虹のスピリチュアル意味!幸運のサインで縁起が良い!最高の運気到来

虹のスピリチュアル意味!幸運のサインで縁起が良い!最高の運気到来

ふとした瞬間に虹を見ると良いことがありそう!と思いませんか?
虹にはスピリチュアルな意味や解釈があるので、あながち間違っていはいません。
今回は虹を見ることについてのスピリチュアルな解釈をご紹介していきたいと思います。

gypsee logo

執筆者GYPSEE編集部

「GYPSEE編集部」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

虹のスピリチュアル的な意味とは?

虹はとても縁起が良いもので、世界的に幸運のサインとして知られています。
そして、虹そのものには願いが叶う・希望がある・人生の転機となる・夢が実現する・明るい未来が待っているというスピリチュアル的な意味があります。
幸運をもたらしてくれるので、虹を見たら良いことがあると思っても良いですね。

でも、簡単に虹とは言っても二重になっている・縦になっていることもありますし、虹と一緒に起こる現象や見る景色もあると思います。実はそれぞれに違った解釈があるので、条件に合う意味やメッセージを参考にしてみてください。

虹を見ること・形状別のスピリチュアルな解釈

半円

虹といえば思い浮かべるのは半円になっているものが多いですよね。実際に見ることが多いのも半円のものです。
特に端から端まで綺麗な半円の虹を見た時は最上の幸運のサインだと思っても大丈夫なようです。くっきりとした綺麗な半円の虹を見たときは、願いや希望が叶う前触れでしょう。

二重になっている・二つある・ダブル

ダブルレインボーとも呼ばれる二重になった二重虹はエンジェルサインと言われています。つまり、天使からのメッセージだということですね。
伝えてきている内容は卒業と祝福です。何から卒業するのかは人それぞれですが、継続してきたこと・苦難や困難から卒業することを意味しています。
また、願いが叶う虹とも言われているので二重虹が見えている間に願い事を言うと良いようです。

円形・太陽の周り・ハロ

太陽に薄い雲がかかり、その周りに光の輪ができている状態の虹を日暈やハロと呼ばれています。天気が下り坂になるということもわかるのだそうですよ。
そして、スピリチュアル的には天からのメッセージが伝えられていることを示しています。
幸運が起こる前兆ですので、そろそろ願い事が叶う・神様に見守られているということを表しています。

短い虹

大きく綺麗な虹ではなく、ほんの少しだけ短い虹を見ることもあります。長さが短い虹だと良いことも半分になると思ってしまうかもしれませんが、短い虹でも幸運の前兆には代わりありません。
なので、短い虹を見たとしても幸運のサインだと思って過ごしましょう。

龍神様が空からメッセージを伝えている

虹が龍の化身と言われることもありますが、虹はどちらかというと龍神様からのメッセージだと言われることもあります。
龍神様は雨との関わりが強く、特に天気雨のような晴れているのになぜか雨が降ったというのは龍神様のメッセージの可能性が高いです。
そして、龍神様の虹によるメッセージが伝えていることは良い意味で転換期が起こるということなのだそうです。

虹を見るタイミング・時間とスピリチュアルな解釈

縦の虹・幻日

太陽と同じ高度の離れた位置に見える縦状の虹のことを幻日といいます。垂直の虹が意味するのは物事がスムーズに進むということを表しています。
縦のエネルギーのなかにいるということを表し、シンクロが起こりやすいので効率よく物事が進むのだそうです。
また、縦の虹が二本になって現れた場合はツインソウルのサインなのだとか。

朝の虹

まだ空気が澄んでいる早朝や夜明けに見る虹は神聖なものに感じられます。
朝に見ることができるレアな虹といえば白い虹です。気温が低い早朝かつ、深い霧に太陽光が条件に合う角度で差し込んだ場合にのみ出てくるのだそうです。
もしもこの白い虹を見ることができたら、あなたの精神の高まりや純粋さを表しています。

夕方の虹

夕日を背にしたとき、東側の空に虹が見えることがあります。これは天気が回復していることを意味しているのですが、スピリチュアル的には夕焼けは浄化や癒やしの意味があります。
なので、夕方に虹を見たということは今日一日蓄積してしまった疲れやストレスを浄化してくれているということが考えられます。

晴れた日の彩雲

太陽の周りを通る雲がシャボン玉のような虹色になる現象を彩雲と言います。
彩雲を見る条件は晴れているうえに湿度が高いことです。さらに、いわし雲や羊雲と呼ばれるような雲がなくてはいけません。
彩雲は珍しいもので縁起が良い・吉兆の前触れを意味します。悩みの転換期が訪れたり、高次元の存在が願いを応援してくれています。

お天気雨

天気雨とは晴れているのに雨が降っていることで、狐の嫁入りとも呼ばれますね。
そして、天気雨は大きな幸運が訪れる前触れです。雨には浄化という意味があり、さらに幸運の象徴でもある太陽が出ていて虹が出る前兆でもあるわけです。
なので、天気雨が起こる事自体が良い事ですし、さらに虹が出るということはとても大きな幸せや幸運が待ち受けています。

虹と一緒に見る場所・人や条件とスピリチュアルな解釈

滝の虹

大量の水が流れる滝はパワースポットとして扱われることも多い神秘の場所です。また、浄化の象徴とも言われることがあります。
そんな滝でも条件がそろうと虹が見えることがありますよね。幸運が訪れる兆候でもありますし、強いパワーももらえるのでエネルギーが不足していると感じたときに滝に虹を見に行くというのもおすすめですよ。

月の虹

虹が現れるのは大気中にある水滴に光が通過するからなのですが、主に太陽による虹が一般的ですが月光による虹も条件が揃えば現れることがあります。それを月暈といいます。ルナレインボーやムーンレインボーやムーンボーと呼ばれることもありますね。
月による虹も幸運が訪れるというサインです。リラックス効果もあると言われています。
また、ハワイではこの世で最高の祝福や先祖霊が橋を渡って祝福を与えに来るという意味もあるのだそうです。

街灯の虹

夜の街を照らすためにある街灯には虹色の光の輪が見えることがあるのだそうです。しかし、多くの方は街灯の虹の輪は見えないのだそう。
つまり街灯の虹の輪が見えるということは、不思議な力が目覚めてきている証なのかもしれません。
どのような力なのかというとオーラが見えるようになるというものです。オーラは人や物などが発するエネルギーのことで、オーラの色や状態でその人の本質や性質などがわかります。
街灯の周りに虹が見えることが当たり前すぎて気がついていない方もいます。

神社と虹

神社を参拝し、神様に願い事をしたあとに虹を見たのであれば、それはあなたの願いが叶うことを示しています。
虹は神様に見守られていること・願いを叶えるというスピリチュアルな意味がありますので、神社で虹を見るというのはとても良いことです。

天皇と虹

天皇即位の礼・即位礼正殿の儀の際に、皇居のうえに虹が出ました。諸説ありますが、天皇陛下の祝福やスピリチュアルなお力が強いことを表すなどと言われていました。
虹は幸運や祝福の印でもありますので、良い方向へ向かうという意味なのかもしれませんね。

富士山と虹

富士山と虹はどちらも縁起が良いものです。なので、富士山に虹がかかっているところを見ると運気が上昇している・目標を達成できる・願いが叶うという意味があることが考えられます。
まれに、レアな彩雲が富士山で見れることがあります。最上の幸運が訪れる前兆かもしれませんね。

部屋に虹ができる・プリズム現象

まれに部屋の壁や床などに虹ができていることがありますよね。さらにレアなのはどこから表れて光っているのかわからない虹の存在です。
これは神様が見守ってくれている・喜んでくれていることの表れなのだそうです。
また、意図的に部屋に虹を作り出すためにサンキャッチャーを取り付けるという方法もあります。サンキャッチャーにより出来た虹には癒やし効果や不安を取り除く・魔除けの効果もあるのだそうです。

虹をよく見ることがある

繰り返し虹を見るというのは願いが叶う時が近づいている・幸運がすぐそこまでやってきているということのサインだと考えられます。
もうすぐあなたの願いが叶うようになりますので、安心しても良いという神様からのメッセージでもあるかもしれません。

写真に映る虹のスピリチュアル的な意味

写真を撮影したときに、虹色の光が入り込むことがあります。フラッシュや太陽の光とする場合もありますが、不思議な光が入り込むこともあるわけです。
スピリチュアル的な意味としては、守護霊からのメッセージ・転換期が来ている・運命の分かれ道を表していることがあるそうです。
そろそろ何かしらの決断をしなくてはいけない可能性が高まってきているので、心の準備をしておくのが良いかも知れませんね。

虹のスピリチュアル的な恋愛のサイン

虹が出るというのは幸運の訪れを意味していますから、恋愛成就も近いです。
好きな人がいる・片思いしている相手がいる時に虹を何度も見るのであれば、そろそろ思いが通じ合うのかもしれません。
また、好機でもありますので告白のタイミングや良い恋愛が訪れるサインともとれます。
願いが叶うという意味もありますので、恋愛にとっても嬉しい影響を与えてくれます。

復縁の前兆・前触れ

虹を見るというのは幸運や願いが叶う前触れですので、復縁がそろそろ叶うという意味でもあります。
また、よく空を見上げられるようになったということでもあるので気持ちに余裕ができて復縁を引き寄せられてきているという考え方もあるようですよ。

虹の夢占いの意味

虹は夢に出てきても幸運の前兆という意味があります。運気がアップする・明るい未来があるという意味ですので、虹の夢を見た後は良いことが起こります。
また、美しい虹や綺麗な虹を見た場合は恋愛運がアップする、二重の虹を見た夢だと運気が二倍になるなどの意味もあるそうです。
ただし、薄れている虹を見た時は注意しましょう。運気が下がってきているという意味になります。

まとめ

虹はとても綺麗なものなので、見ることができただけでも嬉しいですよね。
さらに何度も見る・珍しいタイプの虹を見るということが重なるのは、あなたにとって良いことが起こる前触れです。
どんな虹を見たのかや虹を見る場所によっても意味は変わってくるので、できればスピリチュアルな意味合いについて詳しい占い師などに相談するのがおすすめです。
無料で相談する方法もありますので、不思議と虹を何度もみることが重なったり、レアな虹を見たりしたときは相談してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました