物が壊れる時のスピリチュアル意味

物が壊れる時、あなたは大事なメッセージを受け取ることができます。

形が壊れたり、役に立たなくなってしまったら、一見 “損”や “不幸” といったネガティブになってしまいますよね。

また私たちは所有しているものほど、いつまでも使えるものだと思い込んでいます。

ですが意図せずに物が壊れた時、壊れないはずの物が壊れた時、その物は “破壊”という現象を通してあなたにサインを送っているとしたら、どうでしょうか?

形あるものは、いつか形を失い、私たちの感情は失う時ほど動きます。

今回は物が壊れる時、あなたに訪れるスピリチュアルなメッセージについてお話します。

この記事を読むことで、あなたはご自分の人生に起きるサインに気づき、より物に感謝する気持ちが沸いて来ると思います。

それでは是非、最後までお付き合いくださいね!

執筆者GYPSEE編集部

「GYPSEE編集部」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

物が壊れるスピリチュアル意味7選・メッセージ

物が壊れるスピリチュアルな意味は、大きく分けて7つです。

  1. 大きな転機の到来
  2. 物に対する執着の手放し
  3. 心の浄化
  4. 危険が迫っていること
  5. エネルギーの転換期
  6. 人生のサイクルの切り替わり
  7. 自分自身の振り返り

物が壊れる時のシチュエーションや条件はそれぞれなので、7つに分けて詳しく解説させていただきます。

大きな転機の到来

物の寿命は、外部からの影響がないことが前提です。

ですが簡単に壊れるはずのないものや、新品の物、何度も立て続けに物が壊れるといった場合、大事なメッセージを秘めています。

まず最初に挙げられるのが、あなたに大きな転機や変化が訪れようとしていることです。

目に見える世界も目に見えない世界も、” 創造の世界 ” 。

創造は誕生と破壊、破壊からの再生、そしてまた破壊、というように命が循環するサイクルのことです。

物には役割があり、寿命はその役割込みで捉えてみると、物が壊れることで創造のサイクルの一端を担っているということになります。

あなたの身の回りで物が壊れる時、あなたには予期しない転機が訪れようとしていることを知らせているのかもしれません。

物に対する執着の手放し

あなたが物に強い執着を持っている場合、多くは期待や不安といった ” 淀んだ感情 ” によって、物の寿命を縮めてしまうことがあります。

  • 物理的に強い衝撃を与えてはいない
  • お気に入りの物が壊れてしまった
  • 気付かないうちに壊れてしまっていた
  • 何かの代用品として持っていたものが壊れてしまった

など、あなたが無意識的・意識的な感情が、物に圧力をかけてしまっている場合があるのです。

その圧力の正体は感情のエネルギー。

実は強い執着を持つことで、常時その物と無意識的に繋がってしまい、物がその形を保つエネルギーを変えてしまいます。

心理学では、愛着のことを「Attachment」と呼び、「Attach」とは ” 付く ”、” 付着する ” という意味で、日本語とニュアンスは全く同じですね。

執着と比べてエネルギーが軽い感情が愛着で、更に軽いのが頓着です。

物に対する感情と、物との繋がりは、その物を初めて持った時から始まります。

そしてあなたの感情のエネルギーの変化と強さが、エネルギーで繋がっている物を壊す、という変化に繋がるのです。

ただ執着を持つこと自体は悪くありません。

執着を持つ原因である、不安や恐怖といった、後ろ向きな感情があり、物は身を挺(てい)して、あなたに「執着を持ちすぎると、苦しくなるよ」というメッセージを送っているのです。

ですから執着を持つご自分を責めることはせず、心の中にある不安や恐怖といった感情がある、ということをまず知ってくださいね。

心の浄化

あなたとあなたの所有物は、エネルギー的に繋がっています。

先ほどあなたの執着が、物に変化を与えることがある、とお話しました。

もっと言えば、物はあなたの代わりに執着や心の苦しみを「表現してくれた」ということが言えます。

よく ” ぬいぐるみや人形には魂が宿る ” と言いますよね。

厳密には、感情が物に積もり積もって、「付喪神(つくもがみ)」という存在になり、物に宿るようになります。

とはいえ、物には形や用途がありますから、すべてのものに感情が付喪神のような存在になるというわけではありません。

大事なことは、あなたの心の状態を察して、エネルギーで繋がっている物が壊れることで、” あなたの心が大切にされたがっている ” というメッセージを発していることです。

心は四六時中何かしらの刺激を受け続けていますから、意識的にストレスを発散したり、自分だけの趣味をしたりして、潤いを与えてあげる必要があります。

あなたの心の状態が物に反映されていることを知ると、物を大切に扱ってあげたくなりますよね!

危険が迫っていること

物が壊れることは、好転する兆しを意味するばかりではありません。

あなたの身に起こる危険や、用心するように、という警告のメッセージを物が発してくれる場合があります。

物は、物理的な衝撃だけで壊れるのでしょうか?

いえ、私たちは360度、あらゆるものから影響を受けています。

簡単に言えば、目に見えない力・エネルギー、霊的な作用です。

特に霊的な働きによって物が壊れる時、あなたを守ってくれている存在がメッセージを送ってくれているのかもしれません。

あなたを守ってくれる存在は実に様々です。

・ご先祖様
・土地の神様
・あなたと縁がある神様
などの存在が、ここぞという時に強いメッセージを送ってくれるのです。

ですから不用心な行動や、言葉に気を付けたり、周りの人との付き合い方に少し注意を払う必要がありますね。

物にも感謝の気持ちが溢れてきますが、あなたを守ってくれる存在たちに対して、以前よりも感謝の気持ちを持つことが大切です。

エネルギーの転換期

私たちは常に変化していると同時に、成長しています。

あなたが色々な経験を通して成長することで、あなたが発するエネルギーが変わります。

つまり、古いエネルギーが新しくなる、ということです。

私たちはエネルギーが切り替わる時、それまでしていたことに違和感を持ったり、いつもは違うことがしたくなったりします。

また内面で起こることは、外側の世界にも反映するから、物が壊れるということはそれほど不可解なことではありません。

実はあなたのエネルギーは、あなたが長い時間滞在する場所や、その場所にある物に影響を与えています。

綺麗好きな人は清々しい場所を好み、逆にエネルギーが停滞している人は、荒れた場所を無意識的に選んでしまうのです。

物が壊れる時、あなたのエネルギーが切り替わった証拠ですから、心配するよりも、むしろ「成長しているんだ!」と喜んでくださいね!

人生のサイクルの切り替わり

人生は本当に山あり谷ありですよね。

どんなに頑張っても、何も上手くいかない時があります。

そんな時に物が壊れてしまったら、余計に気が滅入ってしまいますが、実は人生のサイクルが切り替わっていることを知らせるサインです。

・調子が良い時は、調子に乗らない方が吉というサイン
・調子が悪い時は、これから調子が良くなるサイン

あなたの状況によって、物は信号のようにサインを送ってくれます。

ドラマや映画、小説のストーリーが面白いのは、起承転結や変化、成長が描かれているからです。

特に「転」、物事がガラッと変わる時、人は成長します。

そういった時、周りの人や状況が注意してくれたり、助けてくれたりしますから。

ですから物が壊れることを、「都合が良い」や「都合が悪い」を判断基準にするのではなく、「人生が進んでいっているんだ」という気持ちで、サインを快く受け取ってくださいね!

自分自身の振り返り

あなたと物はエネルギー的に繋がっているので、物があなたの鏡になって、あなたの心を「代弁」してくれる時があります。

神社をお参りすると、鏡が飾ってありますよね。

神道では、1人ひとりが神である自分を思い出すために、鏡を見に行く、とされています。

「カガミのガ(我)を取るとカミ」というのは、単なる言葉遊びではなく、神聖な自分を汚すあらゆるモノを日々祓い続けましょう、という教訓です。

あなたとエネルギー的に繋がっている物が、鏡になってくれるとすれば、あなたは身の振り方見つめ直したり、内面と向き合うことを諭してくれているのかもしれません。

あなたはご自分に厳し過ぎていませんか?
それとも怠け過ぎたり、臆病になって、挑戦したり幸せになる可能性を逃していませんか?

物を大切にできる人は、きっと自分自身も大切にし、周りの人も大切にできる人ではないでしょうか?

物が壊れた時、あなたもきっとみんなで幸せになるための気づきを得ることができるでしょう。

恋愛における物が壊れることのスピリチュアルな意味5選・メッセージ

恋愛における物が壊れることのスピリチュアルな意味は、大きく分けて5つです。

  1. 良縁が訪れる前兆
  2. 想い人やパートナーの感情
  3. パートナーとの関係性の変化
  4. パートナーとの関係性の急展開
  5. 別れ、遠距離、すれ違い

私たちが強い感情を持っている時ほど、身の回りにある物が共鳴します。

特に恋愛感情を持っている時や、恋愛をしているパートナーがいる時、相手を思う気持ちや、恋愛関係や状況に対する心模様が、あなたの感情のエネルギーを変化させます。

そして時に、あなたの感情のエネルギーが物に流れ込み、分かりやすい変化を見せてくれるのです。

それでは、恋愛における物が壊れる時の変化やメッセージをご紹介します。

良縁が訪れる前兆

現状が打開される時、予兆や前兆として物が壊れることがあります。

つまりあなたの恋愛運がアップする、ということです!

特にパートナーがいない時、ふと運気が変わり、恋愛運が高まるサイクルに入る時、物が壊れることが出会いのサインになることがあります。

想い人やパートナーの感情

私たちは色んな人と接しながら、相手の感情を無意識のうちに受け取っています。

特に相手に好意を寄せている場合は、その傾向が強いです。

そしてその人の感情を持ち帰ることによって、あなたの持ち物に変化が現れることがあります。

物が壊れることで、その人に良い変化があることもあれば、ケガが不運のサインであることもあるでしょう。

それが前兆である時もあれば、シンクロニシティで、今起こっていることかもしれません。

心配し過ぎず、冷静になってお相手に連絡してみることをおススメします。

パートナーとの関係性の変化

あなたの感情のエネルギーが物に宿る、とお話しましたが、その感情には、あなたとパートナーの混ざった感情も含まれます。

その感情は、時にあなたとお相手との「関係性の変化」を表します。

お相手が昇進したり、金運にまつわる良い出来事、良い物件が見つかる、など喜ばしいことが起こるかもしれません。

お相手の状況が変わることで、あなたとの関係性も自ずと変化しますから、
物我壊れる時、それまでの関係性に刺激や嬉しい知らせがあるかもしれませんよ!

パートナーとの関係性の急展開

恋愛運の極み、と言えば、婚約や結婚といった人生の大きな決断です。

生涯の伴侶・パートナーになる決断は、感情だけで決めることは難しいですが、状況やタイミングが整う時、急な展開で関係性が変化することがあります。

例えば昔からある古い物、
昔の恋人から貰ったもので捨てていなかった物、
日常的に使う物で買い替えられる物などが壊れる時、
お相手から思わぬ申し出があるかもしれません。

慌てず騒がず、壊れてしまった物は丁寧に処分し、そのお役目に感謝してください。

そしてお相手に対して、より一層真心を持って接して、喜びを分かち合ってくださいね!

別れ、遠距離、すれ違い

あまり耳に入れたくないかもしれませんが、” 起こるべき変化 ” として肯定的に知っておいてください。

破壊は、次の始まりのためには欠かせないステップ。

物が壊れる時、お相手との別れ、距離、すれ違いが起こる可能性があります。

本当に壊れない絆なら、物語の「転」を超えて「結」に続きますし、今のパートナーが運命の人という確証はどこにもありません。

また、変化の無い関係性や、心から信頼する相手とお付き合いをしていないというのは、もったいないのではないでしょうか?

喧嘩やすれ違いがないカップルもいるとは思いますが、自分の怒りや至らないところを見せ合うことは素晴らしいことです。

そして相思相愛の相手に出会う前には、” ニアピン ” の相手や、こっぴどい恋愛のパートナとの別れが必要だったりもします。

恋愛を楽しみ、より深みを感じられるのは、大波小波を一緒に経験し、相手も自分も心が通じ合っていると実感できるからではないでしょうか?

物が壊れる時、時にあなたのお相手の気持ちと、あなたの忍耐力が試されます。

ですが人生で起こる大事な出来事に、無駄なことはありません。

ですから物が壊れることのメッセージを受け取って、新たなご自分の誕生と、これからの出会いの到来を心待ちにしてくださいね!

物がよく壊れるときは?

物がよく壊れる時は、「浄化」が必要です。

人にも、物にもエネルギーがあり、特有の周波数があります。

あなたや、あなたの部屋や家に、物が壊れるエネルギー場・地場があるとすれば、できる限り早く浄化をすることが大事です。

物が壊れ続けるのは困りますし、あなたの周りの空間が淀んだエネルギーに満たされているのはもっと困ります。

そして連鎖的に物が壊れるのは、「気づきなさい」というメッセージです。

浄化とセットで、何か気づくべきことはないか、誰かが何かを必要としていないか、など意識を広げて生活するようにしてください。

もしかしたらあなた自身の問題だけではないかもしれません。

あなたの家族や友人、パートナー、ペットなどからのSOSサインや、あなたに対して隠している不満であったりもします。

ご自身のエネルギーを整えることと同時に、「周りの人のエネルギーも良くしよう!」という気持ちで、周りの人に気を配ってみてください。

参考までに、エネルギーと空間の浄化の方法をご紹介しますね。

・ティンシャ、チューナーによる浄化
・お祓いによる浄化
・インセンス・お香による浄化
・換気による浄化
・清々しいエネルギーを感じる絵や写真を飾る
・掃除、整理整頓をし、見えないところを綺麗にする

* 盛り塩やファウンテンの水の浄化をする場合は、頻繁に手入れが必要であったり、質の良い塩や水が必要になるので、浄化が終わるまで取り替えや手入れを続けてください *

それでは特定の物が壊れた時のスピリチュアルな意味・メッセージについてもご紹介させていただきます。

靴がよく壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

靴がよく壊れることのスピリチュアルな意味は「ステップアップ」です。

靴が持つ役目は、あなたの成長・飛躍を助けること。

特に仕事で使う靴がよく壊れる場合、あなたは着実に成果に近づいていることを暗示します。

ビジネスマンやモデルの方で成功している方は、靴を大事に扱うと言われます。

運気の原理は、自らがエネルギーを動かすことなので、自らの行動によって運気の良し悪しが決まっていきます。

ですから運気を動かすパートナーである靴が壊れる時、あなたは着実にステップアップし、収入や仕事での幸運の前触れを予感させてくれるのです。

アクセサリーがよく壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

アクセサリーがよく壊れることのスピリチュアルな意味は、「エネルギーの変化」です。

形や色には固有の周波数・エネルギーがあります。

ですからあなたのエネルギーの変化に、身につけるアクセサリーにも変化が訪れます。

アクセサリーが完全に壊れてしまう場合は、あなたのエネルギーがアクセサリーのエネルギーよりも高まっている、と判断できます。

また修理や取り替えがきくような場合、あなたのエネルギーは少し不安定なのかもしれません。

あなたがアクセサリーからエネルギー的な助けをもらいたい場合は、質の良い物を身につけ、大切に扱ってあげてください。

アクセサリーの質は、値段やブランドだけで判断できませんから、あなたの心境にマッチする物を選んでくださいね!

携帯・スマホが壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

携帯やスマホが壊れることのスピリチュアルな意味は、「情報との付き合い方をかんがえる」です。

現代ではパソコン以上に、簡単に扱える携帯電話やスマートフォンが普及しています。

ですが簡単さや便利さには、依存性や中毒性がセットでつきまとい、またあなたは常に情報を浴び続け、疲れてしまう恐れがあります。

ですから携帯やスマホが壊れた時は、情報を際限なく取り入れ続けることを止めて、「内面と向き合う時間を取ってください」というあなたへのメッセージです。

私たちは好奇心を持つことに喜びを感じますが、インターネットには嘘やデマも沢山あります。

特に誹謗中傷やネガティブな情報は避けることをおススメします。

情報に支配され、時間を奪われる人生ではなく、「あなた自身が輝くため」に情報を活用することが大事です!

電化製品・家電が壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

電化製品や家電が壊れることのスピリチュアルな意味は、「感情のバランスを整える」です。

電化製品や家電は、あなたの居住スペースにずっとあるものなので、あなたのエネルギーの影響を受け続けています。

また私たちの身体には微弱な電気が流れていますし、身体の80%は水分ということも相まって、電気エネルギーがよく働くのです。

そして私たちは一瞬一瞬、コロコロ感情を変化させ、時には感情を爆発させたり、強い感情を抑圧したりします。

家や部屋は空間としてあなたのエネルギーを吸収しますが、電気が通りやすい電化製品や家電の持つキャパシティは、それほど大きくないのです。

ですから電化製品や家電が壊れる時、あなたは感情のバランスを整える必要があることを教えてくれているのかもしれません。

加えて、電化製品・家電の修理や買い替えに大きなお金が必要になる場合、後になって、それ以上の金運アップが訪れることもあります。

新品の電化製品や家電が壊れる場合、メーカーのミスや整備不良の可能性があるので、あなたの感情をリセットし、無料交換を経て、新しいエネルギーを取り入れるということもあるかもしれません。

電化製品や家電が壊れたら、かなりショックですが、目に見えて分かる変化を目の当たりにしたら、「逆に良いことが起こるに決まるかもしれない!」と肯定的な気持ちを持つことが大事です!

車が壊れる・故障することのスピリチュアルな意味・メッセージ

車が壊れることや故障することのスピリチュアルな意味は、「再生」や「大きな転機」です。

車が壊れたり故障する方が、電化製品・家電の時よりも、運気や状況の変化が訪れる意味合いが強くなります。

また事故や交通に関するトラブルが未然に防がれる、という意味で ” 身代わり ” という意味合いもあるかもしれません。

この世は陰と陽が絶え間なく循環していますので、大きな出費がかかった後は、その分が返って来るといわれています。

大事なことは、とんでもない不幸・不運が降りかかってしまった!という気持ちを持ち続けないことです。

最初はショックですが、目に見えない次元では目に見える世界以上のことが起こっています。

壊れたことに対する感情を掴み続けることはせず、あなた自身が健康であることで、いくらでも挽回は可能だという気持ちでいてください。

*車を買い替える時や、運気が極度に悪い場合は、お祓いをすることも手ですよ!

時計が壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

時計が壊れることのスピリチュアルな意味は、「リセット」や「過去からの脱却」です。

時計はただ時間を知らせるだけではありません。

実は時計の役割は、私たちの意識を物理次元に向け、地に足を点けるためのツールであったりもするんです。

そんな時計が壊れる時、あなたには意識の使い方について考えるようにメッセージを送っています。

時間の経過自体は、自然現象から捉えることはできますが、私たち人間ほど、時間に支配されている生き物はいません。

というのも、時間という概念を ” 時計 ” という形や象徴を具現化することで、私たちの意識が “ 時間の枠 ” に固定されてしまうからです。

また私たちは時間が、過去、現在、未来という風に一方通行で進むと信じています。

ところが私たちは過去に意識が飛んでしまったり、未来の心配ばかりにして、今この瞬間に生きている実感を失ったりもします。

これって時間が前進しているだけではない証拠ではないでしょうか?

そして時計が壊れる時、あなたはハッと我に返るでしょう。

過去や未来へ向けていた意識を、今の現実に戻し、心をリセットすることが、時計への感謝の報いになります。

*時計が壊れ、完全に使えなくなった場合はパーツを組み替えるなどして、リニューアルしてはいかがでしょうか?

また修理が可能な場合は、一時期のリセット期間だったと捉え、また身に付けることは問題ありません。

厄年+物が壊れることのスピリチュアルな意味・メッセージ

厄年に物が壊れることのスピリチュアルな意味は、「デトックス」や「運命のサイクル」です。

死神に憑かれたように、何も上手くいかない時がありますよね。

厄年がその最たるもので、運の悪さが目立つように感じられます。

そんな中、物が立て続けに壊れたとしたら、更に大打撃。
どうしようもない気持ちでいっぱいになっても仕方がありません。

ですが、ここまで読んでいただいるあなたなら、物が壊れることで何らかの変化があることを予感するはず

厄年は、一種の「通過儀礼」と表現することができます。

あなたは厄年の時期に、古い価値観や思い込みを捨てたり、それまでの独りよがりな生き方を見直したりと、「人生や現実が自分の思う通りにならないこと」を学ぶ貴重な体験をすることができます。

もしあなたが厄年という概念を知らない場所で生まれ育ったとしたら、きっと今のあなたと違う生き方をしていたかもしれません。

ですが私たちは、人生には不運が頻発する時があり、その耐えがたい時期を乗り越えることで、一回りも二回りも強く逞しくなっていきます。

厄年を必要以上に心配する必要はありませんが、お祓いに行ったり、掃除を小まめにしたり、心の浄化や感情の棚卸をするなどして、心の安定を優先させてください。

そして何より、物に対する愛情や感謝の心を持ち、周りの人との繋がりを大切にすることで、あなたは厄年であっても、物が壊れても、健やかに日々を過ごせるでしょう!

まとめ

物が壊れる時、私たち自身が常に変化していることや、感情やエネルギーといった目に見えない働きがあることを実感させられます。

また形あるものはすべて、いつかは形を失う時が来て、それさえも生まれて来た役割なのだという気づきでもあります。

今回は物が壊れる時、あなたが受け取ることができるスピリチュアルな意味やメッセージについてご紹介しました。

最後に、今回のまとめをさせていただきます。

  • 壊れることが、物の寿命や役割である
  • 物と持ち主はエネルギーで繋がっていて、物は持ち主の心を映し出す
  • 持ち主のエネルギーによって、物が壊れることがある
  • 物に対する感情や思い入れ、執着を手放す必要がある
  • 物が壊れることは、変化や急展開、警告、親しい人との関係性の変化を表す
  • 物は言動や立ち振る舞い、感情の保ち方、感謝の念を教えてくれる
  • 人生のサイクルや運気の流れ、エネルギーと物は呼応する
  • 物が壊れる、という一見ショッキングな出来事が、あなたにとって喜びや幸せ、注意や警告などのサインであるということがお分かりいただけたでしょうか?

私たちの良い・悪いという価値観は、自然の摂理や高次の働きからすれば、” 早とちり ” だったりするのかもしれませんね。

そしていつの日も感謝の心を忘れず、内面と向き合い、常に自分自身を成長させていきたいですね!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました