【スピリチュアル】オーラがある人の特徴!強いオーラを出すには?

あの人には、独特のオーラがある。こんなふうに、才能豊かな人や魅力的な人、成功者と呼ばれる人たちには共通して強いオーラを感じることがあります。

反対にオーラが弱まっていると感じるときには、心身の不調があったり…。

今回はそんなオーラがある人の特徴や、強いオーラを出す方法についてお届けします。

執筆者GYPSEE編集部

「GYPSEE編集部」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

オーラがある人・強いオーラをもつ人の特徴や種類

華がある人

その人が現れるだけで、一瞬で周囲が明るくなる。華がある人は、強いオーラを持っています。

また、ずば抜けた才能を放つ人の中には、努力を積み重ねた結果に華のある雰囲気を身に付けた人がいます。

華がある人のオーラは、大きくて強い光を放っているのが特徴です。

素敵だなと思う人のオーラの特徴

いつも輝いていて素敵だなと思う人は、やわらかなエネルギーを出しているのが特徴です。

特に意識しなくても、その場のエネルギーを読み取っているため聞き上手です。

素敵なオーラを持っている人は、見返りを求めずに行動します。誰かに何かをしてあげたというよりも、こんな体験をさせてくれてありがとうという感謝の気持ちを持っているでしょう。

また、相手によって態度を変えるようなことがないので、誰からも好かれる人です。

優しい人

ふんわりと包み込むような優しいオーラの人は、ピンク色のオーラをまとっています。

人を大切にするあまり、自分に対しての優先順位が低いため、まわりから心配されることもあります。同じ空間にいるだけで、リラックスした気分で過ごすことができます。

また、マイナスオーラの人が近寄りにくいオーラなので、一緒にいると浄化されるのも特徴です。

不思議なオーラのある人の特徴

神秘的で不思議なオーラのある人は、複数のオーラをまとっていたりとオーラの色も特徴的です。

自分の性質がオーラにあらわれるのが一般的なのに対して、色のトーンが独特だったり、いつもオーラの色が変化しています。

これは、つかみどころのない本質をそのままオーラにあらわしているようです。

独特の世界観を持っている人は、パステルカラーのようなオーラを持っています。

また、複数のオーラの色を持っているので、いろんな色のオーラとバランスがよく、いろんな人を受け入れる包容力があります。このため、近くにいると癒される人も多いでしょう。

自信がある人

いつも自信に満ち溢れている人は、数々の苦難を乗り越えてきた末に身につけた強いオーラを持っています。

精神面でも、ニュートラルな状態を保つことができている人なのでいつも心に余裕があります。

様々な失敗を繰り返してきたからこその成功が自信となり、オーラにあらわれています。

すごい人

すごい人は、とても大きいオーラを持っていることが特徴です。

エネルギッシュで健康的、とてもパワフルな人です。まわりに何か意見されても、自分の軸をもって決断することができます。

同じ空間にいるだけで、まわりの波動を上げる人なので、まわりから感謝されることも多いでしょう。

また、年収1億円以上を稼いでいる人は、周囲を包み込むような金色の温かなオーラを持っているといわれてます。

モテる人・色気がある

モテる人は、濃く、大きく、とてもキレイなオーラを持っていることが特徴です。

活力に満ち溢れていますが、波動が高くなればなるほど優しく柔らかな雰囲気があらわれます。

両親からの愛情を十分に受けて育った人は、独特の気品からくる色気や、愛されオーラを持っています。

また、第1チャクラが活性化していて生命エネルギーや性エネルギーの高まっている人は、相手の性エネルギーを刺激するため色気となって伝わります。

人を惹きつける人のスピリチュアル意味

人を惹きつける人のスピリチュアル意味は、生命エネルギーや性エネルギーにあふれているということです。

人の持っているエネルギーは、次の4つです。

・身体が持っている生命エネルギー

・心が持っている感情エネルギー

・エネルギー体が持っているスピリチュアルエネルギー

・魂が持っている創造と高次元のエネルギー

自分に欠けている部分を補おうとして相手に惹かれたり、自分と同じ才能を感じて、エネルギーから良い影響を受けることを目的に相手に惹かれることがあります。

また、第1チャクラが活性化している人、赤のオーラを持っている人は、相手を惹きつける魅力を持っています。

存在感がある人

存在感がある人は、波動が高く、大きなオーラを持っていることが特徴です。

その人がそこにいるだけで場の空気が変わるほどに波動の高い人。こういった人は強い存在感を放っています。

また、思いやりにあふれるリーダーシップを取るため、腰が低く、柔らかな物腰であることも特徴です。

地味なのにオーラがある人もいる

地味なのにオーラがある人もいます。

しっかりとした自分の軸を持っている人で、落ち着いていて人生経験の豊富な大人の存在感があります。そこから語られるものには、深い言動が多いことも特徴です。

地味な外見だったとしても、積み重ねてきた努力から得た自信や人生経験をあらわす大きなオーラを持っているでしょう。

プラスのオーラとは

同じ空間にいるだけで、明るい気持ちになれる。こういったプラスのオーラを持つ人は、他人に良い影響を与えます。

オーラの特徴としては、身体を楕円形でとりかこむ柔らかなオーラです。人を惹きつける魅力や人生経験からくる説得力を持っています。

プラスのオーラを持つ人は、日々の小さなことに感謝する心を持っていて、自分自身が幸福で、まわりにそれを分け与えることができます。

マイナスのオーラとは

一緒にいると、なんだか疲れる…。こういったマイナスのオーラを持つ人は、本来のオーラがくすんでいる状態です。

自分を否定する気持ちが強かったり、嫉妬などのネガティブな感情、散らかった部屋に住んでいたり、マイナスのオーラを持っている人は、そのオーラをまわりに放っています。

また、相手からマイナスの影響を受けてエネルギーを奪われてしまうことも。こうしたエネルギーを奪う人を、エネルギーバンパイアと呼びます。

このようなときは、その場から離れたり、その人の状況が落ち着くまで距離を置いて過ごすようにしましょう。

自分自身のエゴと共鳴している場合は、エネルギーコードをカットしてもうまくいかないことがあります。

そういった場合は、生活習慣を整えることで自分のオーラを強めることが大切です。

応急処置として、相手を慈しみの深い愛情で包み込むようなエネルギーを送るイメージをしてみましょう。

マイナスの波動と共鳴しないように、心身を浄化しておくことをおすすめします。自分で行うのが難しい場合は、プロのヒーラーや占い師に相談してみましょう。

オーラがない人もいる?

オーラがない人は、いるのでしょうか?

生きている人に、オーラのない人はいません。また、オーラは身体の外側に流れる静電気のようなものなので神経の影響を受けることがあります。

切断された神経があると、その部分だけオーラが欠けたり、小さく見えることはあります。

ほかに、無気力で存在感のあまりない人は、オーラの少ない人もいます。オーラの色が薄まっていたり、勢いを感じなかったり、小さくなっているようなら、自分を満たしてあげることが必要です。

これは、他者からの影響が原因であることもあれば、自分を否定してしまう気持ちなど自分自身が原因の場合もあります。

オーラが見えるという人はほんとう?

オーラが見える人はいます。オーラ鑑定では、オーラの状態を手で触ったり、サードアイ(第三の目と呼ばれる眉間のチャクラ)で見たりして霊視することができます。

また、オーラ調整といって、弱まっているオーラに活性化しているオーラからエネルギーを流して調整することで整えることもできます。

オーラはどんな風にみえるのか

オーラは、最初は白い煙のような形で見ることができます。

慣れてくると、見る側が得意とする分野がわかってきます。風景や映像、音、文字、色など、その見え方は様々です。

オーラに大きさはあるのか

オーラには、そのときの状態やその人によって、大きさや状態に差があります。

成功者と呼ばれる人のオーラは大きく、勢いがあるため、まわりに良い影響を与えることが特徴です。

逆に、エネルギーが弱まっているときには、オーラも小さくなったり、マイナスのエネルギーの影響を受けているときにもオーラが大きくなることがあります。くすんだ色や暗い赤、黒みを帯びた尖った形になることがあります。

また、人のオーラの平均値は、横も高さも1mほどとなっています。

オーラの見方とは?

オーラを見るには、ろうそくの炎を見ることでトレーニングすることができます。炎は誰もが目で見ることのできるエネルギーで、いくつかに層が分かれています。

これを見る練習を繰り返していると、自然に人から白い煙のようなものが見え始めたら、それがオーラです。

また、手で触れることで活性化している場合は暖かく大きく感じたり、反対に不活性化している場合は少し冷たく小さく感じとることができます。

目で見ることができなくても、雰囲気や感触で感じとることを霊視と呼び、オーラは霊視で見ることができます。

色別オーラの特徴

紫のオーラの特徴

紫のオーラは、人を惹きつける魅力と、鋭い洞察力を持っていることが特徴です。

高次元の存在からのメッセージを受け取ったり、相手のオーラから情報を読み取ることができるので、嘘をついても見破られるでしょう。

青のオーラの特徴

青色のオーラの人は、冷静で強い仲間意識を持っていることが特徴です。

誰とでも仲良くするというよりは、トラブルに巻き込まれないように回避する保守的な人が多いでしょう。また、忍耐力があるため、目標を達成するまでに長い時間がかかることも特徴です。

白のオーラ

白色のオーラの人は、何色にも染まりやすいことが特徴です。

すべての色の特性を持っているため、すべてのオーラに影響を及ぼします。また、このオーラは人生経験の豊富な人だけが持つことができる智慧の光といわれています。

緑色のオーラの人は、人を癒すエネルギーを持っています。

自然を感じさせる緑色は、心豊かで優しく癒し系の人が多いことが特徴です。

黒色のオーラの人は、強い影響力を持っていることが特徴です。

とても珍しい黒色のオーラは、災いや暗黒などネガティブイメージの象徴でもあります。

このオーラを持っているときは、マイナスエネルギーの影響を受けている場合があります。

また、本質的な黒色オーラの人は、一匹狼、クール、経営者タイプなどの特徴があります。

金色

金色のオーラの人は、自由な表現力とカリスマ性を持っています。

強い存在感を持っているので人が集まってきます。リーダーシップ能力も高いため、成功者と呼ばれる経営者や会長職の方に多いオーラです。

貫禄があって、リーダーにはなりますが、プライベートとしては近寄りがたい雰囲気を持っているので、パートナーは見つかりにくいでしょう。束縛されることを嫌うので、自分の自由にさせてくれる人を好みます。

ピンク

ピンク色のオーラの人は、とても優しく愛情豊かです。

素直で人に尽くすことが好きなため、騙されやすい傾向もあります。

ピンク色の優しさや愛が、他の色のオーラと結びつくことで独自の才能やカリスマ性を発揮することができます。

臆病で、繊細な人が多いのも特徴です。

虹色

虹色のオーラの人は、現状が最高の状態であることをあらわしている期間限定のオーラです。マイナスをプラスに変える力を持っています。

ヒーリングなどで一時的に波動が高くなっていたり、音楽や芸術の面で影響力を受けたときにあらわれます。よく曲が降ってきたとか、イメージが降ってきたというような状態で、高次元からのメッセージを受け取りやすい時期です。

また、そのときにできた作品などを通じて、人を感動させることができます。その後の人生が、カリスマ性を持った時代を変えるリーダーへと大きく好転することもあります。

感動や祝福のエネルギーとされているため、コンサートや結婚式などでもこのオーラがあらわれることがあります。

オーラが薄い人が強いオーラを出すには?

オーラが薄い人が強いオーラを出すには、生命エネルギーを活性化させることです。

リラックスして落ち着いた状態で過ごすことで、ストレスや疲労がなくなります。こうすることで、オーラも自然と整ってきます。

また、瞑想をして直感を磨くのもおすすめです。直感に従った行動を繰り返すことで、オーラは強くなっていきます。

他に、強いオーラを放つ人と会う機会を増やしたり、行動を共にしていると影響を受けて一緒にいる人のオーラが強まることがあります。オーラの強い人のアドバイスに従うのも、より効果的です。

無料のオーラ診断がおすすめ

オーラを強くしたいなら、まず無料のオーラ診断を受けてみましょう。

オーラ診断では、オーラの色だけでなく診断カルテをつくることができるものもあります。

オーラの大きさや色は、心身の状態や、状況によって変わるものなので、運勢まで鑑定することができるものがおすすめです。

まとめ

オーラがある人の特徴と、強いオーラを出す方法についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

  • オーラがある人・強いオーラをもつ人には特徴や種類がある
  • プラスのオーラは周りに良い影響を与える
  • マイナスのオーラは、周りのエネルギーを奪うことがある
  • オーラのない人はいないが状態によってオーラが弱まることがある
  • オーラは霊視でみることができる
  • オーラは白い煙のように見える
  • オーラには人や状態によって大きさに違いがある
  • オーラを見るにはろうそくの炎を見る練習から
  • オーラには色別の特徴がある
  • オーラが薄い人がオーラを強めるには、生命エネルギーを活性化させること

他者からの影響を良い意味でも悪い意味でも受けることのあるオーラ。

現在の自分のオーラの状態を把握して運勢を知ることで、オーラを強めておくことが運気を好転させたり、自分を守ることができるのではないでしょうか。

芸能人・有名人でオーラが凄い人といえば?

芸能人・有名人でオーラが凄いのは次の4人が有名です。

渡辺謙

世界で活躍している俳優です。

男性らしさと、数々の苦難を乗り越えてきたその人生経験からも、オーラが凄い人といえば思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

小栗旬

その顔立ちとセンスと独特のファッションセンス、そして内面から溢れ出る自身と人を惹きつける色気から、オーラが凄い俳優の一人です。

天海祐希

クールでありながらも、親しみやすくオーラが凄い女優です。

元宝塚歌劇団月組のトップスターとして活躍していたことでも有名です。

北川景子

凛としていてシャープ、クールで不思議なオーラを持つ女優です。

さまざまな人気ドラマでも主演で活躍していて、私生活でもDAIGOとは美男美女の夫婦として人気があります。

■オーラの種類

オーラには、身体の状態をあらわす幽体のオーラと、精神性をあらわす霊体のオーラの2種類があります。

身体の調子が悪いと寒色系になり、活性化していると暖色系になります。

人を惹きつけるオーラ

第1チャクラが活性化している人、赤のオーラを持っている人は、相手を惹きつける魅力を持っていて、芸能人にはこのオーラを持つ人が多くいます。

モテる人

モテる人は、濃く、大きく、とてもキレイなオーラを持っていることが特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました