霊聴とは?当たる霊聴占い・有名な霊聴師5選!

皆様は、霊聴という言葉ご存知ですか?また、霊聴にどのようなイメージを持ちますか?

霊聴は、霊感能力のある特殊な人にしか起こらないのではないか?と思われる傾向にありますが、周囲に誰もいないのに声が聴こえたり、頻繁に耳鳴りがしたりするなど、実際は誰にでも起こりうることだといわれています。

今回は、霊聴について、また、当たる霊聴占いもあわせて紹介していきたいと思いますので、参考になさってみて下さい。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

霊聴とは?意味

霊聴は、クレアオーディエンス(Clairaudience)ともいわれ、通常では聴こえないはずの声や音、霊や魂の声を聴きとることができる能力のことをいいます。

霊聴にはレベルがあり、生きている人の声を聴くことができる人、霊からの声や高次元の存在からのアドバイスを聴くことができたり、自然や植物からの音や音楽などが聴こえるスピリチュアル性が高い人がいるといわれています。

霊聴能力がある人は、人が話をしているような声が実際に聴こえたり、自分の頭の中で誰かが話しているような感覚を持つとされており、生まれながらの先天的な能力であることが多い傾向にありますが、まれに、大人になってから霊聴能力が開花する場合もあります。

更に、寝ているときに、夢でご先祖さまからの大切なメッセージを受け取ってるいる人もいるとされています。このときは、朝や夜中に目が覚めたときに、このようにすればうまくいくのだと閃くことが多いといわれています。

聴こえる音量としては、大きくはっきりと聴こえたり、ささやくように聴こえたり、頭の中に響くような感じで聴こえたり、隣で話しかけられているような感じだったりなど、聴こえ方も人それぞれ違うといわれています。

聴こえてくる言葉は、簡潔で分かりやすいものだったり、優しく丁寧な口調だったり、親しみのある言葉だったりと、こちらも受け取り方はさまざまだとされています。

歴史的には、古代の巫女、フランスを救うことが自分の使命であると悟ったジャンヌ・ダルク、古代ギリシャの哲学者であるソクラテスはダイモンという霊の声を聴いてきたといわれています。

また、有名な画家であるゴッホも、精神的に追い詰められてしまい、耳を切ったとされていますが、実は霊聴に悩まされ続けて耳を切ってしまったのではないか?という噂もあります。

他にも、イギリスの心霊主義専門新聞・サイキック・ニュースの編集者であるモーリス・バーバネルが霊媒となり、そのメッセージを伝えたとされるシルバーバーチという霊によると、霊と人が話しをしているときは、声が色つきの光になって見えることもあると伝えられています。

霊聴とさまざまな違い

この項目では、霊視と霊聴、霊聴と幻聴の違いについて詳しく紹介したいと思います。

霊視と霊聴の違い

霊視は、クレアボヤンス(clairvoyance)ともいわれ、実際に目に見えていないものを見る能力のことをいいます。

霊視と霊聴の違いとは、透視能力とも呼ばれ通常では目に見えないものが見える能力のことを霊視といい、通常では聴こえないはずの音が聞こえる能力のことを霊聴といいますので、見えるか聴こえるかの違いとなります。

神様、天使、霊、人のオーラやエネルギー、前世・過去世や未来、行ったことがない人の家の中や場所、裏返しにしたカードに描かれている柄や数が見えるなどは霊視に入りますが、霊視は心の目で見ることも示しているといわれています。

人は、昨夜の夕飯に何を食べたのかを思いだそうとするとき、家の鍵を玄関のどこに置いておいたのかを思い浮かべるときなど、頭の中に思い浮かぶビジョンを心の目を使って見ようとします。

また、霊視によって見える霊の見え方も人それぞれ違いがあり、現実にいるかのようにはっきりと見える人と、ぼやっと感じているように見える人がいるといわれています。

霊聴と幻聴の違い

霊聴と幻聴は、どちらも頭の中で声が聴こえるという特徴がありますが、大きな違いが3つありますので、判断の参考になさってみて下さい。

1.霊聴は聴こえる声を自分でコントロールできますが、幻聴は自分ではコントロールできないという違いがあります。
霊聴は、自分の意志で声を聴きたくないと思うことにより、声が聴こえなくなったり、頭の中に入ってこないとされています。

2.霊聴で聴こえるメッセージは、要点を押さえた分かりやすいものが多い傾向にありますが、幻聴で聴こえるメッセージは、意味不明でやたらと長く要点がはっきりしないものがほとんどだという違いがあります。
霊聴の場合は、メッセージを受け取ったら、それに対して質問をしたり回答をしたりなど、コミュニケーションができるものといわれています。

3.霊聴で聴こえる声は、何かを妨げたり誰かを傷つけたりすることはありませんが、幻聴で聴こえる声は、自傷行為や他の人に害を与える行動に結びつくこともあるという違いがあります。

霊聴を受け取りやすい人の特徴

霊聴能力を持つ人の中には、日常生活の中で無意識に霊聴能力を使っている人もいるといわれています。
もしかしたら、自分では気がついていないだけで、実は霊聴体質かもしれません。
この項目では、霊聴を受け取りやすい人の特徴を紹介したいと思いますので、あてはまる項目がありましたら参考になさってみて下さい。

音楽に縁がある

霊聴を受け取りやすい人は、音楽を聴いて感動したりすることが多く、集中したいときやアイデアを得たいときに、自分がいつも聴いている好みの音楽を聴くという特徴があります。特に、曲を聴いただけで楽器を弾くことができたり、芸術的な音楽を作る作曲家のように優れた才能がある人は、霊聴能力を持っているのではないかといわれています。

感受性が強い

霊聴を受け取りやすい人は、直感力に優れていて感受性が強いという特徴があります。ただ、感受性が強く敏感な傾向にある人は、雰囲気や言葉とは別に、その人の本音に気がつくことが自然とできてしまうため、良いことも悪いことも受け取りやすいといわれています。

聴いて学ぶことが得意である

霊聴を受け取りやすい人は、文字で読んだり映像を見たりして覚えたことは忘れがちな傾向にありますが、耳で聴いたことは忘れないという特徴があります。
霊聴体質の人は視覚・触覚・嗅覚よりも聴覚を使う方が得意な傾向にありますので、耳を使って覚えると記憶力がアップするといわれています。

周囲に誰もいないのに声が聴こえる

霊聴を受け取りやすい人は、自分の周りに誰もいないのに、人の話し声やささやき声が聴こえるという特徴があります。

ただ、霊聴は自分でコントロールできるものですので、声が聴こえるからと悩む必要はなく、声を聴きたくないときは、心の中で話をするのをやめてと指示をすれば良いとされています。

また、誰もいないのに自分の名前を呼ぶ声がする・呼ばれた気がするということもあるといわれていますが、この場合は、瞑想をして意識をクリアに感じるようにすると、メッセージや言葉を受け取れることもあります。

自分と対話を良くする

霊聴を受け取りやすい人は、普段から、独りごとが多い、頭の中で自分自身と会話をする、自分の言葉や行動に自分で突っ込みを入れることが多いという特徴があります。

霊聴体質の人は、自分の内側で自分自身と向き合うことを自然と行なう傾向にありますので、ストレスを感じたときは、自分と向き合い会話をすることで落ちつきを取り戻すといわれています。

癒し系である

霊聴を受け取りやすい人は、カウンセラー・セラピスト・占い師・看護師など他の人たちを癒す職業を選ぶ傾向にあるという特徴があります。

特に、人から、話しを聞いてもらうだけで癒されるといわれたり、自分でも言葉で人を癒すことを得意としていることを分かっている人は、霊聴能力者である可能性が高いといわれています。

霊聴とは、他の人たちが抱えている悩みや不安、ストレスを解消するために宇宙から授かった特別な能力ですので、霊聴能力者は、助けを必要としている人たちに高次元からのメッセージを伝えることができる癒しの存在だとされています。

必要な情報を耳から得る

霊聴を受け取りやすい人は、必要な情報を耳から得ることが多いという特徴があります。
テレビやラジオから必要な情報を受け取ったり、近くにいる人が自分へのメッセージやアドバイスかと思うようなことを話しているのを聴くことが多いといわれています。
霊聴体質の人は、本やインターネットなど文字から得る情報よりも、音声から生きる上での情報やヒントを得ることが多い傾向にあります。

耳鳴りや音

霊聴を受け取りやすい人は、耳鳴りを霊的に聴くことが多いという特徴があります。

高次の存在などが、繋がっていることを分かってもらうために注意をひくサインであったりする場合が多いとされていますが、あまりにも気になるようだったり、病院で診てもらっても異常がない場合には、霊聴能力者や鑑定士に相談してみるのが良いとされています。

リンやチリンというベルの音が聴こえる人もいるといわれていますが、この場合も、高次の存在などが繋がっていることの確認をしていることが多いとされています。

霊聴・霊聴占いでわかる事

この項目では、霊聴や霊聴占いから、どのようなことが分かるのかを紹介したいと思います。

人の本音がわかる

霊聴や霊聴占いでは霊能力を使って、自分だけではなかなか知ることができない、特定の相手の奥にある本音を聴き取ることができるといわれています。

好きな人がいる場合、その人が自分のことをどう思っているのか、旦那(妻)が浮気をしていないか、上司や同僚が自分のことをどう感じているのかなど、人間関係に関する悩みは霊聴で解決することができる可能性が高いとされています。

ですので、片思いや復縁などで悩んでいるときに、相手の気持ちを知る方法として霊聴占いを利用する人も多いのです。

どうするべきか行動が分かる

霊聴や霊聴占いでは、人の本音が分かった後に、今後は自分がどのように行動していけば良いのかを知ることができるといわれています。

自分が好きな人が、自分に対しても好意を持っていることを知ることができれば、相手との相性や告白するタイミングなどが分かります。

また、上司や同僚が自分のことをどう感じているのかが分かれば、トラブル回避のためのアドバイスを得ることもできます。

ガイドからの言葉が分かる

霊聴や霊聴占いでは、人生におけるガイドといわれる高次元の霊のアドバイスが明確な言葉として聴こえますので、生きていく上でどうしたら良いのか悩む必要がないといわれています。

ただ、霊聴体質の人は、あらゆるレベルの全ての霊の声を聴き取ってしまう傾向にありますので、どの霊の声を聴いたら良いのかを判断する必要があります。

霊聴の経験があまりなかったり自分の波動が低かったりすると、低級霊の声を聴いてしまい、トラブルに巻き込まれる場合もありますので、霊聴能力者や鑑定士に視てもらうのが良いとされています。

霊からの声や音などのメッセージを聴くことができる

霊聴や霊聴占いでは、霊からの声や音などでメッセージを聴くことができますので、霊聴体質ではない人たちは霊聴能力者や鑑定士を通して霊とメッセージのやり取りをする霊聴対話をすることが可能です。

駅から家までいつもと同じ時間にいつもと同じ道を歩いて帰ろうとしたけれど、今日は途中で買い物に寄ったので違う道から帰ってみたら、同じ時間にいつもの道で事件や事故が起きていたことを知ったなどは、身を守るためのメッセージを霊から無意識に受け取っていたからだといわれています。

霊聴や霊聴占いを受けることにより、自分の周囲で今後起きるかもしれないトラブルを回避することができる可能性も高くなります。

有名な霊聴能力者・鑑定士

この項目では、普通の人では聴こえない高次な存在からのメッセージや、音や心の声が聴こえてしまう有名な霊聴能力者・鑑定士を紹介したいと思いますので、参考になさってみて下さい。

神女

鑑定歴18年、口コミ13000件以上、霊感・霊視・透視・霊聴・思念伝達・守護霊対話・故人との対話などを得意とし、圧倒的信頼のある神女(カミンチュ)鑑定師は、祖母、母、叔母など、みなユタとして色々な方々を救ってきました。

幼少の頃から、予知能力のある子として身近な人たちを占い、当たるという評判から、本格的にユタとして精進する日々を送って以来、25000人以上の鑑定をしてきました。

まずは、悪い波動を、鑑定中にいい波動へ変えることが出来ます。鑑定を始める前と終わった後では、見違える程に声の覇気から違うことでしょう。優しいけれど、あいまいなところのない、きっぱりとした語り口で未来を教えてくれるという評価を多くいただいております。

一度きりの人生ですから、悩むことで時間を使われるのは、もったいないです。私におたずねいただければ、すばやく真実をお伝えしショートカットであなたの願望を達成します。私の能力をどうぞ活用なさって、一刻も早く幸せになって下さい。どんな難しい問題でも、ほとんどの場合、解決策をみつけてまいります。

https://profile.ameba.jp/ameba/purely-kaminchu/

霊聴・霊視鑑定 虹橋ひかる

霊聴、・霊視、霊感、浄化、浄霊を得意とする虹橋ひかる鑑定師は、約1200年の歴史を有する神瀧山清龍寺不動院の女性僧侶として、日々、不動明王様を初めとするご神仏様にお仕え致しております。
ある時から、不動明王様からお役目を授かり、神仏様からお言葉が降りるようになりました。特に、御縁が深いのは不動明王様でございます。
人間関係、苦しみ、心のバランス、生きる意味を見出せない方の悩み、子育て、いじめ、嫁・姑問題、恋愛、仕事、パニック障害、病気、霊障、ご先祖様のことについて悩んでいる方は一人で苦しまずに相談されてみて下さい。

https://www.hikaru-nijihashi.com/

霊聴能力者・michi

鑑定歴12年、スポーツ選手、格闘家、ヨガ講師、整体師などの身体のプロや、スピリチュアルカウンセラー、占い師など同業者の顧客も多く、経営者や芸能人などがお忍びで鑑定を受けに来ることもあるという実力派霊聴能力者michi先生は、さまざまなメディアにも出演されています。
普通の人間では聞こえない、音や心の声が聴こえてしまう類稀なる霊聴能力者MICHIは、小さい頃から霊の存在に悩まされていましたが、20代になり心霊現象への対応のため、滝行など様々な活動を通じて霊的な悩みから解放されます。
苦しい思いをしてきたこともあり、悩みを持つ人のために何かできることはないのだろうか?と考え、本格的に占い師としての活動を始めました。

https://p.dwdw.net/official/site/michi/

霊聴師 音々

京都のとなり亀岡市で霊聴師っていう仕事をしています。毎日神様から届くお言霊(お言葉)を皆さんにお届けをするのが私の仕事です。ご相談にお越し頂いた方々のお幸せを願いながら日々精進してお勤めさせて頂いています。
霊聴師・音々先生のブログは本「神様からいただく言霊のレシピ」になっています。

https://profile.ameba.jp/ameba/nekogamisann-nene/

霊聴の女占師 愛海

鑑定歴20年、SNS占い総選挙第2位、女性占い師で人気No.1の愛海(あみ)先生は、物事や悩みの根底を見抜くことに長けており、根底から矯正する鑑定手法で、望む方向へと導きます。
霊視・霊感・タロットカード(ライダー・ウエイト版トートタロット)で鑑定させて頂いてます。
カナウにてコラムを執筆中。LINEトーク占いで活動しています。

https://ameblo.jp/ami-love-sea/より一部抜粋

【無料鑑定】霊聴占いを体験するなら電話占いがおすすめ

霊聴を受け取るときは、全てを聴き入れないように注意することが重要です。

何故なら、霊聴によって得られる情報は、必ずしも良霊からとは限らず、更に必要以上に受け取ってしまうと、悪霊の影響を受けやすくなり、それをきっかけに精神疾患にかかってしまうこともあるからだとされています。

このような場合も考えられますので、まずは電話占いで霊聴能力者・鑑定士などプロの力を借りることをおすすめします。

電話占いサイトには、通常では聴こえない霊的世界の声や音を聴く能力を持ち、言葉や形になる前の想いや思考、イメージを捉えることができる鑑定士や霊聴能力者が多く在籍していますので、霊聴を体験する場合は、自分に合った鑑定士や霊聴能力者にサポートをしてもらうのがおすすめです。
ご自宅にいながら電話で相談ができますし、一部無料鑑定もありますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、霊聴の意味や、霊聴を受け取りやすい人の特徴、また、当たる霊聴占いも紹介してみましたが、いかがでしょうか?

霊聴は、クレアオーディエンス(Clairaudience)ともいわれ、通常では聴こえないはずの声や音、霊や魂の声を聴きとることができる能力のことをいいます。

似ているとされる霊聴と幻聴との違いの見分け方は、聴こえてきた言葉や音などを自分の意志でコントロールできるか、できないかということが判断材料になるということが分かりました。
霊聴には、高次の存在などからのメッセージを受け取るだけではなく、他の人の心の本音が聴こえたりする場合もあります。

また、霊聴を受け取りやすい人の特徴は、感受性が強く、音楽に縁があったり、耳から必要な情報を得たり、スピリチュアル性のある癒し系な存在であることも分かりました。

この記事では、有名な霊聴能力者・鑑定士も紹介しておりますので、皆様の幸せのお手伝いとなれば幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました