【2021年最新】秋分の日とスピリチュアル!開運できる過ごし方を教えます

秋分の日は英語で「Autumn equinox day」といいますが、「equinox」は、昼と夜の長さが同じになるといわれる秋分の日を表すときにも使うことがあります。

エネルギー的にも陽から陰に変わるといわれる転換点でもあるこの日には、スピリチュアル的にどんな意味があるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

秋分の日とスピリチュアルの関係

秋分の日とスピリチュアルの関係には、宇宙とつながりやすくなったり、人生の転換期にあたる人もいます。

そんな秋分の日とスピリチュアルの関係について、詳しく説明していきます。

霊界の扉が開く

秋分の日とスピリチュアルの関係に、霊界の扉が開くというものがあります。ご先祖様を敬って、亡くなった人を偲ぶ日とされて制定された日である秋分の日は、霊界とよりつながりやすくなっているのを感じることもあるでしょう。

また、秋分の日は、天使たちのいる天界ともつながりやすくなっているといわれています。

秋分の日はターニングポイント

秋分の日は、スピリチュアル的にはエネルギーの流れの変わるターニングポイントです。太陽が東から登って、西に沈み、日中と夜の長さがほぼ同じになる日で、陽に向かっていたエネルギーが、陰に向かって進んでいきます。

陽のエネルギーが司るのは、活動や成長など外側へ向かっていく能動的なエネルギーなのに対して、陰のエネルギーが司っているのは、内観など、内側に向かっていくエネルギーです。

2021年の秋分の日は、9月23日(木)となります。この時期は、あなたたの魂が成長するために必要なスピリチュアルサインや、高次元からのメッセージを受け取ることが増えてくるでしょう。

【スピリチュアル】今年の秋分の日のテーマは?

2021年の秋分の日のテーマは「覚醒」現在は、その準備期間にあたり、わたしたちは社会的にも破壊と再生の起こる混乱期の中にいます。

具体的に、どういったことが起こるか、詳しく説明します。

社会的な変容

風の時代に入って、新時代を迎えるために、これまでの古くなった価値観や制度、仕組みなどが崩壊するような出来事がたくさん起こってきます。

資本主義の象徴となるようなものを手放す決断をしたり、世界的に有名で歴史の深い会社をも倒産することが起こりえます。その都度、それに台頭する新しい仕組みが誕生していきます。

この影響によって、わたしたちが親の代から集合意識として当たり前に持ち続けてきた働かなければ収入を得ることができないといった風潮も薄まっていき、働き方にも社会的に大きな変化の波の訪れに備えておくことをおすすめします。

それまで特別視されていた権利収入を得るためのビジネスなども、これとともに力を失っていくことも十分に起こりうるでしょう。

今年の秋分の日までにやっておくべきこと

2021年は、風の時代に変わったということで、大きな転換期にあります。

これまであなたが挑戦したかったこと、過去チャレンジしたけれどその時はうまくいかず諦めてしまったことなど、あなたの才能を活かして収入を得る形へと転換することが可能です。

この波に乗りたいのなら、秋分の日までに、情報を集め、自分の目で見極め、行動を起こし、チャンスを掴みましょう。

正しい情報を得るには、外側の何かに振り回されず、すべての選択を自分の意思で行い、自ら責任を持つ覚悟をもって行動を積み重ねることによって、あなたの望んでいた道へと進んでいくことができます。

また、それにともなって、これまでの人間関係を卒業する人も多くなっていくでしょう。

今までの秋分の日

2012年の冬至に地球の次元上昇が起こったといわれていますが、そこに住まうわたしたち人間の波動がそれにともなってすぐに上昇するわけではありません。

2012年の冬至から始まって、2021年の冬至という9年の歳月をかけて、宇宙はわたしたちに愛に目覚め、次元上昇するチャンスを与え続けてきました。

今回で、宇宙が強制的な後押しをしてくれるのは最後だといわれていますが、次のステージに進むためにも秋分の日から冬至までの過ごし方が重要になります。

どれだけ自分と向き合い、過去のせいにせず、自分の責任として現実と向き合うことができているか

自分に与えられた使命に従っているかで、2021年の冬至以降に訪れるものが多きく変化していくといわれています。

2018年の秋分の日

地球の波動が高まっていくのにともなって、古い価値観が勢いを増して崩壊し始めた2018年。

宇宙から降り注ぐ解放のエネルギーに、抗える人はいません。これまでの自分や環境に執着すれば執着するほど苦しく、大きな人間関係の変化が訪れた人も多かったのではないでしょうか。

2019年の秋分の日

2019年というと、元号が平成から令和に変わった変化の年です。

2019年の変化のエネルギーはとても大きく、自分の内なる声を聞くことができ、自分はこのために生まれてきたと感じる何かを見つけられた人も多いのではないでしょうか。

8月にあったライオンズゲート解放の影響を受けて、新たな段階へ進む選択をした人もいます。今までに経験したことのないことにチャレンジしたりと、あなたの人生にとって驚くほど良い変化や、新たな目標が生まれた頃です。

それをしっかりと安定させるための準備期間が2021年の秋分の日までということになります。小さな努力を何度も積み重ねていくことで、2022年以降には活躍できる未来が待っています。

2020年の秋分の日

2020年といえばコロナウィルスが世界中に流行してしまった年で、わたしたちは自分の命とあらゆる人たちの命を守るために自粛生活を強いられました。

これまでは、働き方やコミュニケーションといえば対面で行うのが主流でしたが、コロナウィルスを機に一気にオンラインへと移り変わっていきます。

土の時代に重要視されていた地位、名誉、資産などの物欲も薄まり始め、縦社会で働く必要がなくなり、個人の実力を生かして生計をたてる生き方へと変化が始まりました。

上司に従うというよりは、オンラインで繋がったコミュニティや人間関係でも、才能や個性を生かした働き方が選べるようになっていきます。

自分で考え、自分で選び、自分で決断することが求められるので、上司のいうことを聞いていれば何とかなるといった考え方では、生きづらさを感じる人も増えてきます。

ただし、まだ移行期間にあたるため、メインとなる会社員などの仕事は最低限の収入をベースとして得ることになり、空き時間を使って趣味や才能をいかして対価を得るようになっていきます。

言い換えれば、才能を使わない限り、生きづらい世の中になっていくということであり、わたしたちが使命に生きるしかないという強制執行を宇宙が与えて始めた時期でもあります。

秋分の日と浄化の関係

秋分の日には、太陽と月のエネルギーが、わたしたちの心身にダイレクトに影響を及ぼすため、浄化が起こるという特徴があります。

頭痛や発熱、喉の痛みなどの体調不良、メンタルが不安定になったり肌に症状が現れる人もいます。また、人間関係での浄化が起こることもあります。

秋分の日からは、変化を促すための破壊が起こってきます。通常は、振り返ったり、見直したりして、不具合が出ている部分を改善すればよいのですが、物や人に強い執着を持っている場合はそれを手放すための強制終了が訪れることになります。

何かに執着している人にとっては、厳しい浄化と感じることもあるかもしれません。

 また、それにともなって、生活習慣を整える必要が出ている人もいるでしょう。

【スピリチュアル】秋分の日にできる開運行動

いつもと違うことをしてみる

秋分の日は、1つだけで構わないのでいつものあなたならしないことをしてみるのがおすすめです。

いつもは絶対食べないものを食べてみたり、いつもは通らない道を通ってみたり、何も予定を入れずに気の向くままに過ごしてみることで直感に導かれることがあります。

何か新しいアイデアを思いついたり、思わぬ人に再会できたり、予期せぬ展開に恵まれるきっかけにすることができるでしょう。

ゆっくり過ごす

秋分の日は、その強烈なエネルギーのために体調を崩したりデトックスが起こる場合があります。

この日はあまり予定を詰め込まず、自然の中を歩いてみたりゆっくりお茶やコーヒーを飲んで過ごすといいでしょう。

瞑想する

秋分の日は、自分の内側と繋がりやすくなっている期間でもあります。瞑想することで自分の内側からのメッセージをキャッチして、日頃のストレスなどで溜まった雑念をニュートラルな状態にリセットすることができます。

時間のとれない場合は、夜眠る前のほんの少しの間で構いません。瞑想して、自分の内側に意識を向けることに意味があります。

深い呼吸で自分を整え、浮かんできたイメージや言葉、音、数字、感覚など、何でも構わないので受け取ってみましょう。

お墓参りに行く

秋分の日はご先祖様へ日頃の感謝を捧げ、敬意をあらわす大切な日で、お墓参りをするのに適切な日です。

お墓が遠方にあったり、忙しくてその時間をとることができない場合は、自宅の仏壇に手をあわせたり、亡くなった人へ想いを馳せるだけでも供養になります。

わたしたちがご先祖様に意識を向けることによって、ご先祖様もわたしたちの手助けをすることができるといわれています。

また、お墓参りに行った後に、運気が好転したり、運命の出会いに恵まれたという人も多くいます。

おはぎをお供えする

秋分の日にはおはぎをお供えする習慣がありますが、これは小豆の赤い色に邪気を払う力があるとされているため。

家族の健康と無病息災を祈って、おはぎをお供えした後は、感謝していただくとよいでしょう。

恋愛を進展させたい人の秋分の日の過ごし方

恋愛が進展しない原因は陽と陰のバランスが整っていないことにあるため、恋愛を進展させたいなら秋分の日は瞑想をして過ごすと良いでしょう。 

特に恋愛面では、母親から無意識に受け継いだ価値観と、父親から無意識に受け継いだ価値観が潜在意識下で葛藤を起こしている状態にあると恋愛も進展せず、自分から関係を終わらせたいと望んでしまう人もいます。

 ポジティブな感情だけで進めると、相手のおかれた立場や問題を認識することができないので、配慮にかけた言動をとってしまうことになりかねません。 

 また、どんなにあなたが恋愛に対して前向きで活力に溢れていたとしても、無理をしすぎてしまい心身のバランスを崩してしまうので、いつもタイミングが合わなくなってしまうということもあります。 

ポジティブとネガティブ、太陽と月、男性と女性、あなたの中の父親像と母親像そこにバランスのとれていることで、過去の苦い経験を無意識に避けようとして停滞してしまいトラウマから逃げ出したくなるといったことが起こらなくなっていきます。

これは、あなたがネガティブな感情にフタをすればするほど悪化していくので注意が必要です。

また、秋分の日は、これまでの関係に新たな展開が訪れたり、相手との関係がステップアップする時機でもあります。

秋分の日に眠い・体調不良のスピリチュアル意味

秋分の日は、陽から陰のエネルギーへ切り替わっていく期間のため、地球のエネルギーが変化するのにともなって強い眠気や体調不良が起こることがあります。

眠っている間に波動を整え、次のステージに進むために必要な情報を宇宙からインストールしているような状態です。

また、秋分の日から冬至までの期間は、あなたの身体にもエネルギーの変容が訪れるため強い眠気を感じることがあります。

昼寝をせずにはいられない状態が続いたとしても怠けているわけではないので、自分を責めないようにしましょう。

このエネルギーの書き換え作業は、人によって必要となる日数が異なりますが、2か月以内には落ち着いてきます。

エネルギーの書き換えが終わった後は、良いアイデアが浮かんだり、停滞していたことも前進させていくことができます。

まとめ

秋分の日のスピリチュアルについてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

秋分の日は、エネルギーの大きな転換点であり、わたしたちは強い影響を受けます。

そのとき、わたしたちがどういった状態であるかで強制執行の訪れる場合もあれば、単に振り返るだけで済む場合もあります。

秋分の日が訪れて、2022年以降にあなたがどんな人生を歩んでいるか、その一歩をいま選択することができます。

そんな大切な準備期間に必要な行動、手放すべき人間関係、卒業した方がよい場所、次の展開などに迷いがあるなら、電話占いで相談してみるのがおすすめです。

来るべき時に向けて、いまからしっかり準備しておきましょう!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました