【スピリチュアル】嫌いな人がいなくなる言霊とは・まつわる意味やサイン

皆様の中にも、職場やご近所、知人、家族などの中に嫌いな人はいるかもしれませんし、嫌いな人にいなくなってほしいと思ったことがある人もいるかと思われます。

嫌いな人と会うということに意識を向けてしまうと、自分の波動や運気が下がってしまうといわれています。

ですが、嫌いな人がスピリチュアル的に意味のある存在だと分かった場合、皆様の考え方も変わるかもしれません。

今回は、嫌いな人がいなくなる言霊や意味について皆様に分かりやすいように紹介していきたいと思います。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

嫌いな人のスピリチュアルな意味とは?

人は自分の鏡である

自分と出会う人の中に、一緒にいて居心地が悪かったり、気が合わないなどのネガティブな特徴があり嫌だなと感じる人がいるのは、自分自身の心を映し出しているからだというスピリチュアルな意味があります。

これは、嫌いな相手の言動の中に自分の嫌いな部分や短所などが見えてしまうことから嫌いという感情を感じるといわれるため、嫌いな人というのは自分の嫌いな部分を映し出す鏡だといわれています。

必要とされる人だから出会っている

職場の同僚だったり偶然に出会ったりなど人同士の出会い方はさまざまで、中には価値観が合わない・尊敬できない・話が合わないと感じる人たちがいても、スピリチュアルでは自分にとって必要がある人を意味しており、魂同士が引き寄せられたからだといわれています。

それは、今まで出会ってきた人たちも今後出会うことになる人たちも、全ては自分の魂を磨き自分の視野を広くするためだったり、嫌な体験を乗り越えて自分が成長するためなど、メリットを見つけなさいという天からのメッセージが込められているといわれています。

自分の嫌な部分が見えてしまう

自己主張が激しい・協調性がない・怒りっぽいなど相手のネガティブな特徴が、自分自身が感じている自分の嫌な部分を見ているようで、このネガティブな特徴を受け入れることができない傾向にあるため、相手に対して嫌いだと感じてしまうことがあります。

この場合は、無理に好きになろうとせず、この部分が嫌いだと思っていることを認めることが大切だといわれています。

逆に、嫌いな人が持つポジティブな部分は、自分でもまだ気がついていない良い部分でもありますので、自分の良さに気づかせてくれるきっかけにもなります。

相手に憧れている

嫌いな人はネガティブな特徴を持っていますが、逆に羨ましいと思える能力を持っている場合があります。この場合は、憧れの気持ちから苦手に感じてしまっているというスピリチュアルな意味があります。

本当は相手のことが好きである

人は、好きなのに自分の気持ちを受けとめてもらえなかったり、何かを達成しても認めてもらえなかったりすると拗ねてしまうこともあります。

この、自分なんてという拗ねが、相手のことが嫌いという感情に変化してしまうとスピリチュアルでは考えられています

嫌いな人がいなくなる意味やサインとは?

嫌いな人は自分の嫌いな部分を映し出す鏡ということですので、スピリチュアル的に見た場合、嫌いな人が存在しなくなるということは自分の嫌いな部分がなくなるという意味になります。

自分自身の良い部分も悪い部分も全て受け入れて自分を嫌ったりすることがなくなれば、他の人に自分の嫌いな部分を映し出す必要がなくなるため、嫌いな人がいなくなります。

嫌いな人が多いということは自分のことを嫌っていて、逆に嫌いな人が少ないというのは自分のことを受け入れることができてるといえます。

今、自分の周りには嫌いな人たちしかいないという場合は、自分の気持ちを見つめ直す時間を作ると良いとされています。

自分が人に優しく接すると相手も優しさで返してくれたり、自分がポジティブな言葉を使うと相手もポジティブになったりなど、自分が変わると周囲の人たちも変わるということは気がつきにくいことですが、実際に起きていることだといわれています。

言霊とは?

日本では、言葉には魂や霊力が宿り、強いパワーを持つといわれてきたことから、言魂と書くこともあります。

言葉は、プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーを持っています。

プラスのエネルギーになる言葉はありがとう・嬉しい・幸せなど心が暖まるような言葉で、マイナスのエネルギーになる言葉はウザい・ムカつく・大嫌いなど心がとげとげしくなるような言葉です。

綺麗な言葉には良い言霊が宿っていて、良い言霊は良いエネルギーを引き寄せるといわれているように、プラスのエネルギーになる言葉を日常的に使っていると、嬉しいことが起きたり願い事が叶いやすくなる可能性が高まります。

マイナスのエネルギーになる言葉を多く使う人は、自分だけではなく周囲の人たちも不快な気持ちにさせてしまっているため、自分の波動が下がりネガティブな出来事が起こりやすくなるといわれています。ですので、人に対してネガティブな言葉をいってしまうと、自分に返ってくるといわれています。

嫌いな人がいなくなる言霊とは?

今、自分に嫌いな人がいて、その人から離れたいと思っている場合は「○○さんが心から幸せでありますように。○○さんからの学びは終わりました。ありがとう」と、○○さんの部分に相手の名前を入れて、相手に対してネガティブな感情を感じた時に声に出して何度かいってみて下さい。

この言葉はネガティブな言葉を使わず、ポジティブな言霊だけで嫌いな相手から逃れられることができるものです。プラスのエネルギーしか動きませんので、自分の波動を下げることもありません。

ポイントは心をこめなくても良いとされ、周囲に人がいる状況であれば心の中でつぶやくだけで効果が期待できます。

嫌いな人とのスピリチュアル的な付き合い方とは?

1.嫌いな人がいても良い

嫌いな人との付き合い方は、嫌いな人がいることを認めることです。

嫌いという感情が出ている時は相手のことを素直に見つめることが難しいため、冷静になった時になぜ嫌いなのか考えてみて下さい。

嫌いである原因は全て相手が持っていると思っていたことも、実は自分の中にも似たような部分があることに気がつくと、それだけで嫌いな相手を前ほど嫌いではなくなる場合があります。

自分の考え方を変える

嫌いな人との付き合い方は、自分の考え方を変えることです。

嫌いな相手と出会ったことは自分の短所や長所など大切なことを気づかせてもらえるきっかけであり、自分を成長させるチャンスがきたと考え方を変えてみて下さい。

これからの自分に必要な能力を手に入れるためにその人に出会わせてくれたというスピリチュアル的な考えを持つと、嫌いな人もそこまで嫌ではなくなるようになります。

物理的に距離をとる

嫌いな人との付き合い方は、親子関係や夫婦でなければ物理的に距離をとることです。

感情的にならない・ビジネスライクに接する・プライベートな連絡は取らないなど必要以上に関わらないことを続けていると自然と関わりが薄くなる場合があります。

無理に相手に合わせようとして気を遣ったりすると、自分が持つプラスのエネルギーが消費され疲れてしまうといわれています。

波動の高い人との時間を持つ

嫌いな人と付き合うのではなく、自分より波動の高い人との時間を大切にしてみて下さい。

穏やかで自立している人たちと一緒の時間を過ごすことで、自分の波動が高まるといわれています。自分の波動が高まると嫌いな人との関係が薄くなり、人間関係自体が変わってきます。

自分の周りに波動が高い人がいない場合は、好きな本を読んだり音楽を聴いてリラックスするのも良いとされています。

関わる人を大切にしてみる

嫌いな人との付き合い方は、出会ったことに必ず意味やサインがあると思い大切にすることです。

人と関わることは自分自身を見つめ直す機会だったり、ステップアップのチャンスにもなりえます。相手のことを良く見て、その人を知ろうとすれば、相手との関わり方や対処法などが見えてくるといわれています。

お互いにないものを与え合っている

嫌いな人との付き合い方は、お互いにないものを与え合っていることを知ることです。

家族や仕事の同僚の中には、どのように接しても衝突してしまう相手がいるかと思われますが、そのような相手とはお互いに自分が持たない能力を交換するために出会っているといわれています。

もし、この相手との関係から逃げだせたとしても、自分が何も成長しないとまた同じようなタイプの人と出会い衝突してしまうことに繋がりますので、考え方を変えてみるのが良いとされています。

自問自答してみる

嫌いな人との付き合い方は、自問自答してみることです。

気持ちが落ち着かなくイライラしたり、嫌いだなと感じる人がいる時は、この人のどこが嫌いなのか?なぜこのような気持ちになるのか?ということを自問自答するのがスピリチュアルな世界では良いとされています。

また、嫌いな人の立場になってさまざまな角度から客観的に見ていくと、何故嫌いな気持ちが出てくるのかが分かったり、自分の価値観や大切にしたいことも見つけることができるといわれています。

嫌いな人がいなくなる待ち受け画像

1. オレンジの薔薇

オレンジの薔薇の画像は、人間関係の悩みを解消させる効果があります。

オレンジ色は浄化や対人運の上昇に効果があるといわれており、そこに願いを叶える薔薇が加わることで、嫌いな相手との縁が自然に切れていくといわれています。

2. 自然な川の流れ

自然な川の流れがわかる画像は、見ているだけで心が癒され浄化作用が働きます。

自分に必要のない悪縁が切れて、運気が上昇するともいわれています。

また、悪縁が切れた後は良縁を運んでくれますので、幸せで安心感を感じられる人間関係を築くことができます。

3. サボテン

サボテンの画像は、嫌いな人からの連絡を音信不通にさせる効果があります。

現代はさまざまなツールで簡単に連絡が取ることができますので、完全に縁を切るのは難しいと感じている人もいるかと思われますが、サボテンのトゲは自分にとって良くない人との縁を切ったり、邪気を吸収して和らげる力があるといわれています。

4. 割れたハート

割れたハートの画像は、嫌いになった相手を忘れられる効果があります。

画像の編集ができる人は、割れたハートの片方ずつに自分名前と相手の名前を入れてみるとより効果が高まります。

割れたハートの画像は、二度と会うことがない状況を作り出すことも可能なため、今後の自分の人生を安心して進んでいけます。

5. 盛塩

盛塩の画像は、嫌いな人がまとう邪気を浄化してくれる効果があります。

人から嫌われてしまう人というのは邪気をまとっていることが多いため、一緒にいると憂鬱な気分になったり、ネガティブなことを考えてしまいがちになります。

嫌いな人の邪気を浄化して穏やかにしてしまうと、自分を取り巻く環境も変わってきます。

6. 白蛇

白蛇の画像は、神様に守られているような安心感を得られる効果があります。

白蛇は神の化身として崇められて各地の神社や仏閣に祀られていたり、縁起の良い生き物として親しまれています。

神様に守られていると、ネガティブなエネルギーを発している嫌いない人を引き寄せなくなります。

また、白蛇は非常に霊力が高いといわれていますので、画像を眺めるだけで直感力が鋭くなるため、何かに迷った時にすぐに良い方向へと判断することができるようになり自信もつきます。

7. 安井金毘羅宮の縁切り縁結び碑

安井金毘羅宮の縁切り縁結び碑の画像は、悪い縁を切り良い縁を結ぶことを同時に行うことができるといわれています。

嫌いな人と縁を切ることで、自分の人生に必要な人と新しい縁を結び、今後の人生を大きく変えていくことにも繋がります。

嫌いな人から自分を守るパワーストーン

オブシディアン

オブシディアンは、魔除け効果が期待できるパワーストーンです。

周囲からの悪影響やトラブルから遠ざけ、自分自身が持つ心の不安やストレスから解放する手助けをしてくれるという役割を持ちます。

モルダバイト

モルダバイトは、高いヒーリング効果と問題解決に効果が期待できるパワーストーンです。

実際に嫌いな人を遠ざけることはできなくても、ネガティブな心を綺麗に浄化し、嫌いな人に負けない強い精神力を育む役割を持ちます。

アイオライト

アイオライトは、心身の調和をして自分らしさを取り戻す効果が期待できるパワーストーンです。

ポジティブなエネルギーを与えてくれ、嫌いな人に動じない精神的な強さを持てるといわれています。

その他

人間関係のトラブルを防いで良い方向に導くといわれるホワイトメノウ、人間関係を円満にさせるトルマリン、マイナスな出来事から身を守るといわれるスギライト、不安を取り除きネガティブな気持ちを好転させて勇気を与えるオニキスなどもあります。

人との縁を切るということは、人によってはマイナスのイメージと感じるかもしれませんが、悪縁を断ち切り新しい縁を結ぶということにも繋がりますので、お守り代わりに身につけてみてはいかがでしょうか?

鑑定士や占い師に相談がおすすめ!

今回は嫌いな人がいなくなる言霊や意味について紹介しましたが、いかがでしょうか?

嫌いな人というのは、自分を映す鏡であり、嫌いな人に出会ったこと自体が自分がステップアップする機会をもたらしてくれるありがたい存在であることが分かりました。

自分自身を高めるチャンスがきたと前向きに捉えてみて下さい。

言霊だけではなく、嫌いな人との付き合い方、身を守るための画像やパワーストーンなども紹介してみましたが、それでも頭から嫌いな人のことが離れない、自分1人ではどのように対処したら良いのか分からない場合は、スピリチュアル能力を持つ鑑定士や占い師などプロに相談するのがおすすめです。

皆様の幸せのお手伝いができれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました