自分でもできる邪気祓いのやり方

あなたは邪気払いの方法や、邪悪なエネルギーの浄化方法をご存じですか?


もし何の対策も取らず、” 泣き寝入り ” してしまったら、あなたは邪なエネルギーの餌食になってしまいます!

本来なら私たちは、心の底で、幸せな人生を生きて、周りの人と喜びを分かち合いたいと願っています。

ですが邪気の影響を受けることで、心身ともに疲れ、運気が低迷し、本来の活力が失われていきます。

そのような時に、どうして人の幸せまで願うことができるでしょうか?


ですから今回は、あなたが毎日を安心して送っていただくために、ご自分でもできる邪気払いの方法をお伝えしていきます。


何事もまずは、自分の安心と安全を確保し、あなたが幸せになることが、周りの人の幸せにつながります。

邪気に振り回されて、時間を無駄にしたり、ご自身の人生が損なわれないためにも、是非最後までお付き合いください!

邪気とは

” 邪気 ” とは、「不浄な気やエネルギー」を意味します。

もっと詳しく言うなら、未成仏の感情や観念、無意識的に発せられる悪感情やエネルギーです。

邪気を別の言い方で言うなら、ネガティビティや陰気です。

また邪気の働きは、「本来の役割や働きを損なう」ことにあります。


邪気は、陰湿さと冷たさによって、徐々に心身を蝕み、うかつに触れてしまうと、不運やトラブルに巻き込まれてしまいます。

邪気そのものには意思はありません。

ですが、カビやウィルスのように増殖しますから、影響が出る前に予防したり、影響がある場合は早急に対処する必要があります。

以前の邪気ページリンク

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

邪気払いとは

邪気払いとは、悪しき気・エネルギーを「無効化」や「清浄化」することです。

無効化や清浄化は、邪気の存在自体や働きを消してしまうことを意味します。


” 成仏させる ” という表現がありますが、これは対話ができる相手に納得してもらい、自ら昇華の道に歩んでいくため、意味がことなります。

邪気払いには色んな手段があり、その効力も様々で、継続的に行う必要があることが多いです。

1回やってすぐ終わり、というわけにはいきませんが、ご自身の安心と安全のために、諦めないでください。

邪気払いは自分でもできる?

邪気払いは個人でも出来ます。

” 諦めないでください ” とお伝えしたのは、邪気払いを定期的に行ったり、影響が無くなるまで行う必要があるからでした。

邪気払いを生業とする専門家やプロ、神職の力を借りると確実ですが、すぐには手はずが整わないこともあるでしょう。

小さな邪気の影響の場合や、信頼できる人から具体的な対処方法を教えてもらえる場合は、あなた自身でも邪気払いをすることもできます。


冒頭でお話した通り、普段の生活から邪気の影響を受けないように過ごすことも大切です。

今回お伝えする邪気払いの方法を知っていただくとともに、心地良い状態がいかに大切かを知っていただければ幸いです。

強力な邪気祓いの方法○選

食べ物で邪気を払う

邪気は生き物ではないため、食べ物で払うことはできません。

ですが栄養価とエネルギーが高い食べ物を頂くことで、自己治癒力や免疫力を養うことはできます。

特に季節毎の旬の食べ物には、その時期に必要な栄養素があり、自然と身体のサイクルに合っています。


ジャンクフードや添加物、砂糖などは身体を冷やし、邪気の影響を受けやすくなりますので、頻度は控えめにしましょう。


また冷たい飲み物をよく飲む場合も、注意が必要です。

私たちの身体は冷えると縮こまり、前のめりになったり姿勢が悪くなったりします。

また歪んだ姿勢は単にだらしないだけでなく、陰の気が強まっていたり、清浄なエネルギー状態ではない場合があります。

身体を温め、定期的にお湯を飲むことのがおススメです。

水以外の飲料は、あくまで水分で、水に比べ吸収率が悪く、その他の栄養素や添加物が内臓に溜まってしまいます。

実は脂肪や添加物、薬、砂糖は、邪気が溜まりやすい状態を作ってしまいますので、日頃口にするものを見直すことも大切になります。


そしてお酒は、邪気払いには打ってつけです。

単なるアルコールではなく、日本酒や、神社で祈祷されたお神酒が、邪気払いに効果があります。

神棚にお供えしたお酒を飲んだり、晩酌で一杯飲むことで、払いの効果が得られます。

待受で邪気を払う

実はスマホやタブレットの待ち受け画像、PCのデスクトップの壁紙でも、邪気を遠ざけることができます。

邪気払いまでの効力はありませんが、待ち受けの画像や写真のエネルギーが軽い、または清浄である場合、あなたの意識とエネルギーに良い働きかけをします。

以下が、待ち受けにすると良い画像の例です。

  • 朝陽の写真
  • 富士山と日の出の写真
  • 青空と虹の写真
  • 参拝した時の神社の写真
  • 護摩焚きの炎の写真
  • 白い華の画像や写真
  • 神聖幾何学の画像や写真 etc


ちなみに、ネット上の画像には色んな情報やエネルギーが乗っていますので、安易にダウンロードするのは危険です。

写真のフォルダにある画像の他、ネットサーフィンした時のページや迷惑メールなども悪影響が出る場合がありますので、定期的に整理をしてくださいね。

私たちの潜在意識は、まるで ” 瞬間記憶 ” のように、その瞬間の情報をエネルギー的にも物理的にもインプットします。

美しい写真や清浄さが出る画像を見る度に、あなたのエネルギーや意識は綺麗になりますので、よく目にするものは綺麗なものを選びましょう!

鈴で邪気を払う

邪気を払う目的で作られた鈴は、「神楽鈴」や「巫女鈴」と呼ばれます。

楽器やおもちゃの鈴では、払いの効果はありません。


実際に神社や専門店で鈴を取り寄せ、普段は神棚にあげておき、払いたい時に鈴の音を鳴らすことで邪気払いが出来ます。

鈴の音は、払いと結界を張る際に用いられ、意識やエネルギー状態を一心させ、儀式が滞りなく進めるための道具。

一般の人が使っても問題はありません。

鈴を使う時のコツは、力んだり、余計な感情を込め、邪気が払われることを意図して鳴らすことです。


また邪気払いの音源や動画でも、ある程度の効果はあります。

ですが、待ち受け画像のところでもお伝えした通り、オンライン上には余計な情報やエネルギーが干渉する場合がありますので、注意が必要です。

意図せずに、発信者のエネルギーと繋がってしまう恐れがあるからです。

塩で邪気を払う

塩で邪気を払うことはできますが、時と場合によります。


昔に比べて現在する人は減りましたが、お葬式の帰りや、帰宅して玄関に入る前に、塩を肩に振りかけることがあります。

塩には清浄化や浄化の働きがあり、一時的な邪気や悪いエネルギーを切ることができます。

ですがあまりに強烈な邪気の場合、塩をひとかけしただけでは払いきれない場合もあります。

また ” 盛り塩 ” は、邪気払いというよりも、邪気を ” 吸収 ” します。

家の至る所に盛り塩をする人もいますが、定期的に取り替えない場合は、逆に不衛生にもなりますし、邪気が増幅することもあります。

お店を営んでいる場合は、お客様の出入りが激しいため、すぐに取り替えが必要になるでしょう。


そして使う塩は、再生成された塩ではなく、天然の粗塩です。

現代では、塩の原産国と加工した場所が異なっても、加工した場所しか明記されていない場合がありますのでご注意ください。

あまりに安く、信頼できない塩に邪気払いは期待できません。

アロマスプレーで邪気を払う

アロマスプレーで邪気払いは可能です。

アロマスプレーは、エッセンシャルオイルや精油とエタノールを混ぜたもので、エネルギーや空間の浄化のために使うことができます。

邪気払いに効果的で、代表的な種類のオイル・精油は以下の通りです。

  • ホワイトセージ
  • ローズマリー
  • フランキンセンス
  • ジュニパーベリー
  • サンダルウッド (白檀:びゃくだん) etc


嗅覚の刺激や情報が、五感の中で最も早く脳に伝達されます。

また邪気や病気、エネルギーが鬱滞した場所や人には、独特の臭いがあります。

神聖な場所で、高次元の存在や神様が降り立つ時、お華の香りが漂う場合がありますが、邪気の場合は逆に、不快な臭いが漂うことがあり、分かりやすいです。


目に見えない力や働きは、私たちの感覚や身体機能にダイレクトに関わることがあるので、日頃から清々しい香りを取り入れることをおススメします!

お香で邪気を払う


アロマスプレーの邪気払いと似ていますが、お香で邪気払いをすることができます。

仏教のお葬式、特にお通夜で線香を焚き続けるのは、昔はドライアイスが無く、遺体の腐乱によって出る臭いをごまかすためでした。

また肉体と魂が離れる際、身体が魂の器から物質に変わる時でもあり、魔が入りやすい状態です。

邪念や生霊が死者の身体に入り込んで生き返る、なんてことはありませんが、その場に居合わせる人の意識やエネルギーに入り込もうとする場合があります。


儀式を滞りなく進めるためにも、儀式に集う場を清浄化するためにお香は使われます。


現在ではお香の専門店があり、質と香りが良いだけでなく、空間の清浄化ができるお香は沢山売られています。

注意点としては、お香を焚く際は窓を開け、邪気が外に出るようにしてください。

せっかく邪気払い・浄化をしていても、邪気を内に留まらせておいては意味がありません。

祓詞 (はらいことば) で邪気を払う

個人でも祓詞をあげることによって、邪気払いができます。

神社でお祓いを受ける時、神主・宮司の方が呪文のような言葉を、ゆっくりと長く唱えますよね?

厳密に言うと、唱えるのではなく、” 音を発し ” ます。


日本語50音は、すべて神様の名前です。

そのことを確信し、祓詞をあげることによって、神様のお力を借りて邪気払いを行うのです。


また祝詞 (のりと) と祓詞は似ているようで、役割が違います。

祝詞は、その時々の「宣誓」や「宣言」により内容が変わり、祓詞によるお祓いの後に行われます。

神道ではお祓いに始まり、お祓いに終わり、空間や人の意識は常に清浄である必要があり、邪気が入り込む隙を与えません。


家に神棚がある場合は、神様とご先祖様にご挨拶するとともに、お祓いを定期的にすることをおススメします。

今回は祓詞の名前だけを紹介させて頂きますね。

  • 祓詞(はらいことば)
  • 大祓詞(おおはらいことば)
  • 一二三祝詞(ひふみのりと)
  • 鳥居之祓(とりいのはらい)
  • 略祓詞(りゃくはらいことば)
  • 略拝詞(りゃくはいし)

注意点として祓詞は、” 夜の21時以降から明け方まで ” の時間帯は、読まない方がよいとされています。

深夜に目に見えない力や働きを起こすことで、不必要に霊的な存在を呼び寄せる恐れがあるからです。


そして祓詞をあげる時は、鼻から息を吸い、一音一音を丁寧に発することだけに意識を向けてください。

祓いの秘訣は、思考や感情を挟まずに、淡々と行うことです。

真言で邪気払い

人によっては、神道ではなく仏教を信仰されている場合もあると思います。

その場合は真言を唱えることで、邪気払いをすることができます。

” 真言 ” とは、「真実の言葉」や「真理に繋がる言葉」を意味します。

お釈迦様は生前、真言を唱えることによって悟りは得られない、と明言したそうですが、今回のテーマは邪気払いですから、気にし過ぎる必要はありません。


こちらも真言の名前だけご紹介しますね。

  • 般若心経
  • 光明真言
  • 十三仏真言 (不動明王、釈迦如来、文殊菩薩 …etc)
  • 観音真言 (聖観音、千手観音…etc)

真言は何十種類もあり、信仰する宗派や、お祀りする仏・菩薩によって真言は異なります。

あなたが縁のある真言を見つけて、何度も唱えることで、邪気払いをすることができます。

鉱物・天然石・宝石の邪気払い

鉱物や天然石 (パワーストーン)、宝石そのものが邪気払いをすることはありません。

身につけるためのアクセサリーになる過程で、石に形やデザインと、概念が与えられることで、石は物質的な働き以外の力を持つようになります。

石自体は自然・地球の分身であり、エネルギー循環の一部です。


また鉱物は生き物の中で、最も原始的な存在で、エネルギーを純粋に吸収し続けます。

本来なら外に雨ざらしになったり、風にさらされたりすることで、自然の摂理の一旦を担います。

人によっては解釈が異なったり、拒否反応が出たり、納得できなかったりするため、意志の解釈は様々です。

  • 鉱物は、人間の影響を受けて弱ることはない
  • 鉱物には、エネルギー的な作用は無い
  • 鉱物が人間社会に対応し続けることはできない
  • 鉱物には自浄作用があるため、浄化は必要無い etc


鉱物は天然の資源ですが、霊的・エネルギー的な変化や働きが無いと思われますか?

実際のところ、有るものもありますし、無いものもあります。

商標的・ビジネス的な効果・効能は、人間の解釈や意味づけによるものがほとんどで、同じ石だからといって、すべての石が同じ効果を持つとは限りません。

それはアジア人みんなが日本人ではないように、石にも個性や、個体としての役割があるのです。


ただ、あなたが石をアクセサリーとして身につけたり、守り石として大事にすることで、物にあなたのエネルギーが乗ります。

元々鉱物にあったエネルギーに、あなたの愛着が重なることで、あなたとの繋がりが強くなるのです。

そしてあなたをエネルギー的に守るため、時に石が犠牲になることがあります。

そういった場合は、邪気払いというよりも、” 身代わり ” なのです。

火打石の邪気払い

金具と石を叩き合わせ、火花を出すことで邪気払いが出来ます。

火打石を打つこと自体が、ゲン担ぎになっている場合もあります。


祓詞のように、火打ちには神様のお力を借りて、お祓い・お清めを行います。

実際には決まった作法があり、ただ火花を出せばいいというわけではありません。

ちゃんとした道具を揃え、教えを受けた方が、邪気払いの効果は高まります。

火打石は、火の神様のお力を借り、邪気を一瞬にして払ってしまうことができますので、気になる場合はお取り寄せしてはいかがでしょうか?

おすすめは遠隔でもOK占い師

あなたがご自分だけで邪気払いをする自信が無い場合は、遠隔で邪気払いをしてくれる占い師・鑑定士・霊能者の力を借りることも考えてください。


現在は昔に比べ、霊能力やスピリチュアルな力に目覚める人が圧倒的に増えましたね!

またインターネットを介して、そうした力を持つ人にアクセスすることが非常に簡単になりました。


” 遠隔 ” という概念は、最初ピンと来ないかもしれません。

ですが私たちの思考や感情、意識、エネルギーは、時間と場所の制限を受けません。


私たちの顕在意識、つまり理性では、目に見えない相手や遠くにいる人に対して、何らかの影響を与えられない、と思い込んでいるだけです。

実際のところ、遠隔でヒーリングも邪気払いを受けることが可能で、ビフォー・アフターをハッキリと体感することができます。

もしあなたがご自分で頑張っても、邪気の影響を断ち切ることができない場合は、実績と実力、そして多くの人からの信頼を持つ専門家の力を借りましょう!

” 餅は餅屋 ” と言いますから、その道のプロにお任せして、悩んだり苦しんだりする時間を出来る限り短くすることで、安心と安全が約束されます。

大型ショッピングモールで欲しい商品を探す時、時間に追われていれば、店員さんに訪ねた方が時間ロスはありません。

あまり深刻に考えずに、目に見えない影響の悩みや、誰にも理解されないことは、専門家に打ち明け、人生を大きく変えるキッカケを掴んでいきましょう!

まとめ

今回は少しでも邪気による影響を軽くし、あなたの安心と安全を守るために、 ” 自分でもできる ” 邪気払いの方法をご紹介しました。


家や部屋でできる簡単な方法から、道具を使ったり、専門家の力を借りる方法まで色々ありますが、その時々によってできることを試してください。

何事もまずは方法を知ることから始まります。

そして実際に実践して、その効果を体感し、継続することが大切ですよ!

邪気は知らぬ間にあなたからエネルギーを奪い、あなたが誰かのエネルギーを奪うように仕向けますから、邪気はいち早く払うべきなのです。

今回の記事があなたの ” もしも ” の時のために役に立ち、あなたがその効果を実感できることをお祈りいたします。

最後に、あなたはご自分だけで頑張る必要はありませんから、困った時やどうしていいか分からない時は、是非専門家の手を借りてくださいね!

あなたが安心であることが、世界の安心に繋がりますから。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、また別の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました