
タイミングとしては食中から食後が効果的で、1時間から2時間以内には飲むようにしてください。
食後から時間が経ってしまうと効果が感じられなくなることもあります。
ゼニカルなど脂肪吸収抑制剤とビタミンサプリを一緒に飲む場合は、少し時間をあけてから飲むと良いです。
そして、油が漏れてくることがあるので生理用ナプキンなどを活用してください。

痩せる薬は生理中に飲んでも大丈夫?

生理中でも飲むことができる痩せる薬やサプリはあります。
ただ、食欲抑制剤のなかには生理中の食欲にはあまり効果がないものもあるようです。

体調などと相談しながら飲むようにしてください。
生理中は痩せにくいと言われることもあるので、無理にダイエットしないようにするのもおすすめです。

痩せる薬はドラッグストア・薬局、コンビニ買える?売ってるお店は?

スギ薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ(マツキヨ)、ドラモリに市販薬はある?

いわゆる健康食品と呼ばれるダイエットサプリやドリンク、スムージーなどは多数販売されています。
大手の製薬会社が販売している漢方なども販売されていました。

ただ、ネット通販を利用したほうがお得に購入できるものもあるので注意してください。
定期コースで購入すると初回限定価格で購入できるもの、お得な特典がついているものなども存在します。

ドン・キホーテ(ドンキ)は安い値段で市販している?

ドンキにもさまざまなダイエットアイテムが販売されています。
サプリからダイエット器具までそろっていますが、こちらも店舗で購入するよりも通販を利用したほうがお得な可能性が高いです。

100均に痩せる薬はある?

ダイソーなどにもダイエットに役立つサプリは販売されています。
しかし、効果的なサプリというわけではないのでその他のものを選ぶのがおすすめですね。

痩せる薬のネット販売・個人輸入、海外から輸入できるショップ

Amazon・楽天市場

防風通聖散、BBB、BBXなどあらゆるサプリや痩せる薬などが販売されています。
ゼニカルなどダイエット薬と呼ばれるようなものは販売されていませんでした。
痩せる薬の場合、個人輸入代行サイトなどを使用したほうがお得な場合があります。

アイハーブ

海外のサプリメントやプロテインが豊富に揃っています。
糖質の吸収を阻害するガルシニアカンボジアをたくさん含んだサプリ、脂肪燃焼系サプリなどが販売しています。
iHerbは食欲抑制剤のゼニカルや脂肪吸収抑制剤のゼニカルなどは取り扱いしていません。

オオサカ堂

ゼニカル、オルリファスト、BBXなどを購入するときに多くの方が利用しているのがオオサカ堂です。
こちらは老舗の個人輸入代行サイトで、お得な価格で購入することができます。
本気のダイエットをしたい人や薄毛・AGAなどに悩まれている人に選ばれています。

痩せる薬はお試し、プレゼント・無料&500円モニター募集してる?

ダイエットサプリ系であれば、モニター募集をしていることがあります。
無料やプレゼントをしていなくても定期コースから始めると初回限定価格で購入できたり、送料無料になったりします。

しかし、効果的な痩せる薬やダイエット薬と呼ばれるよなタイプのものは無料お試しはなかなかありません。

アットコスメで人気!評価・評判の高い痩せるサプリや市販薬は?

どうしても食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤などの痩せる薬が心配という方には、ダイエットサプリや日本の薬局で買える市販薬を活用するのがおすすめ!
アットコスメなど口コミで人気のサプリや市販薬を集めてみたので参考にしてみてください。

ラクビ

モーニング娘。OGの中澤裕子さんも飲んでいる菌活タイプのダイエットサプリですね。
森永乳業のビフィズス菌B-3が配合されていて、1粒に1700万個もの生きた酪酸菌も入っています。

ダイエットをしても効果が出ない、変化がないというときには体内フローラが乱れている可能性が考えられます。
腸内には100兆個以上の最近が棲んでいて、それがお花畑に見えることから腸内フローラや体内フローラと呼ばれています。
この体内フローラが乱れると痩せ菌が減り、デブ菌が増えると言われています。つまり太りやすくなってしまうということです。

ラクビは生きた酪酸菌や森永乳業の特許取得済みのビフィズス菌B-3、オリゴ糖、サラシアエキス、植物性キトサンを届けることで体内フローラを整えることができるように開発されています。
ダイエットや便秘解消に効果的なサプリなのでおすすめです。

シェイプス

痩せすぎ注意や過剰摂取禁止とまで言われるサプリで、なんでも今までのダイエットサプリでは不可能だった脂肪細胞を破壊・溶解してナノ粒子にまで分解するので結果が違うそうです。
脂肪注射はリバウンドの可能性がありますが、シェイプスでダイエットをした場合はリバウンドのリスクが低くなることが期待されます。
アメリカ抗肥満医療局にも認定され、BMI25以上かつ10kg以上痩せたい方におすすめされています。

数量限定・購入制限がされていて、お一人様10個までの購入となっています。
お薬ではないサプリメントでダイエットをして、リバウンドをしたくないという方に選ばれています。
シェイプスを試した方の多くが2~3週間ほど、遅くても1~2ヶ月継続で変化を実感しています。

リッパー

最強の脂肪燃焼系ダイエットサプリとして人気なのがThe RIPPER(ザ・リッパー)です。YouTuberやブロガーから注目されています。
主にiHerbなどで販売されているもので、冷水に混ぜて飲むタイプです。
18歳以上の健康な成人の方にだけおすすめされています。
稲妻に打たれたような衝撃を受けると表現されるように、飲むと体がピリピリするのを感じる方も多いようです。

代謝が低下している方、運動と組み合わせて活用したい方におすすめしたいです。
味はレイザーライム、パイナップルシュレッド、ピクシースティック、ブルーラズベリーなどいくつも種類があります。

ラクトフェリン(ライオン、森永、DHCなど)

赤ちゃんに免疫力を与える初乳・母乳に含まれているのがラクトフェリンで、鉄を吸収しやすくする、骨密度を改善する、腸内のビフィズス菌を増やす、内臓脂肪を低減させるなど様々な効果が期待できます。
ダイエットにも効果的ですし、貧血予防や便秘解消にも役立ってくれます。

ラクトフェリンを配合している商品は様々あります。
ライオンのラクトフェリンは内臓脂肪を減らすのを助けてくれるサプリで、森永乳業からはサプリも販売されていますがヨーグルトや赤ちゃん用のミルクなども販売されていました。

DISCO(ディスコ)

現在は販売終了しているサプリですが、Amazon・楽天などで購入できる場合もあります。
基礎代謝をアップするクラチャイダム、糖質の吸収を抑えるコレウスフォルスコリやクロロゲン酸などが配合されています。

BISERA(ビセラ)

ビセラも体内フローラに着目したダイエットサプリです。
年齢を重ねると基礎代謝も低下しますが、腸内細菌のなかでも腸内を整えてくれる善玉菌の数が減少していきます。
そうすると、便秘になりやすい・太りやすく痩せにくい・免疫力が低下するなどということが起こります。

ビセラは胃では溶けずに腸に届く特殊加工カプセルを採用し、体内フローラサポート菌1兆個や短鎖脂肪酸をダイレクトに配合しています。
体内フローラを効率的に整えることができますし、ダイエットに役立ちます。
オリゴ糖や水溶性食物繊維も入っているので、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして便秘も改善してくれます。
公式サイトなら初回限定送料無料100円からお試しできる場合もあるので、チェックしてみてください。

Blucky(ブラッキー)

公式サイトではすでに販売終了しているようですが、こちらもAmazonなどでは販売されているようです。
なんでも脂肪を溶かし、最大15kgものダイエットに成功された方がいるそうです。
代謝をアップさせる黒コショウやブラックジンジャーなども配合されていました。

防風通聖散(ナイシトール、コッコアポなど)

防風(ボウフウ)、オウゴンなど18種類の生薬を組み合わせてできている薬です。
お腹周りの皮下脂肪があり、便秘がちな方におすすめのものです。
肥満症、肥満に伴う肩こり・動悸などにも効果的です。

CMなどでも有名なナイシトールやコッコアポなども防風通聖散です。
ツムラ、ロート製薬、クラシエからは防風通聖散として販売されていますし、他にもさまざまな種類があります。病院で保険適用で処方されることもあるようです。

防風通聖散のなかでも効き目が強い、効果的なものと言われるのが満量処方のものです。
漢方は生薬をどれくらい使用するのかということを定められているのですが、その基準の最大量を配合しているのが満量処方です。
他にも1/2処方や3/4処方もあるので、自分に合うものを試してみてください。
漢方でダイエットをしてみたい方におすすめです。

BBB(トリプルビー)

B.B.Bはモデルや芸能人もこぞって指導をお願いするカリスマクロスフィットトレーナーAYAが監修したHMBサプリです。
スザンヌさん、リア・ディゾンさんなども愛用されています。

テレビCMも放映されていますし、AYAさんも有名なので気になっている方も多いと思います。
AYAさんは細い=美しいのではなく、美しいスタイルになるためには筋肉をつけることが大切だと言っていました。

そのため、BBBは毎月変わるAYAさんのAYAトレDVDが特典として付いてきて、BBBサプリによってスタイルアップをサポートするというものになっています。
美味しいブルーベリー味になっていて、顆粒タイプだから水なしでも飲むことが可能になっています。
AYAさんの強力ダイエットサポートメソッドを体験したい、ジム帰りや運動終わりにサクッと美味しく飲みたい方におすすめです。

BBX

タイ国FDA承認のダイエットサプリで、日本国内でも湘南美容クリニックや城本クリニックなど美容外科で処方されることもあるものなので安心です。
BBXは主に食欲抑制効果と脂肪吸収抑制効果があります。

ダイエットをすると食事制限や運動などでストレスが溜まりやすいですが、ストレスを感じるとコルチゾールという食欲を増す物質が分泌されます。
BBXはコルチゾールにアプローチをして食欲を抑える効果があり、空腹感やストレスもサポートしてくれるのでダイエットにぴったりです。
さらに、摂取したカロリーの約50%をカットする効果にも来たいできると言われています。
食欲を抑えながらカロリーをカットできるので、効率的にダイエットができますね。

ゼナドリン

現在はあまり取り扱いがされていないようです。
基礎代謝をサポートすることで、脂肪を燃焼させるダイエットサプリです。

おすすめの痩せる薬ランキング!口コミで人気の一覧

サプリよりもより効率的に、計画的にダイエットがしたい・痩せたいという方に人気が高いのが痩せる薬やダイエット薬と呼ばれるものです。
お薬なので飲める人・飲めない人、副作用などもあるので飲み方や注意事項を読んで飲むようにしてください。
特に人気の痩せる薬を調査してみたので、参考にしてみてください。

サノレックス(マジンドール)

日本でも厚生労働省が認可している食欲抑制効果があるお薬で、主成分がマジンドールというものです。
脳の視床下部にある食欲に関する神経・摂食中枢に働きかけることで、食欲を抑える効果があります。
空腹感が少なくなるので無理なく食事を我慢することができ、ダイエットが計画的に進みますし、ストレスも感じにくいです。
つい食べすぎてしまう、空腹感に耐えられずにダイエットが続かないという方におすすめです。

日本国内ではダイエット補助薬として美容外科、婦人科、肥満外来・ダイエット外来などで処方されています。
肥満度が70%以上または高度肥満(BMI35以上)の方なら保険適用で処方されますが、自由診療でも処方してくれる場合もあります。
ほとんどの方が自由診療になるため、1錠あたり350~800円と高額です。

個人輸入代行サイトを利用するという方法もあるのですが、サノレックスは向精神薬に指定されるため個人で輸入することは禁止されているようです。
オオサカ堂など有名な個人輸入代行サイトでも取り扱いされていませんでした。

病院やクリニックで処方してもらえるものなので、無料相談を実施しているクリニックなどを利用して相談してみるのが良いかもしれません。

ゼニカル(オルリスタット)

新しい肥満治療薬として注目されているのがゼニカルです。
有効成分がオルリスタットやオーリスタットと呼ばれるものなのですが、米国・英国では承認されているものです。

今までのダイエット薬や痩せる薬は食欲を抑えるものが一般的だったようですが、ゼニカルは脂肪の吸収を抑制する効果があるお薬です。
脂っこい食事が大好きだという方に向いています。

脂肪は体内で吸収されるときに大きな分子を脂肪分解酵素のリパーゼが小さい分子に分解するのですが、ゼニカルはこのリパーゼの働きを阻害する効果があります。
脂肪が分解されないことによって食事から摂った脂肪の約30%ほどを吸収せずに、そのまま体の外へ便と一緒に排出できるようになります。
トイレへ行ったときなどに黒い油が出る痩せる薬として有名なのがゼニカルですね。

ゼニカルもサノレックスと同様に日本国内の美容外科などで処方されることがあります。
オオサカ堂などの個人輸入代行サイトでも販売されているので、チェックしてみてください。

注意点や副作用としては急な便意、下痢、油が漏れるなどということがあります。
また、脂溶性ビタミンと呼ばれる油で溶けやすいビタミンが不足してしまうことがあります。
主にビタミンA、D、E、Kなどです。これらが不足すると肌荒れ、肌のかさつきなどが怒ってしまうことがあります。
なので、できるだけゼニカルを飲むときにはビタミンサプリメントを併用するのがおすすめされています。

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)

ゼニカルと同じオルリスタット(オーリスタット)を主成分とした脂肪吸収抑制剤です。
食事から摂った脂肪の取り込みを阻害し、そのまま体外へと排出する効果があります。

オルリファストには60mgタイプと120gmタイプがあります。
ゼニカルと同じ脂肪分30%をそのまま排出される効果が発揮されるのが120mgのほうで、60mgタイプは食事中の脂肪分の25%を排出させる効果があります。
やはり量が少ないもののほうが作用が穏やかなようですね。
ゼニカルだと効果が強い、もうちょっと少ない量からはじめたいという方はオルリファスト60mgからスタートしてみても良いかもしれません。

こちらもゼニカルと効果は同じなのでビタミンサプリと一緒に飲むのがおすすめです。
また、ジェネリックということもあり価格もオルリファストのほうが安めです。

ゼニカルではなく、オルリファストを処方しているクリニックもあるようです。

リデュース

シブトラミンを主成分とした食欲抑制剤です。
肥満の方に効果があるもので、痩せている人がさらに痩せるために使ってもあまり効果がないようです。

アメリカではメリディア、オーストラリアではリダクティルという販売名で販売されていました。リデュースはリダクティルのジェネリックでもあります。

どのように食欲が抑えられるのかというと、シブトラミンがセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するからです。
セロトニンには感情や不安などをコントロールする働きがあるのですが、食欲をコントロールするという働きもあります。
ノルアドレナリンを調整することで脂肪を燃焼する効果も期待できます。

ただ、オオサカ堂など大手の個人輸入代行サイトではリデュースやその他のジェネリックや類似品も取り扱いが終了しています。
副作用として不眠症やうつ状態になることもあるということも原因かもしれませんね。

リポドリン

食欲を抑える効果と脂肪燃焼効果の両方を支えてくれるアメリカで話題のサプリメントです。
アメリカでは売れ行きがNo.1というベストセラー商品でもあります。

中国では麻黄と呼ばれているエフェドラという成分を配合し、食欲抑制効果・代謝アップ効果などが期待できます。
サプリではあるのですが、エフェドラは喘息治療薬や風邪薬にも使われている成分で、日本では麻黄は医薬品成分として指定されています。
通常、サプリは続けて飲むことができるものですがリポドリンは8週間以上続けての使用が推奨されていません。
リポドリンはサプリでありながら、危険性もあるので注意してください。

心配な方のために、リポドリン・エフェドラフリーも販売されているようです。
代謝をアップし、ダイエットをサポートしてくれる効果があります。

リポドリンエクストリームもエフェドリン無配合で、食欲を抑える効果と燃焼サポート効果が期待できます。
成分がより穏やかなのはリポドリン・エフェドラフリーのようです。

リポドリンも個人輸入で購入することはできますが、エフェドラに対して不安がある・心配という方にはエフェドラフリーやエフェドラ無配合タイプのサプリをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました