ツインレイのランナーとは?特徴・気持ち・苦しみ

もともとひとつの同じ魂、魂の片割れと呼ばれるツインレイ。そんなツインレイには、お互いの魂を成長させるために、離れて過ごすサイレント期間があります。

2人の関係を絶って逃げてしまった男性をランナー、そして突然ツインレイに逃げられてしまった女性をチェイサーと呼びます。突然、愛する人に背を向けて逃げたはいいけれど、潜在意識では深くチェイサーを愛しているといわれるランナー。

彼のサイレント期間には、チェイサーよりも辛い苦しみが待ち受けているといわれています。

今回はそんな、ツインレイランナーの特徴や気持ち、苦しみについてお届けします。

執筆者GYPSEE

「GYPSEE」です。占い・スピリチュアルの情報を配信しています。

GYPSEEをフォローする

ツインレイのランナーとは?

魂の片割れであるツインレイのランナー(逃げる側)の特徴は次の4つです。

・性格や価値観が真逆
・年齢が離れていて、安心感がある
・責任感がある努力家
・中性的に感じられる

ほとんどの場合は、男性がランナーとなります。出会ったときには、若くして安定した収入や立場を得ていたり、起業していることが多いでしょう。

チェイサーとの違い

もともとひとつの同じ魂が再会したというのに、どうしてツインレイに別れの期間があるのでしょうか?

それは、自分の写し鏡として存在するツインレイを見て、自分と向き合うことで魂を成長させるための時間が、お互いに必要だからです。


ランナーは、チェイサー(残された側)といると、どうしても見たくない自分を見ることから避けられないため、突然逃げていきます。

ランナーはチェイサーが嫌い?

突然、逃げてしまったランナーは、チェイサーのことが嫌いなのでしょうか?

実は、ランナーは、チェイサーに対して到底受け入れることができない価値観の持ち主だと思っているし、その愛情を重いと思っています。

ツインレイ女性がランナーになることもある

ツインレイのランナーといえば男性のイメージが強いですが、女性がランナーになることもあります。

女性だからといってチェイサー(残された側)だと誤解したままでいるとツインレイと結ばれなくなってしまいます。

ツインレイのランナーの特徴

魂の片割れであるツインレイ。そんなツインレイのランナー(逃げる側)には、どんな特徴があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

ツインレイ ランナー 冷たい

ツインレイのランナーは、極端に自分が傷つくのを恐れるため、あなたにとっての態度は、とても冷たいものになることがあります。

これは、自分自身のずっと眠っていた魂の半分が、長い眠りから覚めて愛を解放するときがきたことを本当は知っているから。

向き合わずに、突然、離れていくのは、チェイサー(残された側)を失った記憶が蘇ったり、同じことがまた起こるのを恐れています。

ツインレイ ランナー プライドが高い

ツインレイのランナーは、とてもプライドの高い一面をもっています。

自分の仕事や目標が順調ではないときは、チェイサーと向き合うことから逃げたり、自分の殻に閉じこもってしまうことも……。

チェイサーを愛する余裕があるのは、自分の現実が充実しているときだけでしょう。

ツインレイ ランナー 怒りっぽい

ツインレイのランナーは、怒りっぽく、すぐにキレることがあります。

幼い頃、母親にあまりかまってもらえなかった記憶が重なることや、あなたに愛されていないと感じることで、ランナーは怒りを溜め込むようになります。突然の怒りの爆発に、チェイサーはびっくりしてしまうでしょう。

ツインレイ ランナー 既婚者

ツインレイは、30代〜40代の魂がある程度、成長してからの時期にであうので、片方が既婚者、または両方が既婚者である場合があります。

ツインレイ ランナー 嫉妬深い

ツインレイは、お互いに出会っても出会っても結ばれなかったという過去を繰り返しています。

過去世からの繋がりを魂が記憶しているため、どうしても嫉妬深くなってしまいます。

ツインレイ ランナー 波動が高い

ツインレイは、ランナーの方が波動が高いといわれています。波動の高いランナーが、自分より波動の低いチェイサーを引き上げていくことで、大変な苦労をしています。

また、反対にチェイーサの方が波動が高い場合や、ふたりの波動が逆転することもあります。

ツインレイ ランナー 闇

ツインレイのランナーは、深いこころの闇を持っているのも特徴です。

また、そのネガティブな感情が、暗い現実を引き寄せてしまうため、マイナスのエネルギーを発しています。

悪い気である邪気や低級霊に、とり憑かれることもあります。

ツインレイ ランナー 真面目・常識的

ツインレイのランナーは、真面目で常識を重んじるタイプです。

あまりユーモアが通じません。常識から外れた行動をされるのを、極端に嫌がります。

ランナーのサイレント期間・気持ち

魂の片割れであるツインレイ。そんなツインレイの2人に待ち受けるのは突然、相手が逃げ出して「ランナー」になってしまい、残された側は「チェイサー」として、待つサイレント期間です。

以外にもチェイサーよりも突然逃げ出したランナーの方が、辛い思いをしているということですが、この期間、一体ランナーはどんな気持ちでいるのでしょうか。

ランナーは、それまでの価値観や、自分のプライドを破壊されることが怖くて逃げ出します。特に、自分がどんなに努力してもうまくいかなかったことを、簡単にやってのけるチェイサーを受け入れることが、どうしてもできないのです。

ランナーにとって、チェイサーの出現は、自分のこれまでの価値観や生活、プライドまでも破壊するもので、向き合いたくない自分の黒い本音と向き合うことになります。

それでも、チェイサーを愛していることから、突然関係を遮断しても、その思いまでは断ち切ることができず苦しむことになります。

ツインレイランナーの気持ち・ショック・後悔・葛藤

魂の片割れツインレイ。そんなツインレイのランナー(逃げる側)には、チェイサー(残された側)を愛していなかったと思い込もうと必死になります。

けれども、自分の気持ちから逃げれば逃げるほどに、葛藤が生まれます。自分で決めたことながら、戻ることもできずにショックを受けて過ごすこともあります。

こうなって初めて、チェイサー(残された側)に向き合わなかった自分に後悔を覚えます。

そうして、今まで見ないようにしていた自分の本心と向き合うようになり、チェイサーから離れたことを後悔するようになります。

ツインレイランナーの降伏!ランナーはボロボロになって帰ってくる

魂の片割れツインレイ。そんなツインレイのランナー(逃げる側)には、最終的には降参して、チェイサー(残された側)の元へとボロボロになって帰ってきます。

自分のプライドが、これまで自分を幸せにすることを邪魔していたこと、チェイサーを愛していることを受け入れ、自分にとってどれほどチェイサーが大切な人だったかを認めます。

ツインレイ ランナー 現実 の 崩壊

魂の片割れツインレイ。ツインレイから逃げたことでランナー(逃げる側)となった側には、これだけは壊したくないと強く握りしめてきた現実の崩壊が訪れます。

ランナーにとって、自分のプライドが守られ、王様でいられると思っていた場所が一瞬にして崩壊したという現実を受け入れるのに、かなりの時間がかかります。

それでも、幼少期から抱えてきたネガティブな感情、逃げる癖、価値観を変える努力をすることで、ようやくと自分の行動が間違っていたことに気づきます。

ツインレイランナー覚醒とは

魂の片割れツインレイ。ツインレイから逃げたことでランナー(逃げる側)となった側には、やがて覚醒のときが訪れます。

ランナーの覚醒とは、自分の中のチェイサー(残された側)への愛情を受け入れ認めて降伏することです。

けれども、その頃になるとチェイサーは自立しているので、ランナーを必要としていないことがほとんどで、人類愛、社会貢献などに、その愛情は向いていきます。

また、もし、ランナーが覚醒しなかった場合は、来世または、新しいパートナーとの間で同じ課題を繰り返すことになります。

まとめ

ツインレイランナーの特徴、気持ち、苦しみについてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

ランナーは、自分が過去愛されなかった記憶や、愛し合っていても引き裂かれてしまった過去世から恐怖を抱きます。

そうして、その恐怖から逃げるために、突然チェイサーから離れていきます。そうすることで訪れるサイレント期間。

この期間に、葛藤の中で、チェイサーへの愛や、自分が本当は母親から愛されていたことなどを認めて、最終的にはボロボロになって帰ってきます。

けれども、それを待っているかを、もちろんチェイサーは選ぶことができます。

ランナーを待つか、待たないか、もしあなたが迷っているのなら、占い師に相談することで、ランナーの行動から選択するのではなく、自分の気持ちを優先して、自分の進みたい道に進めるのではないでしょうか。

占い師は、そんな迷っているあなたの背中をそっと押して、勇気づける役目も持っています。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました