チャクラとは?種類・効果整え方・開き方・チェック方法

チャクラとは、霊性の向上、心身の健康を左右する気の流れが集中する場所を指した言葉です。

ヨガや経絡の概念においても登場し、古代から非常に重要な要素としてみなされてきました。

本記事では、チャクラの基本から応用編の知識まで網羅しております。

読み終える頃には、基本概念からチャクラの元気・そうでない状態、活性化の方法、各チャクラの特徴など詳しくなっていることでしょう。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

チャクラとは

人間の身体にある、(目に見えない)気が循環しているパワーゾーン。
頭頂部からお尻まで、計7つあります。

気はエネルギーのことで、身体の各部位にあるチャクラを通ることで、全身の気の巡りを調整しているのです。

チャクラがよく使われる分野は、ヨガが代表的です。ヨガの発祥地であるインドでは、古来よりチャクラが重視されてきました。

チャクラそのものは肉眼で確認できませんが(レントゲン撮影などをしても映らない)、
その周辺に経絡の「つぼ」があったり、甲状腺や副腎といった内分泌系が位置しています。

7か所別の色・心情・宝石がある

興味深いことは、チャクラは人間の性格のように、個性やパーソナリティを持っています。しかも場所によって違うのです。

チャクラの個別の「キャラクター」付けを行っているのが、色・心情(情緒)・宝石です。
7つのチャクラに、それぞれ対応した3種類の物質的な「もの」(情緒は除く)があります。

なんとなく具合が悪い時、必ず調子が悪い(回転不良)チャクラがあります。
そのチャクラを活性化させるには、それと密接に関係している色を洋服やアクセサリーなどで取り入れてみます。

対応した色がチャクラに生気を吹き込んで、また気がめぐるようになって人も元気を取り戻せるのです。

チャクラの乱れとは・正しいチャクラの状態

チャクラが「乱れる」とは、どういうことでしょう?
日常生活でなんとなく毎日身体がだるかったり、眠りが浅かったり、気分がふさぎがちだったり。

元気を無くしていると感じている時、実はチャクラもうまく「回転できて」いません。
前述したとおり、チャクラは身体全体の気が集まるパワーゾーンです。

心身の健康は、チャクラが7つともまんべんなくよく「回転できている」ことが、密接に関係しています。
この慢性的な体調不良に関連して、チャクラが「乱れている」と言うのです。

チャクラの乱れは、その問題のほとんどがストレスに起因しています。

正しいチャクラの状態

チャクラのエネルギーバランスは、個人差があり人によってさまざまです。
7つのチャクラすべてが、その人にとって快い感覚でバランスが取れていることが理想形とされます。

それぞれのチャクラが元気に回転して、人自身の生活にも明るい変化をもたらすこと。
正しいチャクラの状態とは、その人の生活も含めてまるごと調子が整っていることです。

チャクラを整える・活性化させる・開くの違い

整える

チャクラの回転を調整し、パワーゾーンに集まってくる気の流れもあわせて良好な循環にさせることを言います。

霊視の力がある人がチャクラを見ると、対応した色に輝いて回転していれば「整っている」と判断できるようです。

活性化させる

特定のチャクラの働きが鈍り、エネルギーがよく循環しなくなった時、それに対応した器官や関節が炎症・不調を起こします。

チャクラを「活性化」させるとは、特定の不調を起こしているチャクラに対して、
アロマや簡単な運動など、日常での実践(行い)を通して「パワーを与え」ます。

開く

7つのチャクラはもともと開いています。しかし、外の世界で受けるさまざまな刺激によって、「開いた」状態であるものが「閉じて」しまうのです。

前述した「活性化」は、「開く」と同意語です。
チャクラがきちんと開いていれば、エネルギーが全身をくまなく巡り、結果的に心身の健康が保たれます。

チャクラは閉じるの?

チャクラが閉じるのは、必ずしも悪い側面だけを持っているのではありません。
外の世界で何かしらダメージを受けた時、気の窓(チャクラ)を開放したままだと、負のエネルギーが体内で滞留しやすくなるのです。

チャクラは本能的な防衛反応のように、窓を閉じることでその衝撃からあなたを守ろうとします。
取るべき防衛機制だったとはいえ、窓が閉じたチャクラは狭い空間でエネルギーを滞らせます。

窓を開けないでいると、部屋に悪い空気が溜まるように、古い気が身体中を巡って体調不良を招くのです。

チャクラを開く効果3つ

効果①

チャクラを開くことで、過去あるいは現在まで抱えてきた悩みや苦しみを解決する機会に恵まれます。

効果②

天と地、それぞれの世界から大いなるパワーを受け取ることができるようになります。
効果①において、天地のパワーがハードルを超える手助けをしてくれるのです。

効果③

チャクラの効果は場所によって異なります。後述のチャクラ解説で各効果も詳しく書いているので、ぜひご参照ください。

チャクラが開くと、明るい気分が持続したり人に対してやさしくなれます。内面的にも身体的にも、プラスな変化を期待できるのです。

チャクラが開いている人の特徴

愛の真の意味を理解している

チャクラが開くことで、愛とは何かを直観的に理解します。
ふつう愛の概念を占めているのは、「独占する愛」「見返りを求める愛」です。
この条件付きの愛から、いわゆる無償(無条件)の愛を体得するのです。

無条件の愛を体得できると、自分にも他人に対しても許容力が上がります。
他人が自分が望んでいるほどには返してくれなくても、深い母性的な心でもって受け止められるようになるのです。

人生でまっとうすべき使命について、理解している

人生の使命とは何か、自分を何をするために生まれてきたのか。
そういった一連の意識が、チャクラによって目覚めます。

今までは理性の面で「模索」してきたけれど、チャクラが開いた後は魂からわきあがってくる直観で、使命が「わかる」のです。

魂とは顕在意識の状態で交流できるようになり、ハイヤーセルフなどからの知恵を、使命を果たすために活用できるようになります。

包容力にあふれている

チャクラが閉じている間は、自分に自信がもてず他人にも心を閉ざしがちだった人が、開いた後寛容になり包容力を発揮するようになります。

他人にやさしくなるには、まず自分自身に素直でいる必要があります。
チャクラが開けば、自分自身への葛藤が癒されてありのままを愛せるようになるのです。

人望に厚い

チャクラが開いた人は、オープンマインドで人を惹きつけるオーラにあふれています。他人は、その人の前では安心して身を委ねたいと感じるのです。

まるで幼い頃に親に絶対の信頼を置いたように、その人に揺るぎない光を見出します。
全身に気が巡るようになれば、人は自然と柔らかい雰囲気を持つようになるのです。

高い自尊感情

チャクラが開いた人は、安定した自己肯定感と自尊感情を持っています。
ふつう人は自分に自信がなかなかもてず、そのことでつまずいてしまいがちです。

ですが、チャクラが開けば気の巡りがよくなり、意識・感情・思考面でバランスが取れます。
自分のすることや言うことに自信を持てるようになり、やがては周りの人々に明るい気を波及させるのです。

チャクラが開いてるか確認する方法

チャクラのリアルタイムの状態をチェックする方法は、いくつかあるので、ご自身に合った方法をお試しください。

呼吸で判別

ヨガで使う呼吸法を用います。これは「プラナヤーマ」といいます。
深呼吸しながら、体内をめぐる気の流れの動きを把握するのです。

チャクラのパワーゾーンをエネルギーが通過した時、どうもスムーズにいかない、呼吸が難しいと感じたら注意してください。

そのチャクラの場所(器官または内臓)に、何かしら問題が生じているサインです。
身体症状が考えられる場合、対応したチャクラが閉じているととらえられます。

やり方

体勢は座った状態がやりやすくておすすめです。
以下のサイトで詳しく解説されているので、ご参照ください。

ヨガの代表的な呼吸「プラーナヤーマ(調気法)」について解説! | | Dews (デュース)

チェックリストから判断

以下のサイトでは、7つのチャクラについて状態を客観的にとらえるためのチェックリストが公開されています。

7つの場所別に感情の状態・疾患などを診断していき、それぞれの解説を読むとどのチャクラが滞っているかわかるのです。

筆者が実施してみたところ、第3・第4チャクラが滞っていました。思い当たることがいろいろとあるので、とても実際的で役立つなという印象です!

チャクラの調整法!貴方の状態が分かるチェック表つき♪ | メタトロンドットコム

基本的な7つのチャクラ・場所・色

第1チャクラ(ルートチャクラ)

  • 名前「ムーラダーラ」
  • 場所:尾てい骨~生殖器の中央
  • 色:赤
  • 対応する器官・内臓:足、肛門、生殖器など

テーマが「生きること」に集約される、人生の基盤を表現したチャクラです。
別名ルートチャクラとも言い、上位のチャクラが安定した気の巡りを促す基礎を構成します。

安定している状態

第1チャクラが安定しているときは、地に足のついた心持ちでちょっとやそっとのことでは挫けません。
自己への基本的信頼感と安心感に常に支えられていて、メンタリティーと行動にパワーがみなぎっています。

不安定な状態

第1チャクラが不調なときは、思考(理性)と本能(直感)が乖離しており、考えすぎて不安になったり、逆に後先考えずに行動して壁にぶつかりやすくなります。

現実に直面するのがしんどくなり、負のスパイラルに思考・感情がのまれていきます。

第2チャクラ

  • 名前「スワーディシュターナ」
  • 場所:下腹部(おへそより数cm下にある丹田)
  • 色:オレンジ
  • 対応する器官・内臓:生殖器、腰(骨盤)、腎臓など

「感情」「性的欲求」など、突き動かす情動に関係したチャクラです。
自分を魅力的に見せるエネルギーに満ちあふれ、交際関係で強く人を惹きつけるもととなるでしょう。

安定した状態

魂からわきあがってくる「あれがしたい」「これがしたい」といった純粋な欲求に従って、驚くべきバイタリティーで実行に移します。

欲求を持つこと、叶えることに喜びを見出し、その楽し気な雰囲気で交友関係も非常に良好に保たれるのです。

不安定な状態

第2チャクラのテーマである情動を強く拒否するようになります。
欲求は何かをする源でもあるので、その源のパワーが失われてかなり無気力かつ頑固な状態になるのです。

他人とも距離を置くようになり、自分の殻に閉じこもりがちです。

第3チャクラ

  • 名前「マニプラ」
  • 場所:胃(腰からみぞおちあたり)
  • 色:黄色
  • 対応する器官・内臓:自律神経、膵臓、消化器系など

「自分を愛すること」「自己意志」を意味するチャクラです。
第1~第2チャクラを通過した気の流れを、方向性を決めて次に導く橋渡し役を担っています。

安定した状態

自分のことを全面的に信頼しているので、その言動に責任を持ちます。
セルフコントロール力にも長け、自分の意志で決めたことを実現させます。

良いところも悪いところも自分を構成するものとして受け入れ、他人の意見に左右されないです。
かといって独善的になるわけでもなく、相手の話にもしっかり耳を傾けられます。

不安定な状態

現在の自分を受け止める第3チャクラが不安定になると、「自分がなくなり」ます。
他人にそこまで追従しなかったのが、人からの評価が非常に気になるようになるのです。

第4チャクラ(ハートチャクラ)

  • 名前「アナーハタ」
  • 場所:胸の真ん中あたり(心臓)
  • 色:明るい緑色、ピンク
  • 対応する器官・内臓:心臓、胸部、循環器系など

「愛と調和」がテーマのチャクラです。心臓に位置しているように、心を表していて「ハートチャクラ」とも呼ばれています。

広い心でもって本当の自分や他者と触れ合い、愛の真実―無条件の愛にたどり着くのです。

安定した状態

自然体で、変に虚勢を張ることなく誠実な人間関係を築くことができます。
自他への思いやりや共感がよく働き、博愛精神で好き嫌いで他人を判断しなくなるのです。

不安定な状態

心を閉ざして孤立しがちになります。表面的には好意的に振舞っていても、内心では相手を信頼できず半信半疑です。
他人に正直に接することに価値を見出しません。

第5チャクラ

  • 名前「ヴィシュッダ」
  • 場所:首~のどのあたり
  • 色:空色、ライトブルー
  • 対応する器官・内臓:首、声帯、あごなど

のど=声に位置しているように、自分の考えや思いを外に(言葉にして)伝えることが関係しています。
第5チャクラのコミュニケーションは、人間との意思疎通だけでなく、内面(精神世界)でのやり取りも含まれます。

安定した状態

外面と内面のコミュニケーション、どちらもうまくいきます。話すスキルだけでなく、傾聴力にも優れ、人はあなたとの会話を心から楽しむでしょう。自分の思い・考えを、遠慮したりせずに伝えきることができます。

不安定な状態

自分の本音や本心を胸の奥にしまいがちになります。言いたいことが言えなくなるだけでなく、批判的な口調になることもあります。

常にのどに痛みを感じるのは、第5チャクラの不調のサインです。

第6チャクラ

  • 名前「アージュナー」
  • 場所:おでこ(眉間、いわゆる第3の目)
  • 色:藍色(ネイビーブルー)
  • 対応する器官・内臓:第5チャクラと共通

霊能力の開発に密接なかかわりを持つ、第3の目(松果体)にあるチャクラです。
テーマは「洞察力・思考力・直感(直観)」。

安定した状態

理性と感性のバランスが取れていて、インスピレーションを得やすくなります。
豊かな想像力でもって自分の理想の姿を描き、その理想図に基づいて自分の人生を高めるのです。

不安定な状態

未来・現在・過去に対して後ろ向きになります。
クリエイティブな感覚を持ちにくくなり、感情的に「どうせうまくいかない」と悲観してしまいやすいのです。

取り越し苦労・杞憂に悩まされやすくなり、常に漠然とした恐怖(不安)に振り回されるようになります。

第7チャクラ

  • 名前「サハスラーラ」
  • 場所:頭のてっぺん
  • 色:紫、白
  • 対応する器官・内臓:身体全体、知覚など

「静かで落ち着いた精神」「自由な心」を表すチャクラです。
位置する場所は頭のてっぺんですが、ほとんど肉体から飛び出た状態で、ほかの霊体と接する境界線にかかっています。

人生の物質的な意味や価値を超越し、自らの霊としての本質や、目に見えないエネルギーとの繋がりと関係しています。

安定した状態

ハイヤーセルフや神といった高次元の存在に、常に見守られ支えられていることが「実感をもって」わかるようになります。

人や動物といった自分以外のすべての存在と、「一つであること」を認識し、友好的になれるのです。

不安定な状態

霊的なものや非科学的なものへの理解に欠け、拒絶さえすることもあります。
逆に自らの信条や考えに固執しやすいこともあり、他人の意見に一切耳を貸さなくなりがちです。

マイナーチャクラ

今までご紹介してきた7つのチャクラ以外に、「マイナーチャクラ」と呼ばれるパワーゾーンもあります。
一般に知られているのは、300個以上です。しかし定かではなく、実際は無数のチャクラが身体中に点在しています。

代表的なパワーゾーンは、小さい範囲から大きい範囲まで以下のようになります。

  • 生殖器の上
  • つぼマッサージのつぼ
  • 両胸の上部
  • 両目の裏
  • 両耳前側
  • 両掌の真ん中部分
  • 両膝の裏
  • 胃など各臓器
  • 両足の裏

その他のチャクラ

上記で取り上げたメジャーチャクラ7個、マイナーチャクラ以外にもチャクラは存在するといわれています。

どれだけあるかははっきりした説がなく、現在のところは12・13・15・22・27・32説などが考えられているのです。

本項では、12、13、15説にのっとって第8~15チャクラを取り上げます。

第8チャクラ

  • 場所:頭の上から20~60cmほど離れたところ(身体の外)
  • 色:マゼンタ、白、銀色、グレー
  • 対応する器官・内臓:身体全体、知覚など

第7チャクラよりかなり上にのぼったところにある、非常に霊的なチャクラです。
宇宙空間との結びつきが強くなり、ブッダやキリストといった「覚者」と同じ状態に至る領域です。

安定した状態

心身のバランスが取れ、自分の夢や目標も実現がしやすくなっています。
いわゆる「バラ色の人生」というべきパーフェクトな生涯を送ることができます。

リーダーシップに恵まれ、指導者・統率者として目覚ましい活躍をするでしょう。

不安定な状態

リーダーとしての手腕が、高圧的になったり独善的になりやすい原因に転じます。

自信過剰になる反面、激しい自己嫌悪・否定に陥りそもそも人を受け入れる器を保てなくなってしまいます。

第9チャクラ

  • 名前「スーリヤチャクラ」
  • 場所:空(天)
  • 色:金色
  • 対応する器官・臓器:潜在意識

第8チャクラよりさらに天へ伸びたところにある、スピリチュアルなチャクラです。
身体からは非常に離れたところにあり、空気中、天に存在しているといえます。

人間誰にもある、心の奥の世界(潜在意識)の扉が開きます。
そこは、人類の意識(顕在意識にはのぼってこない)が一つの大きな塊となった空間です。

無意識に、民族や国境を越えてさまざまな感情や思考が、各々の精神・心理に影響を与えるのです。
また天空のチャクラなので、宇宙の記憶の保管庫にアクセスでき、地球史(人類史)を閲覧できます。

その人類史から、現代に生きる私たちにも有用な知識や知恵を享受できるのです。

第10チャクラ

  • 名前「ナヴァグラハチャクラ」
  • 場所:頭のてっぺんから130cmほど上
  • 色:銀河の色合い(夜空に輝く星々の色)

第10チャクラは、もはや地球、太陽を超えた広大な銀河世界に繋がっています。

太陽系の星系は天の川銀河に属しているのですが、その銀河に存在する惑星・恒星が放つ光(エネルギー)を直接受け取れるようになります。

地上(地球)で生きながら、意識は無数の星がきらめく宇宙にまで拡張し、雄大でゆとりのある心持ちを持てるようになります。

五感に宇宙からの刺激(感覚)が加えられ、一般的な感性とは異なる、実に「創造的な」世界観を持ちます。

第11チャクラ

  • 名前「アカーシャチャクラ」
  • 場所:頭のてっぺんから2mほど上
  • 色:ダイアモンドに等しい透明感を持ったゴールド
  • 対応する器官・臓器:脳内

第11チャクラ以降は、包括する世界が宇宙そのものになります。
人間でありながら、宇宙神と同等の精神レベルを持ち、霊的存在として完璧に成熟したものという自覚が備わるのです。

第10チャクラでは地球史を紐解くことができるようになりますが、第11チャクラが開くと、神々から直接万物創造のパワーを「共有」されるようになります。

第12チャクラ

  • 名前「スンニャターチャクラ」
  • 場所:頭のてっぺんから3mほど上
  • 色:何十色もの色彩が混ざりあっている
  • 対応する器官・臓器:脳内の松果体

第12チャクラは地球の時空を超え、物体は1つとして同じ状態ではありえない=常に変化するものという宇宙真理を体得します。
また、あらゆる霊的能力を使えるようになります。

人を含む生命体は、故郷の惑星の時間と空間にある程度の制限を受けています。
第12チャクラが開くと、物理的にもこの制限から自由になり、意識体だけで宇宙を俯瞰できるようになるのです。

第13チャクラ

  • 場所:頭のてっぺんから腕一本分の高さ
  • 色:ピンク味がかった紫色

宇宙由来の愛、善悪にとらわれない命そのものを尊び大切にする観念が身につきます。
宇宙では、地球では当たり前の二元論思考が通用しません。

宇宙における愛とは、その対象が(地球観念的に)たとえ道理を外れていたとしても、そのものの魂の根っこに共鳴し本来の純粋さを導きだします。

地球にあてはめれば、差別感情や戦争、環境破壊といった利己的感情に由来する葛藤を乗り越えることとなります。
二元論で人やものを解釈しない見方は、すべてに平等な神に通じるのです。

第14チャクラ

  • 色:暗い青味がかった紫色

あらゆる事象の根っこ(起源)と関係したチャクラです。この起源が存在する世界は、第13チャクラまで開いていると自然に認識することができます。

また、シンクロニシティについての理解が深まり、あらゆる次元で同時に物事が起こるの(進行すること)は、「論理的」にありうると理解するのです。

第15チャクラ

  • 色:柔らかい金白色

自己意識(自我)から完全に解放されます。
物質的な現実を遥かに超越し、自分も現実もそれを包括する世界の一部だ、という認識に至ります。

第1~第12チャクラが安定して回転することが確認でき、すべてのチャクラのリズムが揃ったとき、さらなる高次元へと導かれるのです。

チャクラを開く方法

チャクラを開く方法は無数に存在しており、個人の体質や霊性との相性によって効果のあるものが異なります。

また、チャクラは本来開いているものであり、何かしらの傷つき体験によって閉じてしまいます。
その閉じた状態を癒して、再び健康な状態に戻すのがチャクラを開く目的です。

チャクラが開くBGM・音楽

上記の観点で考えると、具体的に特定のチャクラを開くというより、つらい体験によって閉じたチャクラに着目し、癒すのが先決でしょう。

筆者自身も、過去の経験によって特定のチャクラ(第3・第4)がきつく閉じており、活性化する前に、サビついた鍵穴に挿すための油が必要でした。

その「油」となるものは、個人的経験からも音楽がもっとも効果的かと思います。
チャクラ(瞑想)用の音楽で意識の奥深くに降りていきます。
どんなつっかえがチャクラにあって循環を妨げているのか、原因を探ってみましょう。

以下の音源以外にも、YouTubeにはたくさんのチャクラ用音楽動画があります。
実際に聴いてみて、ご自身の感性に合ったものを見つけてみてください。

"UNBLOCK ALL 7 CHAKRAS" 8 Hour Deep Sleep Meditation: Aura Cleansing & Balancing Chakra
Aura Cleansing Sleep Meditation: 7 Chakras cleansing meditation music, sleep meditation

チャクラを開く危険性はある?

閉じているチャクラをただ開けば、霊的に向上できるかというと、決して違います。

気というのは、2種類あって、一つは私たちに生きる活力を与えてくれるもの。
もう一つは私たちから活力を奪い、元気を失わせるエネルギーです。

チャクラを開くワークをしていくと、開け放たれた窓からは、ポジティブな気もネガティブな気も入り込んできます。
本人がその点に注意しないでいると、ネガティブな気が身体に不調を招くこともあるのです。

チャクラは特定のゾーンのみに限らず、7つ(あるいはそれ以上)すべてが開いてはじめて、意味を持ちます。
適切な効果、効力を期待するなら、バランスよくすべてのチャクラにアプローチするようにしましょう。

チャクラを整える方法

瞑想

「チャクラ瞑想」というチャクラトリートメントに特化した瞑想法がおすすめです。
1つひとつのチャクラにフォーカスし、回転が滞らないよう、こちらから働きかけてスムーズな運動を促します。

他の方法としては、各パワーゾーンに対応した色名や仏教のマントラなどを声に出すものもあります。

以下の動画では、チャクラ瞑想についてわかりやすい解説がされていますので、ご参考ください。

チャクラ瞑想STEP1(フル13分) by シュミッツ千栄子

ヒーリング

「チャクラヒーリング」という、チャクラに癒しのワークを行って健康な回転を促す方法です。
ひとりで行うのではなく、たいていはセラピストやヒーラーの助けを借りてアプローチします。

ヒーリングの内容はさまざまで、ヒーラーとともに瞑想するアプローチは、特に現実的な変化が期待できるとされます。
ヒーラーのガイドに従って各チャクラに悪い気が溜まっていないか、窓が閉じていないか見ていきます。

閉じているチャクラは、多くの場合現実の悩みに直結しています。全体のチャクラを癒しながら、問題のあるチャクラにフォーカスしてきれいにします。

以下の動画では、ヒーラーがガイドを行う「誘導瞑想」というチャクラヒーリングを見ることできます。

【誘導瞑想】グラウンディング、チャクラバランスを整える誘導瞑想

パワーストーン

チャクラに対応した色から派生した、宝石(天然石)を身につけることで各チャクラを癒します。
また、石による治癒効果を高めるためには、各チャクラの性質を表すキーワードと、似た要素を持ったものを選ぶといいでしょう。

予算の許す範囲で、すべてのチャクラに関係した石を購入し携帯すると、チャクラ全体が活性化されます。

チャクラの浄化

チャクラの浄化は毎日の生活で、すきま時間に手軽にできる、セルフの癒し方法です。

浄化の方法はいろいろありますが、以下にブログまたは動画で参考になるものがありましたので、URL記載しております。

ご自身でご覧になって、好きなものから試してみてください。
大切なのは、本人の感覚です。

「これなら合うな」と思える方法が、あなたのチャクラも受け入れやすい最適の浄化の方法です。

参考ブログ・動画

以下のブログには浄化の方法について、初心者でも簡単に取り組めるやり方が紹介されています。

動画では「チューニング」と称して、チャクラを整えるヨガについて解説されています。

ブログ

「チャクラを浄化すると自然に前向きになる」幸せって意外にカンタン♪

大木ゆきの『チャクラを浄化すると自然に前向きになる』
動画
自分でできる【チャクラ・チューニング】活性化、整える、浄化、エネルギー、宇宙の法則、宇宙と一体化、クンダリーニ、覚醒、解脱 チャクラ ヒーリング 開く

チャクラの悩みを相談するなら電話占いがおすすめ

チャクラを調整、活性化する中でひとりで行っていると、壁にぶつかることもあるかもしれません。そんな時、専門のヒーラーに相談することが推奨されるでしょう。

ですが、電話占いの占い師でもチャクラに詳しい人がいます。
電話占いのメリットは、対面のヒーリングセッションに比べて、かなりお手頃な価格で気軽に相談ができることです。

以下に、おすすめのチャクラに詳しい電話占い師を挙げますので、自身のチャクラワークの悩みに応じて検討してみてください!

乃愛(のあ)先生

鑑定歴30年以上のベテラン占い師です。スピリチュアルな施術を得意としていて、彼女に鑑定を依頼するほとんどの人々が、自分の内に溜まった暗い気を浄化してもらっています。

チャクラへのアプローチももちろん可能なので、すぐにチャクラの調子を整えてほしい!という方にはおすすめです。

美愛(びあん)先生

鑑定歴20年以上。スピリチュアルリーディング、夢に関する鑑定、ダウジングなど、占星術以外の霊能力・超能力を活かした鑑定が得意です。

前世の観点から現在の問題の解決法を導きだし、チャクラヒーリングもその霊力で行ってくれるでしょう。

rara先生

依頼者の守護霊やハイヤーセルフと対話し、問題への解決策を提示してくれます。
霊媒師の家系に生まれ、チャネリングや透視といった霊的スキルを活かした鑑定が特徴です。

チャクラヒーリングについても、依頼者の波動とともに浄化、活性化を行ってくれます。

まとめ

チャクラはスピリチュアル界でも5000年の歴史があり、とても奥が深いです。

筆者が今回チャクラについて調べて驚いたのは、代表的な7チャクラ以外に、12~15個も上位チャクラがあることです。

第12チャクラより上のチャクラは、もはや現実世界から天空、銀河にまで達していてロマンを感じずにはいられませんでした。

チャクラは人の健康な心身を保つうえで欠かせない要素です。ここで取り上げたことを、ぜひ自身のチャクラ―ワークにご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました